男性であれば何歳になっても若い彼女が欲しいと考えるものです。そのため、40代男性が年下の彼女が欲しいと考えるのは普通です。

しかし、「おじさん」と呼ばれるような男性が年下彼女を作ることは現実的に難しいです。芸能人や富裕層の男性は例外的にモテますが、普通の40〜50代男性が年下彼女を作るには戦略が必要になります。

このとき、清潔感を出して若い女性からモテる努力が必要なのは当然ですが、アプローチする女性のタイプも考えることが重要になります。そうした戦略を理解すれば、普通のおじさんでも20代の女性を作ることができます。

そこで、40〜50代の中年男性が年下彼女を作るための現実的な方法について解説していきます。

40〜50代男性に自然な出会いは存在しない

中年男性が彼女を作るとき、自然な出会いから恋愛に発展させようと考える男性が多いです。このとき、google先生に「40代 出会い」などと質問すると、習い事やイベント、バーで出会いを提案されます。

ただ正直に言って、バーや居酒屋に通ったとしても、彼女を作ることはできません。そもそも、そうした飲食店に一人で来る女性は圧倒的に少ないからです。また、女子グループで来ていたとしても声をかける勇気が必要になります。

そのため、バーや居酒屋のような場所では、女性と同じ空間に存在することはできますが、一緒にお酒を飲んで距離を縮めることは不可能だと考えましょう。

習い事を増やしても時間を浪費するだけ

また、彼女を作るために料理教室など習い事に参加する男性も多いです。たしかに、料理教室であれば自然に会話できるため、女性との接点を増やすことができます。しかし、そこから交際に至るには、3つのハードルを越えなければいけません。

まず、料理教室で出会った女性が彼氏募集中であるかを調査する必要があります。結婚準備のために料理教室に通っている彼氏持ちの女性もいるので、そうした女性にアプローチをかけてはいけません。

彼氏がいないことが分かれば、彼氏募集中かどうかを確認します。このとき、「婚活とかしていますか?」などと声をかけることになりますが、かなり仲良くなってからでなければ、気まずい質問になってしまいます。

さらに彼氏募集中であることが分かれば、アプローチを開始することになりますが、40代以上のあなたが恋愛対象となる可能性は低いです。そのため、女性が何歳までの男性と付き合えるか聞くことになります。

このようなハードルを全てクリアしなければ、女性と交際することはできません。もしアプローチに失敗した場合、別の女性を探すことになりますが、料理教室に参加する女性の人数は限られています。

そうしたアプローチを繰り返すと、「セクハラおやじ」としてレッテルを張られる可能性があるため、成功するのはさらに厳しくなります。このように考えると、40代以降の男性が自然な出会いから交際に繋げるのは難しいことが理解できるでしょう。

40〜50代でもマッチングアプリで女性と出会える

そこで、40〜50代の男性が彼女を作るとき、成功確率を高められる出会い方として、マッチング(恋活アプリ)があります。マッチングアプリを利用すれば上記の3つのハードルを全て乗り越えることができるからです。

マッチングアプリ(恋活アプリ)には恋人募集中の男女が登録しており、インターネットで出会いを増やすことができるアプリです。そのため、利用している女性は100%彼氏募集中の女性だと言えます。

なお、マッチングアプリでは気になる女性に「いいね!」を送ります。このとき、女性があなたのプロフィールを確認して「いいね!」を返すとマッチング成立となり、メッセージのやりとりができるようになります。

このように女性が「いいね!」を送るとき、あなたの顔写真や年齢を見てからマッチングするかどうかを決めます。そのため、マッチングは相手女性の恋愛対象であることを意味します。

うまくいかなかったとしても、別の女性にアプローチすればいいだけなので、マッチングアプリでの恋活は圧倒的に効率的です。ちなみに恋活アプリのPairs(ペアーズ)だと累計会員数は1,000万人を超えるため、女性が足りなくて困る心配はありません。

中年男性がマッチングアプリで年下彼女を作るコツ

ただマッチングアプリを使っている女性には様々な考えの女性がいます。例えば、婚活目的の女性もいれば、恋活目的の女性もいます。女性はマッチングアプリを完全無料で利用できるため、深く考えずに登録している女性が多いことが原因です。

そのため、相手がどのタイプの女性か見極めるスキルが必要になります。そうしなければミスマッチが起こり、告白しても振られてしまいます。そこで以下の判断基準を持って「いいね!」を送る女性を選びましょう。

女性の恋愛に対する考え方は年齢によって異なります。女性の希望に合わせて、あなたがアプローチすれば、交際に至る可能性を高めることができます。これについて、理由とともに説明していきます。

40〜50代男性は30代女性を狙うのが現実的

20代前半の女性は全世代の男性からモテます。しかし、40代以上の男性と真剣に交際したいという20代前半の女性は少ないのが現実です。

これは統計調査でも明らかにされており、ドイツのヴッパータール大学の研究によると、女性の恋愛対象は、10歳年上が限度であることが示されています。

そのため、将来的に結婚できるような本気の恋愛をしたい男性の場合、20代女性を狙うと失敗する可能性が高いです。そこで、30代の女性を狙ってアプローチするといいです。30代女性だと、40〜50代男性でも十分に恋愛対象となるからです。

このときの戦略として、共通点の多い女性を探すことがポイントになります。例えば、出身地や趣味などが同じ女性に「いいね!」を送ると、マッチングしやすいです。さらにデートでも会話がスムーズになり、距離感を縮めることができます。

なお、30代の女性は結婚に焦っている人が多いため、進展が多少早くても問題ありません。最初のデートはカフェなどで顔合わせになりますが、2回目のデートではドライブデートや自宅デートでもいいです。そうして、3回目のデートまでに告白するようにしましょう。

さすがに百発百中は難しいですが、マッチングアプリには多くの30代女性が登録しているため、何度か挑戦すれば必ず告白が成功することになります。

おじさんが女子大学生の彼女を作る方法

20代女性の場合、40代以降の男性は恋愛対象外になることが多いです。しかし、結婚を意識しない恋愛だと状況は変わります。たとえ相手が20代女性でも、付き合ってエッチできる戦略があります。

20代の女性にアプローチするとき、好奇心が旺盛な女性を狙うといいです。若い女性は人生経験が少ないため、知らないことを教えてくれる男性は魅力的に見えます。その結果、「このおじさん、楽しいから付き合ってみよう」と思ってもらえるようになります。

このとき、お金を使う方法が最も簡単な方法です。例えば初回デートで3,000円のランチ、2回目のデートで1万円のディナーを奢れば女性の目は輝きます。要は、お金で釣る作戦ですが、この方法が最も簡単であり効果的です。

マッチングアプリでは初回デート場所はカフェが基本ですが、あえて高級ホテルのラウンジを利用してもいいです。

高級ホテルとは行ってもランチタイムは安く、一人3,000円もかかりません。以下のようなケーキセットを頼んだとしても大きな出費にはなりません。

しかし、このような場所でデートしたことがある女性は少ないです。そのため、ホテルラウンジでのランチに満足してくれる可能性が高く、非常にコスパが良い戦略になります。

また、大人の優しさや包容力を発揮してもいいです。初回デートでは聞き役に徹して、悩み事を聞き、女性を褒め続けましょうましょう。若い男性にはそのような包容力を兼ね備えた人が少ないため、あなたの魅力に気づいてくれることもあります。

あるいは、知的好奇心を刺激してもいいです。例えばお酒好きな女性をバーに誘い、ワインやカクテルの知識を教えながら距離を縮めます。このとき、オーセンティックバーと言われる本格的なバーに連れていくと、大人の雰囲気を味わってもらうことができます。

ちなみに、このようなバーを検索したい場合、以下のサイトを利用すれば本格的なバーを見つけることができます。

出典:BAR-NAVI

ただし、一度も行ったことがないお店に女性を招待すると、あなたも戸惑ってしまい雰囲気が崩れます。そのため、下見をしてバーの雰囲気を理解した上で女性を誘うようにしましょう。

逆に、若い世代に合わせてはいけません。例えば、カラオケやボウリングなどのデートだと、おじさんと行くより同年代の男子と一緒の方が楽しめるからです。そのため、「大人っぽい場所」を選んで、20代男性と差別化することが重要になります。

こうしたデートを楽しんでくれる女性を見つけるとき、マッチングアプリの検索機能が便利です。マッチングアプリには年齢や居住地などの条件を入力すると、該当する女性が絞り込まれる機能が利用できます。

このとき、「性格・タイプ」という項目で「好奇心旺盛」を選択して検索すればいいです。Pairs(ペアーズ)での画面は以下のようになります。

この検索によって絞り込まれた女性に「いいね!」を送れば、40代や50代の男性でもマッチング成立しやすくなります。

恋愛経験が少ない40〜50代男性がデートを実現させる方法

40代や50代の男性でもマッチングアプリを利用すれば、女性との出会いを圧倒的に増やすことができます。とはいえ、20代男性と比べると女性からの反応が悪いことは覚悟しなければいけません。

特に、恋愛経験が少ない男性は苦戦することになります。私についても、2回目のデートで手繋ぎを提案したところ、断られてしまい、音信不通になった経験があります。この失敗から2回目のデートでボディタッチはしないことを決めました。

このように、トライ&エラーを繰り返すことで、徐々にモテる男性に近づくことができます。このとき、複数のアプリに登録して同時並行で女性にアプローチするようにしましょう。

これにより、恋愛の試行錯誤を重ねるスピードをアップさせることができ、結果的に早く彼女を作ることができます。

なお、マッチングアプリごとに登録している女性の傾向に違いがあります。例えば、Omiai(オミアイ)だと結婚を意識した女性が多い、with(ウィズ)では女子大生が多いなどです。また、Pairs(ペアーズ)は幅広い層の女性が登録しています。

そのため、以下のような組み合わせで併用するのがオススメです。

ただし、男性がマッチングアプリを利用するとき、有料会員になる必要があります。そのため、複数のマッチングアプリに登録すると、利用料金が大きくなってしまうデメリットになります。

マッチングアプリの有料料金は3ヶ月プランや6ヶ月プランなどがありますが、コスパの良いプランと悪いプランはマッチングアプリごとに異なるので気をつけましょう。このとき、以下のプランを選んで有料会員になれば間違うことはありません。

マッチングアプリ コスパの良いプラン
Pairs(ペアーズ) 12ヶ月プラン
Omiai(オミアイ) 6ヶ月プラン
with(ウィズ) 3ヶ月プラン

例えば、Pairs(ペアーズ)とOmiai(オミアイ)を併用する場合、Pairs(ペアーズ)では12ヶ月プランで契約し、Omiai(オミアイ)では6ヶ月プランで契約します。そうすれば、無駄な出費を抑えながら恋活することができます。

ワンナイトやお持ち帰りを狙ってはいけない

恋愛経験ゼロの男性の場合、どのタイミングで告白すべきか、エッチに誘うべきかなどわからないことが多いはずです。しかし、正解は女性によって異なり、恋愛マニュアル本にも書いてありません。

通常、このようなことは実践経験を重ねて、なんとなく理解していきます。そのため、失敗を恐れず様々な女性にアプローチすればいいです。

こうした試行錯誤をできることもマッチングアプリのメリットになります。会社の後輩など身近な女性に下手なアプローチを繰り返すと、「変態」「セクハラ」など悪い噂が広がってしまいますが、マッチングアプリではそうした噂は広がらないからです。

ただし、マッチングアプリの女性に対して、ワンナイトや初対面でのお持ち帰りを期待してはいけません。マッチングアプリの女性は警戒心が強い人が多く、告白は3回目のデート以降、エッチは付き合ってからにしなければいけません。

  • 告白は3回目のデート以降
  • エッチは付き合ってから

これに気をつけながら女性にアプローチを続ければ、失敗を減らすことができます。

まとめ

40、50代の男性が彼女を作るとき、自然な出会いから交際に至るケースは非常に少ないです。例えば、料理教室や社会人サークルに参加しても彼女候補となりうる女性と出会うことは難しいです。

しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ)を利用すれば、彼氏募集中の女性と簡単に出会うことができます。ただ、アプローチする女性のタイプを見極めてから「いいね!」を送る必要があります。

あなたが結婚を意識した彼女探しをするなら、30代以降の女性を狙いましょう。できるだけ共通点が多く、会話ネタが豊富な女性にアプローチすると成功しやすいです。

結婚を意識しないなら20代女性を狙ってもいいです。このとき、女性の好奇心を満たすようなデートを提案すれば若い女性と付き合うことができます。なお、マッチングアプリの検索機能を使えば、好奇心旺盛な女性を発見できます。

以上のように、40代以降の中年男性が彼女を作るにはマッチングアプリを活用が近道となります。

マッチングアプリを使えばすぐに彼女を作れる

彼女を作るとき、女性との出会いを増やすことが最初のステップになります。しかし、合コンに参加したとしても2〜3人へのアプローチで終わってしまうため、モテない男性の場合は1回の合コンで彼女を作れる可能性は低いです。

一方で、恋活アプリ(マッチングアプリ)を利用すれば、同時並行で複数の女性にアプローチできるだけでなく、自分の好みの女性を絞り込んでデートに誘うことができるため効率的です。

また恋活アプリでの彼女探しなら、職場や学校でバレるリスクはほとんどありません。そのため、こっそりと彼女探しをしたい男性にとって必須のアプリとなります。

ただ、恋活アプリによって「会員数が多い」「20代前半の女性が多い」「バツイチでもOK」など特徴が異なります。また、ブサメンなど彼女作りにハンデを背負った男性の場合は、より効率的に出会いを増やすために、複数の恋活アプリを同時に利用する必要があります。

以下のページで恋活アプリ(マッチングアプリ)の特徴を解説しているため、それぞれの特徴を理解した上で利用する恋活アプリを決めれば、圧倒的に彼女を作りやすくなります。