ハーフの彼女が欲しいと考える日本人男性は多いです。たしかに、外国人のような容姿と日本的な内面を持った女性は魅力的です。

しかし、「ハーフの彼女を作る」という夢を実現できる男性はほとんどいません。この原因として、ハーフ女性の内面を理解できていないことが挙げられます。

ハーフ女性と付き合いたいなら、ハーフ女子が抱えるコンプレックスや悩みを知る必要があります。そうしなければ、無意識にハーフ女子を傷つけてしまい、嫌われてしまいます。

そこで、ハーフ女子のことを理解し、どのようにアプローチすれば交際に発展できるか説明して行きます。

ハーフの割合は50人に1人、マイノリティの悩みは深い

ハーフ女子との出会い方やアプローチ方法を説明する前に、ハーフ女子について理解することからスタートしなければいけません。まず、ハーフがどれくらいの割合で存在するかご存知でしょうか。

2017年の人口動態調査によると、両親のどちらかが外国人である新生児の割合は約2%であるという結果が出ています。そのため、ハーフ女子は50人に1人の割合で存在することになります。

こうしたマイノリティに属する人は、日本では息苦しさを感じることになります。例えば、小・中学校では外見が他人と異なるとイジメの対象になってしまうことが多いです。

実際にカナダと日本のハーフだった女子生徒がイジメに遭い、自殺に追いやられてしまった事件も発生しています。

出典:PRESIDENT Online 「ハーフ」の女子生徒を自殺に追い詰めたイジメ

また、学校だけでなく就職活動でもハーフであることが差別の対象になることがあります。そのため、ハーフであることに対してコンプレックスを抱える人が多いことを理解しましょう。

ただ、例外的に海外生活が長い場合、差別を受けずオープンな性格で成長する人もいます。しかし、そのような女性は海外の男性とカップルになることが多いため、日本人男性には現実的ではありません。

そのため、日本人男性が狙うべきは、日本で長年生活しているハーフ女子です。ただし、そうしたハーフ女子にはコンプレックスや悩みがあること忘れてはいけません。

ハーフであることをアピールする女性は少ない

たとえ美人であっても、幼少期にハーフであることで悩みを抱える女性は多いです。そうした外見上のコンプレックスを抱える女性の心理として「目立ちたくない」と考える傾向が強くなります。

その結果、おとなしい性格で、人見知りなハーフ女性が多くなります。そのため、自分がハーフであることをアピールしない女性が多いです。

ハーフは50人に1人という割合であることに加えて、自分からアピールするハーフが少ないことを考えると、ハーフ女性と出会える可能性はかなり低いことを理解しなければいけません。

ただ、そうした女性でも年齢を重ねると、「彼氏を作りたい」と考えるようになります。このような心理に至った女性は頑張って出会いを増やし、彼氏を作ることになります。

このとき、引っ込み思案なハーフ女子は合コンや街コンに参加することは少ないです。自分だけ目立ってしまうのを避けるため、一人でこっそりと恋活を始めることを考えます。このとき利用するのがマッチングアプリ(恋活アプリ)になります。

そのため、ハーフ女子と付き合いたい男性は、マッチングアプリでの彼女探しを検討するといいです。

マッチングアプリを利用するハーフ女子は多い

マッチングアプリ(恋活アプリ)はインターネットで出会いを増やせるツールであり、女性の場合は無料で使うことができます。

インターネットでの出会いに抵抗を感じる女性は多いですが、「安心・安全」をプロモーションすることで女性からの支持を集めることに成功したマッチングアプリは多いです。

例えば、恋活アプリのPairs(ペアーズ)では以下のような広告で安全せいをアピールしていることが分かります。

また、20代に人気のファッション雑誌でもマッチングアプリの特集が組まれるなどの効果もあり、多くの女性が利用するようになりました。

出典:JJ

こうした流れがあるため、人見知りなハーフ女子もマッチングアプリを利用している人が多いです。

そのため、ハーフの彼女が欲しい男性はマッチングアプリを使ってハーフ女子との出会いを作ることが近道であると言えます。

マッチングアプリでハーフ女子を見つけるのは難しい?

しかし前述のように、自分がハーフであることをアピールする女性は少ないです。そのため、マッチングアプリ初心者の男性がハーフの女性を探すとき、苦労することになります。

例えば、コミュニティ機能でで「ハーフ」と検索しても登録人数の少ないコミュニティしか表示されません。これは、ハーフ関係のコミュニティに登録したいと考えるハーフ女子が少ないことが原因です。

ちなみに、マッチングアプリのコミュニティ機能とは、共通点のある女性を探したいときに使うツールになります。例えば、漫画の「ワンピース」が好きな女性を探したいとき、以下のように「ワンピース」と検索すると複数のコミュニティがヒットします。

そのうちの1つで「ワンピース大好き」というコミュニティを確認してみましょう。ここには女性が14,677人も登録していることが分かります。

このように、ワンピースが好きな女性はコミュニティに登録して趣味を共有しているケースが多いです。そのため、ワンピース好きの女子を見つけるのはかなり簡単であることが分かります。

ハーフ女子を見つけるとき、コミュニティ昨日は役立ちません。しかし、コツを掴めばマッチングアプリを利用しているハーフ女子を簡単に見つけられるようになります。その方法について説明していきます。

言語や出身地を検索してハーフ女子と出会う

マッチングアプリのコミュニティ機能ではハーフ女子を見つけることは難しいです。そうしたとき、「話せる言語」「出身地」を使って絞り込むといいです。

Pairs(ペアーズ)では女性を検索するとき、様々な条件で絞り込むことができます。このとき、「話せる言語」として、日本語と英語を選択しましょう。そうすれば、ハーフ女子を見つけられる可能性が高くなります。

ハーフ女子の多くは、自分がハーフであることをアピールしませんが、バイリンガルであることをアピールする人は多いです。複数の言語が使えることはコンプレックスに感じないからです。

そうした心理を逆手に取れば、マッチングアプリを利用しているハーフ女子を見つけやすくなります。また、フランスと日本のハーフ女子に興味がある場合、「話せる言語」として、日本語とフランス語で検索すればいいです。

また、Pairs(ペアーズ)では女性の出身地を絞り込むこともできます。このとき「千葉県」「京都府」など日本の都道府県だけでなく、「アメリカ」「オーストラリア」など海外でも調べることができます。

出身地が海外の女性だけを絞り込めば、表示される女性にハーフ女子がいる確率は高くなります。

ただし、ハーフといっても日本語しか話せず、日本生まれという人もいます。そうした女性がハーフであることを隠している場合、見抜く方法はプロフィール写真以外にありません。

マッチングアプリでは女性のプロフィール写真をスクロールして、次々に確認することができます。実際には以下のようにスマホに表示されます。

このとき、肌や目、髪色などから判断してハーフっぽいと思った女性に「いいね!」を送ります。そうすれば、ハーフ女子との出会いを増やすことができます。

学校や職場でハーフ女子と出会える確率はハーフ女子については2%(50人に1人ですが、ここで説明した方法を利用すれば、その確率は確実に高くなります。

ハーフ女子と出会うだけでは付き合えない!

恋活アプリでハーフ女子とマッチングしたら、すぐに交際がスタートするわけではありません。女性もあなたのことを好きになり、両想いになった段階で告白することが必要です。

マッチング成立した段階で、あなたのプロフィール内容(容姿、居住地、年齢など)は合格ラインに達していますが、それで交際に至るには早すぎます。メールや会話によりフィーリングを確かめるプロセスが必要です。

そのための流れとして、マッチングアプリのメッセージで距離を縮めてデートに誘います。初対面で会話をしてみて、フィーリングが合えば2回目のデートにつながります。そうしてデートを繰り返してから交際することになります。

ここでハーフ女子と会話するとき、気をつけなければいけないポイントがあるため説明します。以下のことができない男性は嫌われてしまうため注意が必要です。

ハーフ女子に聞いてはいけない質問

外見的な特徴がある人は、同じ質問を受けることが多いです。例えば、高身長な男性であれば「身長は何センチ?」と何百回と聞かれてウンザリすることがあります。

これと同じように、ハーフ女性も同じ質問をされて面倒くさくなります。例えば、「ハーフですか?」という質問は聞かれた瞬間に「また同じことを聞かれた」と思ってしまいます。

さらに悪い質問として、あまり答えたくない質問を受けることもあります。そうした質問をすると「デリカシーのない男性」だと思われ、恋愛に発展させることが難しくなります。

このような失敗を防ぐために、ハーフ女性にNGとなってしまう質問として以下3つのパターンを紹介します。

まず、「ハーフなのに〇〇じゃないの?」という質問はハーフ女子を傷つける大きな原因となります。例えば、「ハーフなのに英語できないの?」「ハーフなのに黒髪なの?」などの質問になります。

こうした質問はネガティブな意味しか含まれないため、彼女候補の女性に聞くべきではありません。聞いたところでメリットはゼロだからです。

なお、女性から自虐的に「わたし、こう見えて英語できないんだよね」などとカミングアウトされることもあります。そうしたとき、「英語難しいよね」など、優しく受け止めることで好感度がアップします。逆に、「お父さんから習わなかったの?」だと最悪です。

次にハーフ女子を傷つける会話として、女性の両親について質問してしまうことが挙げられます。例えば「お父さん、お母さん、どちらが外国人?」「両親の馴れ初めは?」などと聞く人はかなり多いです。

しかし、ハーフ女子にとっては面倒な質問であり、疲れてしまいます。また、両親が離婚しているようなパターンだと非常に気まずい空気になってまうためNG質問になります。

なお、女性のプライベートに踏み込んだ質問も控えるべきです。例えば「国籍は日本?それとも韓国?」「日本人と外人だとどっちがタイプ?」などになります。あなたは好奇心から質問したくなるかもしれませんが、女性にとっては非常にシビアな問題になります。

ちなみに、マッチングアプリを利用しているハーフ女子であれば日本人が好みであるため、聞く必要は無くなります。

このような配慮をするだけでも、ハーフ女子からの印象は確実に良くなります。ハーフ女子はコンプレックスに悩まされていることが多く、そうした些細な会話の配慮に気づいてくれるからです。

上記のようなNG質問を避けた上で、どのような会話ネタを用意すればいいのでしょう。それは、日本人女性と話すときと同じように、「共通の趣味」「最近の面白いエピソード」などが最適です。

カフェでの注文や会計を男性がするとモテる理由

ハーフ女子を喜ばせるコツとして、カフェでの注文や会計を男性がすることが重要です。ハーフは外見で判断されやすく、カフェなどでは自動的に英語メニューが提示されたり、英語で話しかけられたりするのが日常茶飯事です。

ハーフ女子であれば、そうした面倒なケースには慣れています。しかし、面倒な思いをしないよう気遣ってくれる男性がそばにいると、キュンとくることがあります。

そのため、カフェで注文するときは、女性の注文を確認してから店員さんを呼び、あなたがまとめて伝えるようにしましょう。

また、お互いに相性が良く、デートを繰り返すような関係になったとき、女性に好意を伝える必要があります。意図的に脈ありであることを女性に気づかせることによって、お互いに意識するようになるからです。

ここでもカフェの注文を思い出しましょう。ハーフ女子は外見によって判断されることが多く、それに対してストレスを感じています。そのため、女性に好意を伝えるとき、外見ではなく内面に対する好意を伝えなければいけません。

例えば、「今日もかわいいね」ではなく、「今日もおしゃべり楽しかった!」と伝えるようにしましょう。そうすれば、ハーフ女子の心をつかむことができます。

あなたからの脈ありサインを送り、相手が拒絶しなかった場合、告白を考えていいです。ただし、初対面での告白は早すぎるので、デートを3回以上繰り返してからの方が無難です。

ここまで説明したことに気をつけて、ハーフ女子と距離を縮めることができれば、ハーフの彼女を作ることができます。

まとめ

日本在住のハーフ女子は50人に1人と少ないです。そのため、学校や職場のように自然な出会いからハーフ女子と交際に至るのは非常に難しいです。そこで、効率的にハーフ女子と出会う方法としてマッチングアプリの利用があります。

Pairs(ペアーズ)などのマッチングアプリでは検索機能が充実しているため、簡単にハーフ女子を発見することができます。ただし、マッチングアプリでハーフ女子と出会うだけでは両想いになることはできません。

ハーフ女子のことを理解し、あなたのことを気に入ってもらう必要があります。そこで注意すべきポイントはハーフ関係の質問を控えることです。さらに、外見ではなく、内面を褒めることも重要です。そうしたことに注意して距離を縮め、デートを繰り返しましょう。

見た目は外国人でも、内面は日本人であるハーフ女子が多いです。そのため、日本人女性と付き合うときと同じように、デートを3回ほど繰り返してから告白しましょう。そうすれば、ハーフ女子の彼女を作ることができます。

マッチングアプリを使えばすぐに彼女を作れる

彼女を作るとき、女性との出会いを増やすことが最初のステップになります。しかし、合コンに参加したとしても2〜3人へのアプローチで終わってしまうため、モテない男性の場合は1回の合コンで彼女を作れる可能性は低いです。

一方で、恋活アプリ(マッチングアプリ)を利用すれば、同時並行で複数の女性にアプローチできるだけでなく、自分の好みの女性を絞り込んでデートに誘うことができるため効率的です。

また恋活アプリでの彼女探しなら、職場や学校でバレるリスクはほとんどありません。そのため、こっそりと彼女探しをしたい男性にとって必須のアプリとなります。

ただ、恋活アプリによって「会員数が多い」「20代前半の女性が多い」「バツイチでもOK」など特徴が異なります。また、ブサメンなど彼女作りにハンデを背負った男性の場合は、より効率的に出会いを増やすために、複数の恋活アプリを同時に利用する必要があります。

以下のページで恋活アプリ(マッチングアプリ)の特徴を解説しているため、それぞれの特徴を理解した上で利用する恋活アプリを決めれば、圧倒的に彼女を作りやすくなります。