思考を変えることで行動が変わる、結果的に欲しい物が手に入るという考え方があります。これを「引き寄せの法則」といい、欲しいものをイメージすれば、勝手にあなたの所に引き寄せられてきます。

「引き寄せの法則」を応用すると、モテない男性でも彼女を作ることができます。しかし、スピリチュアルに興味のない男性は、イメージするだけで本当に彼女ができるのかと疑問に思うかもしれません。

そこで、引き寄せの法則をベースにしながら、現実的に彼女を作る方法について解説して行きます。

引き寄せの法則を恋愛に応用するやり方

引き寄せの法則に関する書籍の中でも、「ザ・シークレット」という本が有名であり、全世界で2,800万部が発行されている名著になります。

この本では「思考は実現化する」というキーワードが何度も出てきます。私自身、本を読んで、身の回りに起こることは思考の結果だということを再認識することができました。これを図示すると以下のようになります。

そのため、思考を変えれば、行動が変化し、結果が変わってくるということになります。例えば、いつも仕事のことを考えている人は、身の回りの広告や雑誌からヒントを得て、自分の仕事に生かすことができます。

これと同じように、彼女を作りたい男性は、常に彼女を作る方法について考える必要があります。しかし、「彼女が欲しい!」と強くイメージするだけでは彼女を作ることはできません。思考を変えるには正しいやり方が存在するのです。

その方法には以下の3ステップがあります。

第一段階:お願いする

第二段階:信じる

第三段階:受け取る

「思考は実現する」を読んだ経験のない人にとって、具体的にどのようにお願いし、信じて、受け取れば良いかイメージすることは難しいです。そこで、段階に分けて彼女を作る方法を説明して行きます。

「彼女が欲しい」という潜在意識では彼女はできない

引き寄せの法則を実践するには、お願いをすることから始まります。「お願い」と聞くとイメージが難しいですが、潜在意識を「非モテ→モテ男」に変えることだと考えるといいです。

具体的には「彼女が欲しい」と考えている男性の潜在意識では「今、自分は彼女がいない」ということを無意識に考えていることになります。

こうしたネガティブ思考を続けると、行動がネガティブになり、最終的な結果もネガティブなものになります。

そこで、潜在意識をポジティブなものに変える必要があります。例えば、自分は「女性からモテる人間だ」ということをイメージすることが大切になります。

このようにポジティブ思考を最初に作ることで、引き寄せの法則は働き始めます。そこで、彼女がいない男性は上記のような思考回路に完全に切り替えることを意識しましょう。

部屋を掃除して、いい恋・恋愛運を引き寄せる

はっきりとした願い(潜在意識)が定まれば、それを信じるステップに移行します。この「信じる」についてもニュアンスが難しいので、具体例で説明します。

例えば、Amazonでパソコンを注文したときのことを考えましょう。このとき、「本当にパソコンが届くかな」と疑う人はいません。古いパソコンでバックアップを取り、新しいパソコンを設置する場所を考えるのが普通です。

引き寄せの法則では、このような状態が信じている状態になります。そこで、女性からモテる人間であることを確信した行動を取るといいです。

例えば、いつでも女性を部屋に招待できるように、部屋をキレイに掃除します。また車についても、いつでも助手席に彼女を乗せられるように、片付けておく必要があります。

このような思考・行動を続けることで、将来の彼女があなたのところに勝手に引き寄せられるのです。一方で「自分はどうせモテない」とネガティブな思考を信じ続けると、引き寄せの効果は期待できません。

その結果、女性とコミュニケーションを取る時間を減らし、自分の世界に閉じこもるようになります。例えば、パチンコで時間を潰したり、ゲームやYouTubeを一人で楽しんだりします。

このように、「自分はモテる」ということを信じられるかどうかで、結果が大きく変わってきます。

引き寄せの方法がうまくいけば、願いが叶う瞬間が訪れます。これが第3ステップの「受け取る」になります。要するに、必然的に彼女ができるのです。

焦りや不安を伴う行動は間違っている

なお、「自分はモテる」と信じて行動するとき、女性をナンパすることを考える男性がいます。ナンパをしたいと本気で思っているのであれば、全く問題ありません。しかし、恥ずかしさや苦痛を感じている場合は行動が間違っています。

既に説明したように、女性を家に招くために部屋を掃除している場面をイメージしましょう。このとき、焦りや不安といった感情はありません。むしろ、ワクワクした気持ちで部屋を片付けているはずです。

このように、ワクワクした気持ちになるような行動を選択すると、引き寄せの法則に当てはまるのです。

実際のところ、本当にモテる男性全員が、ナンパをする訳ではありません。モテる男性は自分がモテる場所を理解しています。

例えば、リーダーシップのある男性であれば、サークルやスポーツチームに加入して、自然なアピールをします。また、口下手な男性であれば、マッチングアプリ(恋活アプリ)を使ってメッセージから徐々に女性と仲良くなることを考えます。

このように、モテる男性は勝算のある行動を選択しているため、不安や焦りを感じることはないのです。これからの行動に対して不安を感じた場合、その行動は間違っていると意識しましょう。

マッチングアプリ(恋活アプリ)で彼女を引き寄せがか叶った恋愛体験談

「苦痛なく恋活できる方法」がピンときた人は、それを実践しましょう。しかし、どうすれば女性との出会いを増やせるか見当がつかないという男性もいるでしょう。そうしたとき、とりあえずマッチングアプリ(恋活アプリ)から始めるのが正しい方法になります。

なぜなら、モテる男性であるほどマッチングアプリを利用して彼女を作っているからです。逆に、モテない男性は身近な女性に突然告白して、振られてしまいます。ちなみに、私自身も学生時代は後者でした。

彼氏がいることも知らない女性に片思いして、LINEで告白したところ、あっさりと振られてしまいました。以下は当時のやりとりになります。

このような方法を繰り返しても、彼女を作ることはできません。そこで、彼女持ちの友人に馴れ初めを聞いたところ、マッチングアプリで出会ったことを知りました。

当時は「うらやましい」「ずるい」といったマイナスの感情にあふれており、「やはり自分はモテない」と諦めていました。

しかし、社会人になってから思考を変え、モテる男性としての思考や行動を実践することにしました。このとき始めたのがマッチングアプリでした。

これが引き寄せの法則的には正しい行動となったのです。自己流の方法を実践するのではなく、モテる男性と同じ行動をとるようにしました。今から考えると、コミュ障な私にはマッチングアプリが適していたのです。

マッチングアプリではイケメンでなくてもモテる理由

私がマッチングアプリを始めるきっかけとなった、大学時代の友人はイケメンではありませんでした。しかし、マッチングアプリで簡単に彼女を作る様子を見てきました。そのため、私も同じようにマッチングアプリに登録したのです。

マッチングアプリを開始したとき、「イケメンでなくても彼女ができる」とワクワクした気持ちで登録したのを覚えています。結果的にその思考は実現化しました。

マッチングアプリは従来の出会い系サイトとは異なり、真面目な恋愛をしたい男女が利用するスマホアプリになります。そのため、顔だけで判断されず、自己紹介文や趣味についても判断されます。

そこでマッチングアプリでは自己紹介文を丁寧に描くのがコツになります。このとき、絶対に使ってはいけないNGワードがあるため注意しましょう。

例えば、「使い方がイマイチ分かりません」「出会いがないので始めました」などネガティブな内容になります。前述の通り引き寄せの法則に従うと、ネガティブな潜在意識はネガティブな結末に繋がります。

そこで、自己紹介文には「素敵な出会いがあれば良いなと思い登録しました」などポジティブな言葉を使うようにしましょう。

また、モテる男性は自己紹介文での自己アピールが上手です。そこで、あなたも自分の魅力を上手に文章化する必要があります。しかし、マッチングアプリでは男性のプロフィールを閲覧できません。

ここで自己流のプロフィールを作成すると失敗の原因になります。そこで、テンプレを利用して自己紹介文を作成すればいいです。私についても、ゼロから文章を考えるのではなく、テンプレをベースに文章を作成しました。

登録するべきマッチングアプリは決まっている

基本的に、モテる男性は彼女を作るために研究熱心な男性が多いです。例えば、ナンパが得意な男性であれば、どのような言葉で女性を誘惑するか研究します。また、合コンが得意な男性であれば、どのようなトークをすれば場が盛り上がるか思考錯誤しています。

同様にマッチングアプリを使いこなす男性であれば、どのマッチングアプリを使うか、真剣に考えることになります。そうした細かい行動の積み重ねが、最終的な結果に結びつきます。

このとき登録してはいけないのが、アダルトありの出会い系サイトになります。具体的には以下のような出会い系が当てはまります。

このような出会い系サイトに登録する男性はモテない男性ばかりです。日常生活で女性に相手にされないため、援助交際やパパ活をするためにサイトを利用します。

しかし、これでは「女性からモテる人間だ」という潜在意識から遠のくことになります。上記のようなサイトを利用するほど、モテない人間へと成り下がってしまいます。

そこで、真面目な恋活アプリを選択する必要があります。例えば、以下のようなマッチングアプリを選ぶようにしましょう。

このようなマッチングアプリに登録して女性との駆け引きを楽しみましょう。モテる男性であっても、百発百中で女性を夢中にさせるのは難しいです。しかし、モテる男性は「どうすれば振り向いてくれるか」を考えて試行錯誤します。

そのプロセスが面白く、いつのまにかメールが上達し、デートに誘えるようになります。そうして、気づいたときには彼女ができて、助手席に乗っているのです。

このように、引き寄せの法則によって思考を変えれば、運命を変えることができます。まずは部屋の片付けをして、マッチングアプリを試すところから始めましょう。そうした小さな行動の積み重ねにより、彼女を作ることができます。

まとめ

引き寄せの法則はスピリチュアルの分野で有名な法則です。これを簡単に説明すると、潜在意識をポジティブなものに変えれば、ポジティブな結果が訪れるという考え方になります。

引き寄せの法則を彼女作りに応用すると、彼女ができる準備を日常的にすることで潜在意識を変えることができます。また出会いを作るためにマッチングアプリ(恋活アプリ)を自然に使いこなせるようになります。

当然ですが、女性に振られることもあります。しかし恋人がいる男性は、そうした失敗から学ぶことができる人です。諦めずに試行錯誤を続ければ、必ず彼女を作ることができます。

マッチングアプリを使えばすぐに彼女を作れる

彼女を作るとき、女性との出会いを増やすことが最初のステップになります。しかし、合コンに参加したとしても2〜3人へのアプローチで終わってしまうため、モテない男性の場合は1回の合コンで彼女を作れる可能性は低いです。

一方で、恋活アプリ(マッチングアプリ)を利用すれば、同時並行で複数の女性にアプローチできるだけでなく、自分の好みの女性を絞り込んでデートに誘うことができるため効率的です。

また恋活アプリでの彼女探しなら、職場や学校でバレるリスクはほとんどありません。そのため、こっそりと彼女探しをしたい男性にとって必須のアプリとなります。

ただ、恋活アプリによって「会員数が多い」「20代前半の女性が多い」「バツイチでもOK」など特徴が異なります。また、ブサメンなど彼女作りにハンデを背負った男性の場合は、より効率的に出会いを増やすために、複数の恋活アプリを同時に利用する必要があります。

以下のページで恋活アプリ(マッチングアプリ)の特徴を解説しているため、それぞれの特徴を理解した上で利用する恋活アプリを決めれば、圧倒的に彼女を作りやすくなります。