男性がマッチングアプリ(恋活アプリ)を利用する場合、無課金の状態では女性とメッセージのやりとりができません。そのため、男性がマッチングアプリを使うとき、月額料金が支払う必要があります。

ただ課金するマッチングアプリを決めるとき、多くの男性がマッチングアプリの料金相場を調べます。その結果、どのマッチングアプリも同じ料金だと考える人が多いです。しかし、よく考えると、マッチングアプリによって料金設定が異なることに気づきます。

特に、特に6ヶ月や12ヶ月など長期プランになると、マッチングアプリによって全然違います。そのため、なんとなく長期プランを契約するともったいないです。損をしないためには、どのプランを使えばコスパが良いか考える必要があります。

そこで、男性にとってコスパの良いマッチングアプリ、料金プランについて比較しながら説明していきます。

マッチングアプリ(恋活アプリ)の月額料金の相場を理解する

代表的なマッチングアプリとして、Pairs(ペアーズ)やwith(ウィズ)などがありますが、これらを男性が利用するには有料会員になる必要があります。

無料会員の状態では女性とマッチングするところまでは可能ですが、その先に進むことができません。要するに、無料会員のままでも女性に「いいね!」を送ることはできますが、マッチングした女性とメッセージのやりとりをすることはできません。

そのため、マッチングアプリの女性とデートの約束をしたり、LINEを交換したりするには月額料金を支払うことになります。

こうした仕組みであるため、男性がマッチングアプリに課金するパターンとして以下のような状況が頻繁に起こります。

このように偶然マッチングしてしまい、女性からメールが届くと焦ります。このとき、「早く女性に返信しなければ!」と考えてしまい、料金プランを確認せずに課金する男性が非常に多いです。私についても上記のパターンで課金した経験があります。

しかし、このように料金プランを考えずに課金すると損する可能性が高いです。そこで、事前にマッチングアプリの月額料金の相場や安いプランを理解することが重要です。

1ヶ月プランの料金をマッチングアプリごとに比較

まず、マッチングアプリの1ヶ月プランの料金相場は3,500〜4,000円だと理解しましょう。これはどのマッチングアプリでも同じ価格帯であり、料金設定に違いはありません。

ここで有名な5つのマッチングアプリについて1ヶ月プランの料金をまとめてみました。その結果、以下の表のようになりました。

マッチングアプリ 1ヶ月プラン
Pairs(ペアーズ) 3,590円
Omiai(オミアイ) 3,600円
with(ウィズ) 3,980円
タップル誕生 3,700円
イヴイヴ  3,500円

これらを見て分かる通り、1ヶ月の料金はどのマッチングアプリも同じであり、3,500〜4,000円になります。そのため、どのマッチングアプリを選んでも、料金はほぼ変わらないと考えていいです。

しかし、1ヶ月で彼女ができる男性は少ないです。そのため、基本的には3ヶ月や6ヶ月プランなど長期プランを選ぶことになります。そこで、長期プランの料金設定を考えることが重要になります。

マッチングアプリの長期プランは金額が大きく異なる

3ヶ月や6ヶ月プランを選ぶときの注意点は、マッチングアプリによって料金設定が大きく異なることです。そのため、選ぶプランによっては得をしたり、損をしたりすることになります。

そこで5つのマッチングアプリについて12ヶ月プランの料金をまとめてみました。以下は料金表になります。

マッチングアプリ 12ヶ月プラン
Pairs(ペアーズ) 15,840円
Omiai(オミアイ) 22,000円
with(ウィズ) 23,400円
タップル誕生 26,800円
イヴイヴ  25,000円

数字だけでは分かりにくいため、マッチングアプリごとの料金プランをグラフ化して比較しましょう。

この結果を見ると、1ヶ月料金はマッチングアプリで差がありませんが、12ヶ月プランになると、大きな料金差があることが分かります。

また、12ヶ月の料金はPairs(ペアーズ)の15,840円が圧倒的に安いです。一方でタップル誕生は26,800円であり、かなり高額なプランであることが分かります。

こうしたことを考えると、長期的に利用したい男性にとってPairs(ペアーズ)の12ヶ月プランはタップル誕生よりコスパが良いことが理解できます。

コスパ最強のマッチングアプリはPairs(ペアーズ)

ちなみに、3ヶ月プランや6ヶ月プランについてもPairs(ペアーズ)の料金は他社と比較して安いです。そのため、コスパ重視でマッチングアプリを選びたい男性はPairs(ペアーズ)を選ぶことになります。

なおコスパを考えるとき、コストだけでなくパフォーマンスについても考えなければいけません。要するに、実際に彼女ができるかどうかですが、Pairs(ペアーズ)を選べば間違いありません。

Pairs(ペアーズ)の累計会員者数は1,000万人を超えており、日本最大級のマッチングアプリになります。そのため、都会や田舎に関わらず、女性との出会いを増やすことができます。

私についてもPairs(ペアーズ)のヘビーユーザーであり、デートの約束をした女性が最も多いのはPairs(ペアーズ)です。

コスパが良く安い料金プランはマッチングアプリによって異なる

ただし、マッチングアプリ(恋活アプリ)を選ぶ基準はコスパだけではありません。どのような女性と付き合いたいかによって、選ぶべきマッチングアプリは異なります。

例えば、20代前半の女子大生と付き合いたいと考える男性は女子大生の登録が多いwith(ウィズ)に登録するといいです。また結婚も視野に入れた彼女作りを希望する男性であればOmiai(オミアイ)になります。

このような判断基準でマッチングアプリを選んだとき、どのプランのコスパがいいか考えなければいけません。例えば、with(ウィズ)を使いたいと考えている場合、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月のどれを選べばいいのかという問題に直面します。

マッチングアプリでは基本的に長期プランになるほど、1ヶ月あたりの課金額は低くなります。そのため、12ヶ月プランを選べばいいと考えているのではないでしょうか。しかし、これは大きな間違いです。

12ヶ月プランで課金して3ヶ月目で彼女ができた場合を想定しましょう。そうなると、9ヶ月分の利用料金が損失になってしまいます。長期プランであるほど損失が発生しやすいため、単純に長期プランが安いとは限らないのです。

そこで、長期プランの値引額と、すぐに彼女ができた場合の損失額について、バランスの取れたプランを選ぶ必要があります。

マッチングアプリごとに損失が少なくコスパが良いプランを計算したところ、以下のようになりました。コスパについては「良い・中間・悪い」で示しています。

マッチングアプリ コスパが良いプラン コスパが中間のプラン コスパが悪いプラン
Pairs(ペアーズ) 12ヶ月プラン 6ヶ月プラン 3ヶ月プラン
Omiai(オミアイ) 6ヶ月プラン 12ヶ月プラン 3ヶ月プラン
with(ウィズ) 3ヶ月プラン 6ヶ月プラン 12ヶ月プラン
タップル誕生 3ヶ月プラン 6ヶ月プラン 12ヶ月プラン
イヴイヴ  6ヶ月プラン 3ヶ月プラン 12ヶ月プラン

このようにマッチングアプリごとにお得プランが異なる理由は、前述のようにマッチングアプリによって長期プランの料金設定が大きく異なるからです。

例えば、Pairs(ペアーズ)を利用する男性の場合、12ヶ月プランを選んだ方が損をしにくいプランになることが分かります。しかし、with(ウィズ)を利用する場合は3ヶ月プランを選ぶようにしましょう。

with(ウィズ)やタップル誕生については長期プランほど1ヶ月あたりの料金は安くなるものの、長期プランになるほど損失が発生しやすいプランになっています。そのため、12ヶ月プランで契約するメリットは少ないです。

ちなみに、with(ウィズ)を3ヶ月利用して彼女ができず、さらにプランを継続するときもコスパの良い3ヶ月プランを続けるべきです。そうすることで、彼女ができたときの損失を最小にできます。

他のマッチングアプリについても、上記表の「コスパが良いプラン」を彼女ができるまで継続すれば最もコスパが良くなります。

マッチングアプリは支払い方法によっても料金が変わる

また、マッチングアプリの月額料金は支払い方法によって料金が変わります。そのため、マッチングアプリの月額料金を安くしたい男性は支払い方法についても考えるべきです。

Pairs(ペアーズ)など、多くのマッチングアプリではクレジットカードでの支払いを選択すると料金を安くすることができます。

一方でAppleやGooglePayを経由して支払うと割高な料金になってしまうので注意しなければいけません。例えば、以下はPairs(ペアーズ)の1ヶ月プランについて支払い方法ごとの月額料金になります。

クレジット Apple GooglePay
1ヶ月料金 3,590円 4,300円 4,100円

このように、クレジット払いにすれば1ヶ月あたり510円の値引きを受けることができます。これはアプリを経由して支払うと、AppleやGooglePayに手数料を取られることが原因です。

なお、支払い方法による料金差は長期プランになるほど顕著になります。以下はPairs(ペアーズ)の12ヶ月プランについて支払い方法ごとの料金プラン表になります。

クレジット Apple GooglePay
12ヶ月料金 15,840円 19,800 19,800円

この場合、アプリ経由とクレジット払いとの差額は3,960円にもなります。使用できるサービス内容は同じですが、支払方法だけでここまで大きな差が出てしまいます。

このため、長期プランで契約する男性はクレジットカードでの支払いを選択することでかなり節約することができます。

アプリ経由で月額料金を支払った場合、AppleやGooglePayに手数料を取られるため、上記の料金になってしまうのです。

ちなみに、アプリの課金画面から決済しようとすると、クレジット払いを選択できないことがあります。そうした場合、アプリから課金するのではなく、ブラウザ版から課金とクレジット払いを選択できるようになります。

このときインターネットから公式サイトにアクセスしてログインします。例えば、Pairs(ペアーズ)の場合は以下のページからログインすることになります。

ここからログインして支払い画面に進めばクレジット払いを選択できるようになります。なお、ブラウザ版で課金しておけば、アプリ版でも課金が完了した状態になります。そのため、課金するときだけブラウザ版にログインして、実際の利用はアプリで問題ありません。

Omiai(オミアイ)はミッションクリアすると無料になる

さらに月額料金を安くする方法を考えている男性はOmiai(オミアイ)に登録するといいです。Omiai(オミアイ)には月額料金を支払わなくてもいい裏ワザが存在するからです。

その具体的な手順はOmiai(オミアイ)に無料登録後にマイページを開きます。そうすると以下のような通知を見ることができます。

上記のオレンジで囲まれた部分を右にスワイプスルト隠れている通知が表示され、以下のような表示が現れます。

これをタップするとミッションが表示され、それをクリアすることで女性とのメッセージが可能になります。例えば、映画やドラマのオンラインレンタルサービスである「U-NEXT」に無料登録するとOmiai(オミアイ)で15日間メッセージし放題の権利が与えられます。

このようなミッションをクリアすれば無料でOmiai(オミアイ)の女性と出会うことができます。

ただし、有料会員と全く同じ機能を使えるわけではありません。例えば、メッセージの既読がわからない、女性が獲得した「いいね!」数が分からないなどがあります。

しかし、大きなデメリットではないため、無料プランでも十分に女性との出会いを増やすことができます。なお、このような無料プランが利用できるのは、Omiai(オミアイ)だけです。

マッチングアプリで月額料金以外の課金はもったいない

多くのマッチングアプリには自分のプロフィールを上位表示させるなどのオプションプランがあります。例えば、Pairs(ペアーズ)ではオプションプランに申し込むことで以下のような特典を利用できるようになります。

  • 検索機能の拡張(フリーワード検索など)
  • 「いいね!」をたくさん送れるようになる
  • 自分のプロフィールが上位表示される
  • メッセージの既読が分かる

しかし、これらのオプション機能を利用するには別料金が必要になります。例えば、1ヶ月間Pairs(ペアーズ)のオプション機能を使うとき、クレジット払いでは2,980円の課金をすることになります。

ただ、この方法を利用するのは最終手段だと考えた方がいいです。プロフィール写真や自己紹介文が残念な男性が上位表示されたとしても、「いいね!」を送る女性は少ないからです。

そのためオプションプランへの課金よりプロフィールの見直しを優先的にするようにしましょう。具体的には以下の項目に該当する男性はプロフィールの見直しが必要になります。

  • プロフィール写真に顔写真がない
  • 自己紹介文が300文字以下
  • with(ウィズ)のモテ度チェックでA判定でない

プロフィール写真がない男性は女性からの「いいね!」が極端に減ってしまいます。また、自己紹介文が短すぎる男性も真剣度が伝わらないため微妙です。まずはこれらを改善しましょう。

さらに、自分のプロフィールが女性目線でどれほど好感度があるのかを客観的に判断するためのツールを紹介します。それはメンタリストDaiGoが監修している恋活アプリのwith(ウィズ)のモテ度チェックになります。

自己紹介文やメイン写真、サブ写真などについてあなたのモテ度をA〜Dの4段階で教えてくれるため、プロフィールの見直しに最適です。これをA判定にさせるよう努力しましょう。

ちなみにこのツールは無料登録するだけで利用できるため、with(ウィズ)に課金しなくても使うことができるコスパ最強のツールになります。

マッチングアプリのプロフィールが微妙な男性がオプション課金しても成果が得られることは少ないです。そのため、オプションプランは女性からモテるプロフィールが完成してから申し込むようにしましょう。

まとめ

マッチングアプリ(恋活アプリ)の料金設定はマッチングアプリごとに異なります。そのため、料金比較をせずに課金してしまうと、割高な料金プランで契約する可能性があるので注意が必要です。

1ヶ月プランだと、どのマッチングアプリも3,500〜4,000円が相場ですが、6ヶ月や12ヶ月の長期プランになると大きな差が出てきます。このとき、契約期間を長くするほど1ヶ月あたりの料金は安くなりますが、すぐに彼女ができた場合の損失も考慮すべきです。

そうして料金比較をしたところ、ペアーズだと12ヶ月プラン、オミアイだと6ヶ月プランというように、コスパが良い契約期間はマッチングアプリごとに異なることが分かりました。

また支払方法をクレジットカードにしたり、Omiai(オミアイ)の無料プランを使ったりと工夫すれば、さらにコスパ良くマッチングアプリを利用することができます。

マッチングアプリを使えばすぐに彼女を作れる

彼女を作るとき、女性との出会いを増やすことが最初のステップになります。しかし、合コンに参加したとしても2〜3人へのアプローチで終わってしまうため、モテない男性の場合は1回の合コンで彼女を作れる可能性は低いです。

一方で、恋活アプリ(マッチングアプリ)を利用すれば、同時並行で複数の女性にアプローチできるだけでなく、自分の好みの女性を絞り込んでデートに誘うことができるため効率的です。

また恋活アプリでの彼女探しなら、職場や学校でバレるリスクはほとんどありません。そのため、こっそりと彼女探しをしたい男性にとって必須のアプリとなります。

ただ、恋活アプリによって「会員数が多い」「20代前半の女性が多い」「バツイチでもOK」など特徴が異なります。また、ブサメンなど彼女作りにハンデを背負った男性の場合は、より効率的に出会いを増やすために、複数の恋活アプリを同時に利用する必要があります。

以下のページで恋活アプリ(マッチングアプリ)の特徴を解説しているため、それぞれの特徴を理解した上で利用する恋活アプリを決めれば、圧倒的に彼女を作りやすくなります。