筋トレをすると女性からモテると考える男性は多いです。そのため、モテない男性は自宅で筋トレしたり、ジムに通ったりして肉体改造をするようになります。

たしかに、筋トレをすると魅力的な体型になり、内面的にも自信がつき恋愛を好転させるきっかけになります。しかし実際のところ、彼女を作るために筋トレをするのは遠回りです。筋トレをしなくても彼女ができる男性が多いことを考えれば明らかです。

私についてもガリガリ体型ですが問題なく彼女を作ることができています。そこで、彼女を作るために筋トレをしている男性は、恋愛の戦略を練り直す必要があります。

ここでは体型や体重にコンプレックスがある男性が、彼女を作るために必要なことは何か説明していきます。

筋トレしたらモテた体験が嘘である理由

インターネットの情報を見ると、「筋トレしたら女性からモテた」「筋トレしたら彼女ができた」という男性は多いです。

(広告など)

しかし、こうした情報は嘘であることが多いので注意しなければいけません。つまり、筋トレしたらモテた体験談を参考にしても、実際には彼女ができないのです。

なぜ、筋トレをしてもモテないのでしょうか。その最大の理由は、筋肉のある男性でも服を着れば分からないからです。以下は、ライザップに○ヶ月通って筋トレをした友人の写真で比較してみましょう。

(画像)

筋肉質で筋トレの成果が現れていることが分かります。しかし、服を着ると以下のように、筋肉があるか全くわかりません。

(画像)

当然ながら、女性とデートするときときは服を着ています。服を脱ぐのは、付き合った後なので、筋トレを頑張っても彼女作りに全く影響しないことが理解できるはずです。

たまに、合コン前に必死になって筋トレをする男性がいますが、まったく意味がありません。それより、オシャレな服を買ったり、ヒゲを剃ったりして見える場所を良くすることに気をつけるといいです。

ちなみに、私についてはジムで筋トレをした経験がなく、以下のようなガリガリ体型を維持しています。

(画像)

しかし、これでも問題なく彼女を作れているため、彼女作りに筋トレは不要であることが理解できるはずです。

なお、「筋トレしたら彼女ができた」という男性が実際に存在しますが、そうした男性は筋トレをしなくても彼女ができている可能性が高いです。彼女と出会う前に偶然筋トレをしていたため、「筋トレをすれば彼女ができる」と勘違いしているのです。

筋トレ→出会い→交際

彼女を作るとき、本当に重要なことは出会いを作ることです。その上で、どのような男性がモテるのか研究することです。以下は〇〇人の女性に「異性に求める条件」としてアンケートを取った結果になります。

(画像)

このように、体格などの外見でなく、性格を重視する女性が多いことが分かりました。そのため、彼女を作るには、筋トレを頑張るのではなく、女性と会話する機会を増やし、あなたの内面をアピールすることが重要です。

デブが彼女を作るにはダイエットが必要!痩せたらモテるは本当

前述の通り、彼女作りに筋肉は必要ありません。しかし、太っている男性は女性からモテないので、ダイエットが必要になります。

そこで、太った男性はBMI〇〇以下を目標にしてダイエットするようにしましょう。また、太った男性が筋トレすると、得られる効果は想像以上に大きいです。

例えば、アゴまわりに脂肪があると、素材が良くてもイケメンに見られることはありません。しかし、ダイエットすれば、顔つきが変化し、イケメンに近づきます。また、オシャレな服も着られるようになるため、デブがダイエットするメリットは大きいです。

痩せている男性やガリガリは服装でモテる

一方で、すでにBMI〇〇以下の男性は筋トレの必要はありません。ジムでストイックに筋トレする時間を減らし、女性との出会いを作った方が彼女作りの戦略として適切です。

このとき、痩せている男性は服装がかっこよく見える利点を活かすべきです。冬場であれば、以下のように重ね着をしてオシャレな服装を目指しましょう。

(画像)

また、夏場であればガリガリが目立たないように七分袖を羽織るなどの工夫が必要になります。例えば以下のような服装がいいです。

(画像)

このように、痩せた男性は筋トレではなく服装を工夫することで女性からモテるようになる近道です。

ジムで出会いを増やして彼女を作るのは難しい?

ここまで説明したように、彼女を作るとき筋トレの優先順位は低いです。それより女性との出会いを増やしたり、ファッションセンスを磨いたいるすることが重要です。ただ、趣味が筋トレという男性の中には、ジムで好きな人を見つけようと考える人もいます。

例えば、ランニングマシンで隣同士になった女性に声をかけて、連絡先を交換から恋愛に発展させることを考えるのではないでしょう。

筋トレもできて女性との出会いも作れるため「一石二鳥」だと思うかもしれません。しかし、ジムでの出合から彼女を作ることは現実的ではありません。

これを理解するために、ジムの出会いから彼女を作るための流れをシミュレーションしてみましょう。

ジムで彼女を作る流れ

ジムでの出会いを本気で考えるなら、ジムの利用者層を把握する必要があります。例えば、私は田舎に住んでいるのですが、近所のスポーツジムに行くと、利用者は老人ばかりであり、出会いは皆無です。

そのため、できるだけ若い年齢層が利用するジムを選ぶ必要があります。しかし、そうしたジムに入会したとしても女性の利用者へのナンパは難易度が高いです。

基本的に女性は一目惚れをしないと考えた方がいいです。そのため、何度か会話をして距離を縮めてからデートに誘う必要があります。しかし、ジムでは一緒の時間帯になることがすくないため、突然ナンパをしても断られてしまいます。

そうしたタイミング的な難しさを解消するには、ジムスタッフを狙う方法もあります。スタッフであれば、トレーニングのたびに会話ができるからです。

しかし、スタッフへのアプローチだと、一人の女性に声をかけて失敗すると、噂が広まってしまい、誰からも相手にされない存在になる可能性が高いです。また、その女性が既婚者や彼氏持ちの場合、100%断られるため、事前確認が必須になります。

こうした条件を全てクリアすることができれば、ジムの出会いをきっかけに彼女を作ることができます。しかし、冷静に考えると不可能に近いことが理解できるはずです。

筋トレより出会いの数を増やす方がモテる

そこで、ジムでの出会いではなく、別の方法を考えるのがいいです。このときの重要なポイントは彼氏募集中の女性との出会いを増やすことです。

彼氏持ちの女性と距離を縮めても、彼女を作ることはできません。そこで、恋人募集中の女性にアプローチする必要があります。具体的な方法としては、合コンや街コンなどを利用すれば、そうした女性と繋がることができます。

しかし、合コンを主催してくれる友達がいない、あるいは街コンに一緒に行ってくれる友達がいないなど、出会いの場に参加できない理由がある男性もいます。そうした場合はマッチングアプリ(恋活アプリ)を利用すればいいです。

ちなみに、私の場合はマッチングアプリを使って彼女作りをしてきました。そのため、マッチングアプリを活用した方法であればコツを紹介することができます。

プロフィール写真で筋肉アピールは逆効果

マッチングアプリ(恋活アプリ)に登録すると、プロフィール写真と自己紹介文を登録することから始まります。

マッチングアプリでは見ず知らずの男女が出会うため、できるだけ詳細にプロフィールを作成すると、デートに繋がりやすく、ドタキャンされるリスクも減ります。このとき、男性であれば、少しでもカッコいい写真を載せたい心理になるはずです。

特に筋トレをストイックに頑張っている男性であれば、自分の筋肉をプロフィール写真(サブ写真)として使う人もいます。例えば、以下のようになります。

(画像:筋肉の自撮り)

しかし、こうした筋肉画像をアップする男性の評判は悪いです。これを見た女性のリアクションは「ナルシストなの?」「それほどムキムキじゃない」などネガティブなものばかりです。

その結果、マッチングアプリを利用しても女性と出会うことが難しくなります。そのため、プロフィール写真に筋肉画像を掲載してはいけません。プロフィール写真については以下のように普通の画像を選択するといいです。

(画像)

ただし、自宅での自撮りはや加工はNGなど細かい注意点があります。これを守ることで、女性に好印象を与えることができ、マッチング率を高まることができます。

(リンク:写真)

ペアーズならジムに通っている女性を見つけられる

ちなみに、好きな女性のタイプが「ジムに通う女性」と考える男性もいるでしょう。身体のラインを維持するためにストイックになれる女性は心身ともに素敵な人が多いです。そうした女性を見つけるとき、マッチングアプリのコミュニティ機能が便利です。

マッチングアプリは単純に出会いを増やすだけではなく、共通点のある女性を見つけるための機能が充実しています。その代表例がコミュニティ機能であり、ジム通いをする女性を見つけることができます。

ここで、マッチングアプリのPairs(ペアーズ)を使って、具体的な手順を説明していきます。ペアーズのコミュニティ検索で「ジム」と入力すると、関連するコミュニティがヒットします。実際の画面は以下のようになります。

(画像)

この中で「ジムに通っている/通いたい人」というコミュニティが登録者数が多いことが分かります。これをタップすると、このコミュニティに登録している女性のプロフィールが表示されます。

(画像)

このとき、居住地や年齢も同時に絞り込む設定が可能です。そのため、「東京在住、20〜27歳、ジム通い」という属性の女性を一瞬で探すことができます。

そうして絞り込んだ女性に「いいね!」を送ります。相手があなたのプロフィールを見て、「いいね!」を返してくれたらマッチング成立となり、アプリ内でメッセージの交換ができるようになります。例えば以下のようになります。

(はじめまして)

ここまでの内容をまとめると、筋トレする女子と付き合うには、ジムで出会いを増やすのではなく、マッチングアプリで探した方が効率的と言えます。

マッチングアプリを使えばすぐに彼女を作れる

彼女を作るとき、女性との出会いを増やすことが最初のステップになります。しかし、合コンに参加したとしても2〜3人へのアプローチで終わってしまうため、モテない男性の場合は1回の合コンで彼女を作れる可能性は低いです。

一方で、恋活アプリ(マッチングアプリ)を利用すれば、同時並行で複数の女性にアプローチできるだけでなく、自分の好みの女性を絞り込んでデートに誘うことができるため効率的です。

また恋活アプリでの彼女探しなら、職場や学校でバレるリスクはほとんどありません。そのため、こっそりと彼女探しをしたい男性にとって必須のアプリとなります。

ただ、恋活アプリによって「会員数が多い」「20代前半の女性が多い」「バツイチでもOK」など特徴が異なります。また、ブサメンなど彼女作りにハンデを背負った男性の場合は、より効率的に出会いを増やすために、複数の恋活アプリを同時に利用する必要があります。

以下のページで恋活アプリ(マッチングアプリ)の特徴を解説しているため、それぞれの特徴を理解した上で利用する恋活アプリを決めれば、圧倒的に彼女を作りやすくなります。