草食系や奥手であっても、「彼女が欲しい」と思う男性は多いです。しかし、どのように女性と出会い、アプローチすれば良いのか分からず悩む人が多いです。また、草食系を脱却できず彼女作りを諦めているのではないでしょうか。

しかし、草食系男子であっても正しい方法で女性にアプローチすれば彼女を作ることはできます。ただ、インターネットの情報を鵜呑みにしてしまい、自分に合わない努力を続けている男子もいます。

例えば、草食系男子には「ナンパ」「合コン」などの方法では彼女を作ることは難しいです。そこでここでは、草食系や奥手男子が彼女を作るにはどうすれば良いか解説していきます。

草食系で大人しい男性はモテないのか?

恋愛に対して奥手で大人しい性格の男性は「草食系男子」と呼ばれますが、そのような男性は恋愛に対して苦手意識を持っているのではないでしょうか。私についても人見知りであり、自分から女性にアプローチすることができないタイプの人間でした。

とりわけ、学生時代は片思いの女性がいても声をかけることができず、つらくて苦しい思いをしました。また、世間的にも「草食系男子はモテない」というレッテルがあるため、草食系の自分が恋愛に積極的になることに対して、恥ずかしさを感じることもありました。

なお、イケメンであっても草食系男子は恋愛において苦戦していました。私の友人(奥手なイケメン)は「声を掛けてくるのはブスばかり」「本当に好きな人と付き合えない」とグチをこぼしていました。

奥手な草食系男子は一般的にモテないケースが多く、損をしているような気持ちになることがあります。しかし、彼女ができないわけではありません。

確かに草食系は複数の女性からモテるという状況はあり得ませんが、一人の女性に振り向いてもらい、彼女を作ることはできるのです。

実際に私はブサメンで奥手な性格ですが、23歳で初めて彼女を作ることができました。しかし、彼女ができるまでの道のりは簡単ではありませんでした。当然ながら失敗を繰り返してきたのです。

例えば、大学時代に片思いの女性にLINEで告白して振られた経験もあります。以下はそのときのLINEです。

そうして、草食系男子が彼女を作るコツについて試行錯誤する中で理解することができました。それと同時に、「ナンパ」「合コン」などインターネットで紹介されるモテるテクニックが草食系男子には使えないことも理解しました。

草食系・奥手男子を改善・脱却する必要はない

草食系男子が彼女を作るとき、最初に意識することは「草食系・奥手な性格を治す必要はない」ということです。

恋愛攻略本やウェブサイトには「草食系を脱却して合コンに行けばモテる」といった内容が紹介されていますが、幼少期から年月をかけて形成された性格を急に変えることなど不可能に近いです。

奥手男子が性格を改善するには時間がかかり過ぎてしまい、彼女を作るまでにモチベーションが落ちてしまう人が多いからです。

私についても、モテたいという気持ちから、学生時代に女子の多いサークルに入り、コンパ(飲み会)にも積極的に参加しました。しかし、以下のように女性から離れたところに座ることが多く、女性と仲良くなることは難しかったです。

結局、大学を卒業するまで奥手男子を脱却することはできませんでした。また、無理やり奥手な性格を克服しようとすると、「痛いやつ」だと思われてしまいモテることはありません。

そこでは、草食系男子はどのような方向性の努力をすれば良いのでしょう。それは、「誠実さ」をアピールすることであり、それ以外の選択肢はありません。

  • 彼女ができる男性はイケメンと紳士のみ

彼女を作る戦略を考えるとき、心理学の知識が役に立ちます。その中でも、進化心理学によると、男性の繁殖戦略には「女たらし戦略」「良い父親戦略」の2つがあると言われています。

「女たらし戦略」はできるだけ多くの女性と関係を持ち、遺伝子をばらまく戦略であり、イケメン(ハンサム)な男性に有効な方法です。このような男性に引っかかる女子の心理としては以下のようになります。

女性女性

イケメンならその場限りの関係でもいい!

一方、「良い父親戦略」は一人の女性と長期的な関係を結ぶ戦略であり、誠実な男性がに有効な方法です。このような男性が好きな女性の心理は以下のようになります。

女性女性

この人といると安心できて幸せ!

このように、彼女を作るには「女たらし戦略」「良い父親戦略」のどちらかを選択しなければいけません。このとき、奥手な男性は「良い父親戦略」を目指したほうがモテる可能性が高くなります

要するに、ホストやナンパ師(肉食系男子)の真似をするのではなく、誠実な紳士を目指すと良いです。

このようなモテる戦略の違いについては非モテ時代に恋愛本を読みまくり、進化心理学の名著である「女が男を厳しく選ぶ理由」という本から学びました。

  • 草食系でも結婚できる

なお、「女たらし戦略」を取る男性は複数の女性からモテる傾向にありますが、婚活ではうまくいかないことが多いです。一方、「良き父親戦略」を取る男性は複数の女性からモテることはありませんが、婚活では人気の男性になります。

もしあなたに結婚願望があるなら、「良き父親戦略」を目指した方が圧倒的にモテる可能性が高いです。

一般的に「草食系男子は結婚できない」というイメージが強いですが、真面目で誠実な性格の男性は意外とモテるのです。草食系男子が結婚できない理由として、行動しない男性が多いことが挙げられます。

そのため、せっかく良い性格を持っているにも関わらず、行動せずにいると損をしていることに気づきましょう。

草食系・奥手男子には合コンは不向き

なお、彼女が欲しい男性は出会いを増やすために合コンに参加することを考えるかもしれません。しかし、草食系男子が合コンに参加してもうまくいかないことが多いです。

これは合コンに参加する女性には「誠実な男性」を求めている人が少ないことが原因の一つになります。合コンで彼氏を探す女性は「ノリがよい、イケメン」を探している場合が多いのです。

そのため、「良き父親戦略」を実行する草食系男子にとって合コンは非常に不利な戦場となってしまいます。

仮に合コンに参加したとしても草食系男子は女性と距離を縮めることができません。草食系男子の場合、初対面の女子と会話をすると緊張して心臓がドキドキして意味不明な会話になる可能性が高いからです。

そのため、草食系男子に適した出会い方を試さなければいけません。誠実な男性として出会いを増やすために、合コンより確実な方法が存在します。

彼女が欲しい草食系男子はマッチングアプリ(ペアーズなど)が最適

草食系男子が彼女を作るにはマッチングアプリ(恋活アプリ)がおすすめです。マッチングアプリには恋人募集中の男女が登録して出会いを探しています。

マッチングアプリは従来の出会い系サイトとは異なり、真面目な恋愛を希望する女性が多く登録しているのが特徴です。要するに、草食系男子のことが恋愛対象になる女性が多く存在することになります。

そのため、草食系男子はマッチングアプリを使って彼女探しをすれば良いです。なお、マッチングアプリでは以下のような流れで進行します。

マッチングアプリのプロフィール一覧から好みの女性に「いいね!」を送り、相手もあなたに「いいね!」を返すことでマッチング成立となります。そうなると、アプリ内でメッセージのやりとりができるようになります。

草食系男子がマッチングアプリを利用するメリットとして、以下のような点も大きいです。

  • メッセージから始まるため緊張しない
  • 数をこなせるため恋愛の練習になる
  • 身バレしないため恥ずかしくない

恋活アプリでは女性とマッチングしたらメッセージのやりとりから始まります。初対面の女性と会話をするとき緊張してしまう男性でも、メッセージを通して打ち解けることができます。

また、恋活アプリは「真面目な恋愛がしたい」という女性のニーズを捉えたため、登録者数が急増しています。例えば、恋活アプリのPairs(ペアーズ)では累計登録者数が1,000万人以上となり、田舎であっても多くの女性にアプローチできます。

そのため、恋愛が苦手で失敗したとしても数をこなせるため、恋愛経験値が圧倒的に高めることができます。

なお、マッチングアプリの登録人数が多くても、身元がバレてしまう心配はありません。マッチングアプリには身バレ防止機能が利用できるため、職場や学校の知人にもバレずに彼女探しをすることができます。

奥手・シャイ同士のカップルを目指しても良い

なお、マッチングアプリには様々なタイプの女性がいます。例えば、「年下男性がタイプの女性」「公務員男性を狙う女性」などです。当然ながら、「奥手な男性がタイプの女性」も存在します。

マッチングアプリは真剣な恋愛をしたい女性が多いため、ガツガツした男性のことが嫌いな女性は意外と多いです。また、そのような女性は「奥手同士のカップルでも良い」と考えています。

そのため、マッチングアプリでは草食系男子はチャラい男性よりモテやすい傾向があります。しかし、草食系男子がマッチングアプリを使うとき、奥手であることを恥ずかしがって隠してしまうことがあります。

本当は女性と会話をすることが苦手にも関わらず、「友達が多い」「おしゃべりが好き」など嘘をついたプロフィールを作ってしまいます。しかし、これでは真面目な女性は逃げていきます。

そこで、「コミュニケーションが苦手である」「恋愛に積極的になれない」など正直なプロフィールを作成することが重要です。そうすることで、同じ気持ちを持った女性からの「いいね!」を獲得することができます。

恋愛において共通点づくりは非常に重要ですが、これは「共通の趣味」である必要はありません。「奥手」「会話が苦手」といった性格でも共通点として成立するため、シャイ同士で両思いになることがあります。

私についても、「奥手である」という共通点を作るために、以下のようなプロフィールを掲載していました。

なお、「草食系」「奥手」というマイナスイメージをプロフィールに記載した場合、その短所をカバーできる長所も一緒に記載すると良いです。上記の例では「落ち着いた雰囲気を作るのが得意」となります。

こうすることで草食系男子でも「いいね!」が届き、女性とメッセージのやりとりができています。例えば、以下は「奥手な性格」という共通点によってマッチングができた例になります。

このようにマッチングアプリ(恋活アプリ)を使えば、草食系であるという欠点を改善しなくても、それを受け入れてくれる女性と出会うことができるのです。

奥手男子がデートや遊びに誘うときの方法

マッチングアプリ(恋活アプリ)のメッセージが1週間以上続いた場合はデートや遊びに誘うことを考えます。このとき、最も大切なことは、女性の安全を配慮することです。これは、ネットでの出会いに不安を感じている女性が多いからです。

そうした理由の一つに「出会い系サイト」経由で知り合った女性が暴行される事件があります。例えば、以下は出会い系サイトで知り合った女性が乱暴された事件のニュースです。

出展:千葉日報

このような事件があるため、多くの女性は「出会い系サイト」は利用したくないと考えています。しかし、マッチングアプリ(恋活アプリ)は従来の出会い系サイトと異なり、セキュリティや監視体制が整っています。

マッチングアプリは安全性が高いという評判を聞いて利用している女性が多いですが、実際のところは、ネットで知り合った男性に会うのは怖いと感じています。このような女性心理を理解した上でデートに誘わなければいけません。

このとき、肉食系男子は女子の気持ちを考えずに、すぐにデートに誘ってしまい、嫌われてしまいます。一方、草食系男子はしっかりと距離を縮めてからデートに誘うことができるため、女性に安心感を与えることができます。

そのため、草食系男子でもマッチングアプリを使えば女性をデートに誘うことができます。実際に私ついても、マッチングアプリでこれまでに複数の女性とデートを繰り返してきました。以下は初対面の女性とカフェに行ったときの写真です。

このように、マッチングアプリで出会った女性との初デートはカフェでランチを一緒に食べるプランが基本です。女性は「夜のデート」「家デート」などに不安を感じてしまうため、カフェに誘うと安心感を与えることができます。

  • マッチングアプリでは奥手でもデートに誘える

草食系男子の多くは女性をデートに誘った経験がない人が多いでしょう。私についても、学校や職場の女性をデートに誘えないことに対して情けないと思っていました。

しかし、マッチングアプリを使えばメールでデートに誘うことが普通であるため、女性と対面して緊張することもありません。

そうした意味でも、草食系男子の出会いの場は、「サークル」「合コン」などより、マッチングアプリが向いているのです。

付き合うまでの流れ:すぐに告白はしない

マッチングアプリを使うと、比較的簡単に女性と1:1のデートをすることができますが、草食系男子の中でも、恋愛経験の少ない男性は「告白のタイミング」に注意が必要です。

初デートのとき、「僕のこと好きなのかな?」など妄想や勘違いをする男性が非常に多いです。しかし、女性は初回デートで男性を見定めているだけであり、「脈あり」というわけではありません。

そのため、デートを1回しただけでキスや告白を考えるのはNGであり、少なくともデートを3回繰り返してから告白しなければいけません。それまでに手を繋ぐなど徐々に近づきましょう。

なお、「手を繋いでいいですか?」「と聞いてはいけません。これではムードを壊す「ダサい男」になってしまうからです。

ダサい男性は肉食系・草食系を問わず女性から嫌われてしまいます。そのため、「素敵な草食系」を目指さなくてはいけません。そこで、女性にアクションを起こすときは女性からのサインを待ちましょう。

例えば、2回目以降のデートで一緒に歩いているとき、手が触れるくらいの距離に女性が近づいてくることがあります。このような場合は「手を繋いで欲しい」というサインになります。このタイミングで手を繋いでみましょう。

これで拒否されなければ「脈あり」であると判断できるため、3回目以降のデートで告白します。そうすれば、告白が成功する可能性は極めて高くなります。

なお、私についてもカフェデートをした女性と水族館デートなどを繰り返して距離を縮めることができました。

デートの途中で手をつなぐことができたため、デート終わりに告白しました。その結果、OKをもらい彼女を作ることができました。また、付き合ってから約1ヶ月後にはホテルに行くこともできました。

(ホテル画像1)

彼女も奥手な性格であったため、ホテルに誘うまではかなり緊張しました。しかし、これについても「彼女からのサイン」を確認してからアクションを起こしてくれたので成功しました。具体的には花火大会の帰り道に以下のような会話になりました。

彼女:花火楽しかったね!

私:楽しかったね!

(略)

私:この後、ホテル行くカップル多いのかな?

彼女:絶対そうでしょ(笑)

私:確認しに行ってみる?

彼女:え、いいよ(笑)

このように、デート後にホテルの話してみたところ、ドン引きされずに会話が進行しました。これは彼女からのサインだと考え、ホテルに誘うことにしたのです。このように草食系男子でも出会い方やデートの方法を工夫すれば、彼女を作ることができます。

奥手男子が恋活・婚活で成功するためには失敗が伴う

ただし、恋愛では100%成功することはあり得ません。告白しても振られ、LINEをブロックされるような失敗を経験することになります。

そうした失敗を経験すると、恋愛経験の少ない草食系男子はショックを受けるかもしれませんが、そこで諦めてはいけません。失敗をすることで確実にあなたの恋愛スキルが向上するからです。

私についても「デートの誘い方」「手をつなぐタイミング」について、最初は分かりませんでした。ただ失敗を反省し、改善することで女性の心理や行動パターンを理解することができました。

また、このような失敗をすれば「恋バナ」のネタが増えることにもなります。多くの女性は恋バナが大好きであるため、恋バナのネタが増えることに損はありません。そのため、奥手な草食系男子でも勇気を持って彼女作りのために行動を始めましょう。

まとめ

女性に話しかけることが苦手であり、ネットで草食系診断を試すなどして、自分が草食系男子だと自覚する男性は多いです。私についても草食系を自覚しており、モテないことに対して苦しい経験をしました。

合コンや街コンに行ってもダメであり、学校や職場では女性をデートや遊びに誘えないことに情けない思いもしました。そうして、最終的にたどり着いたのがマッチングアプリでした。

マッチングアプリではメッセージでデートに誘うため緊張が軽減し、身バレしないという安心感もありました。そうしてマッチングアプリで知り合った女性と付き合うことができました。

草食系男子がマッチングアプリで彼女を作るとき、「奥手を治したい」と考える必要はありません。誠実な男性であることをアピールすれば、振り向いてくれる女性が必ず現れます。

マッチングアプリを使えばすぐに彼女を作れる

彼女を作るとき、女性との出会いを増やすことが最初のステップになります。しかし、合コンに参加したとしても2〜3人へのアプローチで終わってしまうため、モテない男性の場合は1回の合コンで彼女を作れる可能性は低いです。

一方で、恋活アプリ(マッチングアプリ)を利用すれば、同時並行で複数の女性にアプローチできるだけでなく、自分の好みの女性を絞り込んでデートに誘うことができるため効率的です。

また恋活アプリでの彼女探しなら、職場や学校でバレるリスクはほとんどありません。そのため、こっそりと彼女探しをしたい男性にとって必須のアプリとなります。

ただ、恋活アプリによって「会員数が多い」「20代前半の女性が多い」「バツイチでもOK」など特徴が異なります。また、ブサメンなど彼女作りにハンデを背負った男性の場合は、より効率的に出会いを増やすために、複数の恋活アプリを同時に利用する必要があります。

以下のページで恋活アプリ(マッチングアプリ)の特徴を解説しているため、それぞれの特徴を理解した上で利用する恋活アプリを決めれば、圧倒的に彼女を作りやすくなります。