束縛が強い女性と付き合った経験のある男性は、女性と付き合うことに苦手意識を感じてしまうことがあります。また、女性と付き合うとストレスが溜まるため、「一人が楽」と考える男性も多いです。

しかし、すべての女性が束縛するとは限りません。あなたが偶然にもハズレくじを引いてしまっただけであり、お互いに適度な距離を取れる女性は存在します。

ただし、普通の女性と付き合うには女性を見る目が必要になります。束縛が激しい女性かどうかを見分けて交際に発展させることができれば、精神的に落ち着いた女性と付き合うことができます。

そこでここでは、どうすれば干渉や束縛の少ない女性を見分け、普通の女性と付き合えるかについて具体的な方法を説明していきます。

干渉・束縛する女性心理を理解する

どうすれば束縛しない彼女を作れるかを考える前に、なぜ束縛されてしまうのかを考えることが重要です。

そのために束縛する女性の心理を理解しましょう。そうすれば、行動パターンが読めるため、束縛が激しい女性かどうかの見極めができるようになります。

不安感から男性の行動に干渉する

女性が彼氏を束縛する最大の原因は「不安感」にあります。例えば、「彼氏が浮気するかも」「捨てられるかも」と考えると、不安で押しつぶされそうになり彼氏に連絡を取ることになります。

あなたが浮気性の男性であれば、女性が不安を感じて束縛してしまうのは仕方ありません。ただ、普通の男性であるにもかかわらず女性から束縛を受けてしまうなら、女性側に問題があります。

そのため不安を感じやすい性格の女性と付き合うと、行動を干渉されたり、束縛されたりすることになります。

  • 毎日LINEや電話をしてくる

不安感が強い女性と付き合うと、毎日のようにLINEや電話をすることになります。多くの女性は彼氏が自分のために時間を割いてくれたり、彼氏の声を聞いたりすることで安心を感じるからです。

しかし彼氏からの返事がない場合、女性の不安は一気に高まり、LINEスタンプを連打したり何件もの着信をしたりすることになります。例えば、以下のようなLINEが届きます。

さらにこのメッセージを無視した場合、「浮気されているかも」と気になってしまい、自宅まで押し寄せて玄関先で号泣されることもあります。

このような女性と交際することを避けるには、理想の連絡頻度を事前に聞いておくことが重要です。例えば、付き合う前に以下のように質問してみましょう。

男性:LINE頻度はどれくらいが理想?

女性:毎日がいいな

このように「毎日」と即答してくる女性は束縛が強い傾向があるため危険です。干渉が苦手な男性であれば、早い段階でフェードアウトするようにしましょう。

  • 毎日会いたいと言ってくる

さらに不安感の強い女性は「毎日会いたい」と考えていることが多いです。これは彼氏のスケジュールを先に埋めてしまい、浮気される可能性を下げようとする心理によるものです。

私自身、束縛の強い彼女と付き合っていたとき、仕事終わりであっても毎日会いたいと言われていました。しかし、それでは自分のやりたいことが全くできず、疲労感だけが蓄積することになります。

このような辛い思いをしないためにも、事前に会う頻度やデート頻度を確認しておくようにしましょう。

男性:彼氏と会う理想の頻度はある?

女性:付き合っているなら毎日会いたい

前述の連絡頻度と同様に、会いたい頻度が高い女性ほど束縛傾向にあるため注意しましょう。このように、連絡頻度と会う頻度を事前に聞いておけば、束縛する女性かどうかを予測することができます。

彼氏に依存する女性は束縛傾向が強い

また恋愛に夢中になってしまう女性も束縛傾向があります。好きな男性ができたら、その人のことが頭から離れなくなってしまう依存体質の女性に多いです。

そうした女性は仕事中でも休日でも彼氏のことばかり考えてしまいます。例えば、「彼氏とのデート先」「彼氏への誕生日プレゼント」などが頭を埋め尽くしてしまいます。

このような女性は彼氏と会うことが楽しみで仕方ありません。不安傾向はありませんが、「彼氏がいることが私の生きがい」と考えてしまう気持ちが強いです。

また二人のデートプランを考え、それを実現させるために彼氏の行動を制限してしまいます。例えば、「私の言う通りにして」と干渉されてしまいます。要するに、自己中心的な女性であり、彼氏を自分の所有物だと考えることもあります。

このような女性を見分けるための方法として、過去の恋愛話を聞くといいです。さらには女性の交際期間が重要な情報になります。例えば以下のようになります。

男性:付き合ったら長く続く?

女性:短いことが多いかも

上記のように交際期間が短期間な女性は要注意です。彼氏に依存しすぎる女性はすぐに振られてしまうため交際期間が短くなるからです。そのため、交際期間が短い女性と付き合うとストレスを抱える可能性が高いため注意しなければいけません。

ここまで説明したように、交際前に女性の理想とする連絡頻度、デート頻度、過去の交際期間を確認しましょう。そうすれば束縛や干渉をする女性を避けることができます。

合コンや街コンで女性の性格を見極めるのは難しい

ただし、本当は束縛が激しい女性であっても、タイプの男性を目の前にすると猫をかぶることが多いです。例えば、合コンや街コンでの出会いでは、キャラを演じる女性が非常に多いです。こうした状況では女性の本能を見抜くのが難しいです。

そのため、合コンや街コンで意気投合した女性とホテルに直行し、そこから交際をスタートさせると束縛する女性の餌食(えじき)になってしまいます。

また、そうした女性は自分の本性がバレる前に交際に踏み切ろうと積極的にアプローチしてきます。男性であれば女性からグイグイと来られると冷静な判断ができず断れなくなってしまいます。

このように、出会いから交際までの時間が短い女性ほど束縛傾向のある女性である可能性が高くなります。そこで出会いから交際までの時間を長くすることを意識しましょう。そうすれば、あなたの行動に干渉してくる面倒な女性との交際を避けることができます。

このとき、出会いから交際までの時間が長い方法として、学校や会社での出会いがあります。この場合、お互いに人間性を理解した上で好意を抱くため、ハズレを引く可能性が低いです。

しかし、学校や会社での出会いでは交際に至るまでのスピードが遅すぎるデメリットがあります。また失敗したとき、周囲の噂になってしまうリスクも大きいです。

そこでバランスの良い方法としてマッチングアプリ(恋活アプリ)での出会いがあります。マッチングアプリだとメッセージから出会いが始まるため、女性の雰囲気を理解してから会うかどうかを決めることができます。

なおかつ、出会いから交際までの期間が短いことが特徴です。私についてもマッチングアプリで知り合った女性と3回目のデートで告白して付き合ったことがあります。この女性とはマッチングしてから約2ヶ月で交際に至りました。

また、失敗したとしても学校や会社で悪い噂が広まるリスクはありません。そのため、束縛する女性と付き合いたくない場合、合コンや街コンではなくマッチングアプリ(恋活アプリ)での出会いを増やすといいです。

顔写真を載せていない女性は避ける

ただし、マッチングアプリを利用する女性にも彼氏の行動を干渉する女性は存在します。そうした女性を見抜く方法についても説明していきます。

マッチングアプリで女性と知り合う流れは「いいね!」を送ることから始まります。マッチングアプリで気になった女性に「いいね!」を送ると以下のような通知が女性に届きます。

このような通知を受け取った女性はあなたのプロフィールを確認して「いいね!」を返すことができます。お互いに「いいね!」を交換した男女はマッチング成立となり、アプリ内でメッセージのやりとりができるようになります。

このとき、「いいね!」を送る女性のプロフィールは熟読しなければいけません。そうすることでヤバイ女性に「いいね!」を送るのを避けることができるからです。

まず、プロフィール写真を掲載していない女性、あるいは顔の一部分を隠している女性には「いいね!」を送ってはいけません。例えば、以下のようなプロフィール写真の女性が当てはまります。

この女性は、「彼氏は欲しいけど顔を晒(さら)したくない」と考えています。ただ、これでは「自分はわがままな女性です」とアピールしているようなものです。

このような女性と付き合うと、自己中心的な彼女に振り回されてしまいます。そのため、顔写真を掲載していない女性に「いいね!」を送るのは控えましょう。

自己紹介文が短い、内容がネガティブな女性は避ける

また、マッチングアプリのプロフィールには自己紹介文が記載されています。自己紹介文が短すぎる女性についても警戒心を持つようにしましょう。例えば以下のようなプロフィールになります。

このようなプロフィールの女性の場合、男性から自分がどのように見られているか気にしていません。自己中心的であり、タイプの男性を見つけたら猛アピールを始めます。

そのため、プロフィールが短すぎる女性と付き合っても女性の気分によって振り回されることになります。その場合、すぐに振られてしまうか、束縛が強くなるかの2択です。

また、ネガティブな内容を記載している女性も要注意です。例えば、以下のような自己紹介文になります。

マッチングアプリのプロフィールに「最近彼氏と別れた」という情報は必要ありませんが、それをわざわざ記載していることに注目しましょう。

このような女性は元彼に未練があり、思い出を忘れることができない女性の特徴になります。自分の気持ちをリセットさせてくれる彼氏を探すような女性は間違いなく自己中心的な女性になります。

そうした女性と付き合ったところで、すぐに振られてしまいます。あるいは、あなたに惚れ込んでしまった場合は強烈な束縛が待っていることでしょう。

なお、マッチングアプリでは女性からも「いいね!」が届くことがあります。そうしたとき、反射的に「いいね!」を返してマッチングするのではなく、女性のプロフィールを熟読してから「いいね!」を返すようにしましょう。

マッチングアプリを使って彼女探しをすれば、女性のプロフィールを見た段階で女性が束縛傾向にあるかどうかを判断することができます。そのため、合コンや街コンでの出会いより束縛する女性を見つけやすいのです。

メッセージの段階では深く詮索しない

プロフィールが問題ない女性とマッチングした場合、メッセージのやりとりに移行することになります。このとき、相手が束縛する女性かどうかを、すぐに確認してしまう男性が多いです。例えば、すでに説明した「過去の恋愛期間」「理想のデート頻度」などです。

しかし、このような質問はメッセージの段階では早すぎます。マッチング直後に女性の本性を確かめるような質問をすると「なんでそんな質問するの?」と逆に嫌われてしまう可能性があります。

そこで、マッチング直後のメッセージでは趣味や仕事などの話題から初めて、デートに誘うことだけを考えましょう。

例えば、「お酒が好き」という共通点があれば、「今度、飲みに行きませんか?」と誘うように会話を誘導します。このとき、以下のような流れで誘うと女性はOKする可能性が高いです。

このようにデートが決まればLINEを交換して当日まで待つことになります。そうして、デート中の会話でタイミングを見計らって「過去の恋愛期間」「理想のデート頻度」などを聞き出すといいです。

そうすることで、嫌われることなく女性の性格を聞き出すことができます。この質問の返事によって、相手女性とデートを繰り返すかどうか決めてください。

過去の交際期間が短すぎたり、毎日会いたいと考えたりするような女性であれば、そのままフェードアウトすればいいです。マッチングアプリでは相手から連絡が来なくなったら「脈なし」であるという暗黙のルールがあるため問題ありません。

また、交際前であればメッセージやデートは複数の女性と同時進行してもいいです。出会った女性の中で最も素敵だと思った女性に絞ってデートを繰り返し告白することで効率良く理想の女性と付き合うことができます。

まとめ

束縛・干渉をしない彼女が欲しいとき、付き合う前に女性の本性を確認することが重要です。このとき、「理想の連絡頻度」「理想のデート頻度」「過去の交際期間」を聞けば、女性が束縛体質かどうかを予想することができます。

ただし、合コンや街コンなどでは女性は猫をかぶってしまうため、女性の本性を見抜くのは難しいです。そこで、マッチングアプリを利用すればプロフィールからてがかりをつかむことができます。

マッチングアプリではプロフィールに顔写真を載せていない女性は自己中心的で束縛体質である可能性があります。また、「最近彼氏と別れた」と自己紹介に書いてある女性は依存体質である可能性が高まります。

上記のような女性を避けて彼女探しをすれば、精神的に自立した女性と出会うことができます。

マッチングアプリを使えばすぐに彼女を作れる

彼女を作るとき、女性との出会いを増やすことが最初のステップになります。しかし、合コンに参加したとしても2〜3人へのアプローチで終わってしまうため、モテない男性の場合は1回の合コンで彼女を作れる可能性は低いです。

一方で、恋活アプリ(マッチングアプリ)を利用すれば、同時並行で複数の女性にアプローチできるだけでなく、自分の好みの女性を絞り込んでデートに誘うことができるため効率的です。

また恋活アプリでの彼女探しなら、職場や学校でバレるリスクはほとんどありません。そのため、こっそりと彼女探しをしたい男性にとって必須のアプリとなります。

ただ、恋活アプリによって「会員数が多い」「20代前半の女性が多い」「バツイチでもOK」など特徴が異なります。また、ブサメンなど彼女作りにハンデを背負った男性の場合は、より効率的に出会いを増やすために、複数の恋活アプリを同時に利用する必要があります。

以下のページで恋活アプリ(マッチングアプリ)の特徴を解説しているため、それぞれの特徴を理解した上で利用する恋活アプリを決めれば、圧倒的に彼女を作りやすくなります。