彼女がいない男性の多くは「夏までに彼女が欲しい」と考えます。これと同じように、多くの女性も「夏までに彼氏が欲しい」と考えています。そのため、夏は彼女を作るためのチャンス期間と言えます。

しかし、彼女を作る方法やテクニックを知らない男性は、せっかくのチャンス期間を逃してしまうことになります。特に恋愛経験が少ない男性は、彼女が作りたくても方法が分からず、祭りを避けてしまいます。

ここでは夏に彼女を作る機会を逃さないために、お祭りや花火大会で彼女を作る方法について説明します。

管理人の恋愛エピソード:祭りに行く人がいない状況からリア充へ

私は女性から全くモテない人生を送っていたため、リア充が集まる夏祭りは嫌いでした。高校時代は受験勉強ばかり、大学時代はパチンコばかりの生活だったため、祭りや花火大会に一緒に行く人がいませんでした。

男友達と行こうと思っても、彼女のいる友達とは行けないため、誰と行くか悩んでしまいます。そのため夏は自宅で引きこもっていました。また、片思い中の女性を夏祭りに誘って断られた経験もあります。

この気持ちは彼女に困らないイケメンには分からない感情だと思います。しかし、彼女が欲しい気持ちは強かったため、様々な試行錯誤をして彼女を作り、花火大会デートを実現させることができました。以下は彼女と花火大会デートをしている写真です。

お祭りデートでは彼女が浴衣姿になるため、普段よりも色っぽさが増してテンションが上がります。また、彼女自身も普段と違う雰囲気デートに満足し、お互いに楽しむことができました。花火が終わってから二人でホテルに行き、イチャイチャしました。

(ホテル画像3)

今ではこのような楽しみ方ができるようになりましたが、ここまで来るのにかなり時間がかかりました。当然ながら恋愛で失敗し、辛い思いをした経験もあります。

私の経験をもとに、お祭りや花火大会で彼女と楽しいデートができるようになるにはどうすれば良いか説明します。

夏祭りや花火大会は出会いの場にならない

彼女を作るために夏祭りでのナンパを考えている非モテ男性は、考えを改める必要があります。ナンパがきっかけで彼女を作ることは相当難しいからです。

夏祭りや花火大会は人が多く集まるため、ナンパをしやすい環境に見えるかもしれません。しかし実際のところ、このようなイベントはカップルだらけであり、一人で行く女性はほとんどいません。

女友達と来ている女性をナンパしても、一人だけ男について行く女性はいません。また、夏祭りで女性をナンパしていると彼氏が登場し、トラブルになってしまう可能性もあります。そのため、ナンパに慣れていない男性が夏祭りで女性に声をかけてはいけません。

また、大規模な祭りであれば失敗を重ねてもリスクは小さいですが、以下のような地元の祭りでナンパをしてしまうと悪い噂が広がってしまいます。

このような祭りには知人や友人が必ず来ています。そこでナンパをしている姿を目撃されると、次の日から「モテないダサ男」と見なされてしまいます。

花火大会などのお祭りは出会いのスポットではありません。狙っている女性との距離感を縮め、告白を成功させるためのステップとして利用するのが上手な方法です。

付き合っていない女性との祭りで脈ありを見極める方法

付き合っていない女性と2人で花火大会に行っても大丈夫なのか? と心配するかもしれませんが全く問題ありません。私も付き合う前の女性と花火に行ったことがあり、交際に発展させました。

花火大会デートをするまでにしっかりと準備をしておけば、花火大会は告白する最高の場所となります。また、花火大会中は女性が脈アリかどうかを確かめられるポイントがたくさんあります。

デート中に脈アリであることが確認できた女性に告白すれば、失敗することはありません。それでは、どのようなポイントに着目して自分に気があるかを判断すれば良いのでしょうか。

・人混みの中で手を繋ぐ

普通、昼間のデートで突然手を繋がれると女性は驚いてしまいますが、花火大会の雰囲気の中では突然手を繋いでも不自然さはありません。むしろ、このようなスキンシップをすれば女性との仲が深まりやすいです。

手を繋いだときにビックリされるかもしれませんが、焦らず「どうしたの?」くらいの返事をしましょう。こうすることで余裕があることを示すことができます。この時点で拒否されなければ脈アリと判断して大丈夫です。

・花火を見るとき密着して座る

また、花火を見るときはビニールシートなどに2人で座ることになります。このとき、同じ方向を向いて座るため、密着して座ることができます。

最初から密着すると暑苦しいので、花火が上がり始めてから体を女性側に寄せて見ましょう。このとき、女性が離れなければ脈アリと考えて良いです。さらに、あなたの肩に女性が頭を乗せてきたら告白が成功する確率は限りなく100%に近づきます。

ただし、このような方法は2人で花火デートをしたときに試せるテクニックになります。そのため、祭りデートに誘える女性がいない男性は誘い方から勉強しなければいけません。

夏祭りまでに彼女を作り、一人ぼっちを卒業する方法

花火大会などの夏祭りは女性との出会いの場にはなりません。そのため、夏祭りより前から彼女作りをスタートさせておく必要があります。

できれば夏祭りの2〜3ヶ月前から恋活を始めておくべきです。多くの女性は警戒心が強いため、初回デートで花火大会は断られてしまう可能性があります。そのため、デートを何度か繰り返してから花火デートに誘うパターンが理想です。

もし花火大会までタイムリミットが迫っているのであれば、すぐに行動を開始しましょう。そのため、二人きりでデートにいける女性を探さなければいけません。まずは候補となる女性をLINEや連絡先の一覧から見つけてください。

しかし、そのような女性は簡単には見つかりません。私も大学生のとき、以下のように同じ学部やサークルでグループLINEあったため、連絡先を知っている女性はたくさんいました。しかし、二人きりのデートに誘えるような女友達はゼロでした。

また、連絡先を知っている女性の中で、彼氏のいない女性が誰なのかも分かっていませんでした。この場合、誰にLINEを送れば良いのか全く分かりません。そのため結局、誰とも連絡を取れずに、夏が終わってしまったのです。

このような状況を防ぐためには、出会いを増やす行動が必要です。そのために合コンや街コンがありますが、これらは時間的に非効率的です。

1回の合コンでは3人の女性としか出会えず、街コンでも20人前後の出会いになります。また、この中にタイプの女性がいたとしても、ライバルの男性に奪われてしまう可能性もあります。

そのため、「花火大会に一緒に行く人がいない」と焦る男性は合コンや街コンに参加してはいけません。何の成果も得られないまま夏を迎えてしまうことになるからです。これよりも効率的な方法で彼女候補を探すことが必要です。

恋活アプリで恋人募集中の女性と出会い、夏祭りデートをするには

夏までに彼女が欲しい男性は恋活アプリ(マッチングアプリ)を始めましょう。恋活アプリは恋人募集中の男女が登録するアプリであり、新たな出会いの場となっています。

恋活アプリに登録している女性は以下のようなプロフィール一覧で表示されます。気になった女性がいた場合はタップして詳細プロフィールを確認できます。

ここでタイプの女性を見つけたら「いいね」を送ります。これを受け取った女性があなたのプロフィールを確認し、「いいね」を返してくれることがあります。そうなればマッチング成立となりアプリ内でメールのやり取りができるようになります。

同様に、女性利用者からは男性のプロフィール一覧が確認できるため、女性の方から「いいね」が送られてくることもあります。

大手恋活アプリのPairs(ペアーズ)には1,000万人を超える登録者がいるので、女性とのマッチングは頻繁に起こります。私はイケメンではありませんが、毎月10人以上の女性とマッチングし、メールのやり取りをしています。

恋活アプリに登録している女性は彼氏募集中の女性ばかりです。そのため、「いま彼氏いるの?」といった会話をする時間を省略できるので、「夏まで」というタイムリミットが迫った男性には最適な出会いの方法となります。

また、恋活アプリにはカップル成立を助けてくれる機能があります。例えば、以下のようなコミュニティー機能を使えば、共通の趣味を持った女性を検索することができます。

共通の趣味を持つ女性とマッチングすればメールやデートでの会話が盛り上がります。そのため、恋活アプリで出会った女性と交際に発展しやすいのです。

夏祭りの前であれば、「夏までに恋人作りたい!」「一緒に花火大会行きたい!」などのコミュニティーに属している女性を探しましょう。

恋活アプリで女性と知り合い、デートをするときの方法として、実例を示しながら説明します。まず、恋活アプリでマッチングが成立したら以下のようにメッセージを送ります。

最初は年下の女性であっても敬語で話し、挨拶をするのが基本です。恋活アプリはエロ目的の出会い系サイトとは異なり、真面目な恋愛をしたい女性が登録しています。そのため、チャラい男性や無礼な男性は無視される可能性があるので注意しましょう。

次に、共通の趣味について話題を展開するとスムーズに会話ができます。そのため、女性とメールをするときは必ずプロフィールをチェックしてからメッセージを送りましょう。

その他にも、「休みの日は何をしているか?」「仕事は何をしているか?」などの話題を混ぜながら会話を続けます。1週間ほど会話を続いた女性は、ある程度あなたのことが気になっています。そのため、以下のようにデートの提案をしてみます。

こうすれば女性とのデートを実現できます。私のような非モテ男性でも恋活アプリを使えば簡単に女性とデートに行くことができます。以下は恋活アプリで知り合った女性と猫カフェにデートに行ったときの様子です。

このようなデートを2〜3回繰り返した後に告白すれば普通に彼女を作れます。このようにアプローチしている女性に花火大会デートを提案すると一緒に来てくれる可能性が高いです。

もし花火大会デートが実現したら、すでに説明した「手を繋ぐ」「密着して座る」など、脈アリかどうか確かめる方法で相手のリアクションを観察しましょう。

付き合う前の祭りデートで嫌われないための6つのコツ

夏祭りでのデートは映画館やカフェなど普段行くデートとは異なります。そのため、慣れない感じが出てしまうと女性から頼りなく思われてしまいます。多くの女性は頼りがいのある男性を好きになるため、お祭りデート初心者の男性は注意が必要です。

そこで、事前に夏祭りデートでの注意点を確認し、デートで女性に嫌われないように勉強しておきましょう。

直前に誘わない

男性であれば夏祭りに行くとき、準備はほとんど必要ありません。しかし、女性の場合は当日の服装や髪型など真剣に悩みます。そのため、直前にデートに誘ってしまうと準備期間が短くなってしまい、せっかくの夏祭りで満足してくれません。

女性は自分が可愛い姿で祭りに参加したいと考えています。それができなければテンションが下がってしまい、どうでも良くなってしまいます。このような事態を防ぐためにも2週間以上前に約束をしておきましょう。

またデートの約束が遅れると、他の女友達と一緒に行く約束をしているかもしれません。そうなれば、二人のデートは実現しない可能性もあります。そのため、できるだけ早く女性に声をかけることが大切です。

待ち合わせ場所など、当日の予定を相談して決める

花火デートの誘いをOKしてもらったからと言って満足してはいけません。花火デートでは普段のデートと状況が異なるため、事前の準備が重要です。特に花火大会では以下のように、混雑し屋台で大行列となります。

屋台に並んでいる時間に花火が綺麗に見られるポイントが占領されてしまいます。そこで、どうすれば良いのかと悩んでしまいますが、女性と相談して決めるのが正解です。

人によって何を楽しみにしているか異なります。綺麗な花火を落ち着いて見たい女性もいれば、屋台でりんご飴などを買って食べ歩きをしたい人もいます。また、人混みが嫌いなため、少し離れたところから花火を見たい女性も多いです。

そこで、「待ち合わせ場所」「花火を見る場所」「食べ物」などについて、事前に女性の希望を聞きながら当日の計画を立てるようにしましょう。

花火デートはブルーシートを持参する

女性と花火大会に行く場合、必ずブルーシートや折り畳みができるクッションを持って行きましょう。当日は人が多いため、ゆったりとベンチに座って花火を見ることはできません。

男性であれば地べたに座っても気にする人は少ないですが、女性は服が汚れることを嫌がります。特に、浴衣を着ている場合は絶対にブルーシートやクッションの上に座らせなければいけません。

また、ブルーシートがなければ屋台で買った食べ物を立ち食いすることになります。これでは二人で密着して座ることができません。

女性が浴衣を着てきた場合は特に気を使う

女性の多くは夏祭りで浴衣を着たいと考えています。そのため、女性が浴衣で来ることも想定しておいた方が良いです。

ちなみに女性が浴衣できた場合は、脈アリの可能性が高いです。浴衣を着るためには手間がかかるため、好きでもない男性とのデートでわざわざ浴衣を着る女性はほとんどいないからです。

しかし、女性も普段から浴衣を着ることに慣れていないため、無理をしてしまう可能性があります。例えば、浴衣を着るときは下駄やサンダルを履きますが、長距離を歩くと足が痛くなってしまいます。

そのため、行き帰り以外の移動はできるだけ控えると良いです。また、足が痛そうな仕草があれば「大丈夫?」と声をかけましょう。ここで絆創膏を持っていると完璧です。

彼女だけ浴衣でもOK!男性の服装はシンプルで良い

祭りデートで服選びを頑張る男性が多いですが、そこまで気にする必要はありません。逆に、男性が慣れない浴衣や甚平を着て緊張していると、女性をリードできません。付き合う前の段階では無難な服装で行き、嫌われるリスクを減らしましょう。

もし女性だけが浴衣だったとしても問題ありません。花火大会の主役は女性なので、男性が浴衣で目立つ必要は無いからです。また、彼女だけ浴衣で来るカップルはかなり多いです。

お祭りデートでのキスやホテルは付き合ってから

(ホテル画像4)

お祭りの雰囲気でテンションが上がり、「キスをしたい」「ホテルに行きたい」と考える男性は多いですが、このような行為は付き合う前にしてはいけません。一方で、付き合った後であればいくらでもホテルに誘えるので我慢しましょう。

多くの女性は警戒心が強いため、告白前にキスや体の関係を迫られると嫌われてしまいます。逆に、紳士的に女性を帰宅させることができればあなたの評価は上がります。花火大会デートでも焦らずに女性の気持ちを考えてデートをするようにしましょう。

夏祭り直前の裏技:初デートで花火大会への誘い方

狙っている女性に順調にアプローチをしていても、恋愛では失敗することがよくあります。突然LINEをブロックされ連絡が途絶えてしまい、花火大会の計画が無くなってしまうかもしれません。

しかし、このようなことで諦めてはいけません。もし、花火大会直前に振られてしまった場合は、恋活アプリでランダムに「いいね」を送り、初回デートで花火デートに誘ってみましょう。

恋活アプリには一緒に花火大会に行く人がいなくて、寂しい思いをしている女性も登録しています。そのような女性とマッチングすれば、初回で花火デートが決まることがあります。

実際に私も恋活アプリで知り合った女性と初デートで花火大会に行ったことがあります。以下はそのときのLINEです。

このときは、女性の方から花火大会に誘ってくれましたので驚きました。要は、女性も花火大会に一緒に行く男性を探していたということが分かります。以下は一緒に花火大会に行ったときの写真です。

恋活アプリを使えば恋人募集中の女性に効率良くアプローチできるため、花火大会前であっても花火大会デートを実現できます。

まとめ

夏祭りや花火大会は女性との出会いの場として適していません。彼女を作るときは、事前に女性にアプローチしておくことが重要です。

夏までに彼女を作りたい男性は、恋活アプリ(マッチングアプリ)を利用して出会いを増やしましょう。恋活アプリには「夏までに彼氏が欲しい女性」も多く登録しているため、街コンや合コンよりも効率よく出会いを増やせます。

メールやデートで仲良くなった女性に花火大会などの祭りに誘いましょう。花火大会の雰囲気は手を繋いだり、密着して座ったりできるため脈アリかどうかを見極めることができます。

脈アリであることが分かった状態で告白すれば、成功する可能性がかなり高くなります。このように、花火大会を利用して彼女を作り、リア充の仲間入りを果たしましょう。

マッチングアプリを使えばすぐに彼女を作れる

彼女を作るとき、女性との出会いを増やすことが最初のステップになります。しかし、合コンに参加したとしても2〜3人へのアプローチで終わってしまうため、モテない男性の場合は1回の合コンで彼女を作れる可能性は低いです。

一方で、恋活アプリ(マッチングアプリ)を利用すれば、同時並行で複数の女性にアプローチできるだけでなく、自分の好みの女性を絞り込んでデートに誘うことができるため効率的です。

また恋活アプリでの彼女探しなら、職場や学校でバレるリスクはほとんどありません。そのため、こっそりと彼女探しをしたい男性にとって必須のアプリとなります。

ただ、恋活アプリによって「会員数が多い」「20代前半の女性が多い」「バツイチでもOK」など特徴が異なります。また、ブサメンなど彼女作りにハンデを背負った男性の場合は、より効率的に出会いを増やすために、複数の恋活アプリを同時に利用する必要があります。

以下のページで恋活アプリ(マッチングアプリ)の特徴を解説しているため、それぞれの特徴を理解した上で利用する恋活アプリを決めれば、圧倒的に彼女を作りやすくなります。