彼女が欲しいけど出会いがない男性は、マッチングアプリの利用を考えることがあります。このとき、どのマッチングアプリを利用するか迷ってしまうのではないでしょうか。

マッチングアプリ(恋活アプリ)は課金システムの違いにより定額制とポイント制に分類することができます。結論から言うと、彼女を作りたい場合、定額制マッチングアプリに登録しなければいけません。

最初の段階で間違えてしまうと、お金と時間を無駄にしてしまいます。そこで、彼女作りには定額制マッチングアプリが適している理由について説明していきます。

定額制とポイント制、マッチングアプリの違いは?

マッチングアプリ(恋活アプリ)は様々な種類がありますが、料金システムを考えると定額制とポイント制の2種類に分けることができます

定額制マッチングアプリだと、「月額3,800円」のように月額課金システムであり、どれだけ女性とメールをしても定額料金になります。

一方でポイント制の出会い系アプリだと「メール1通、5ポイント」のように、利用するほど料金が発生します。なお「1ポイント=10円」で購入する場合、メールを送るだけで50円かかる計算になります。

ちなみに、ポイント制アプリの場合、メール以外にもポイントが課せられることがあります。例えば、「イククル」という出会い系アプリだと、女性のプロフィール画像を閲覧するだけで2ポイント(20円)必要になります。

出典:イククル

このように、定額制とポイント制では料金的な違いがあります。パッと見ではポイント制が安く見えますが、彼女を作るなら定額制のマッチングアプリが優れています。むしろ、ポイント制では彼女を作ることはできません。

月額料金を支払うのに抵抗があっても、彼女が欲しいなら定額制マッチングアプリを選ぶ必要があります。

彼女を作るなら定額制の恋活アプリが優れる理由

まず、マッチングアプリによって、利用する女性のタイプは大きく異なることを理解しましょう。

定額制のマッチングアプリには「真剣に恋人を見つけたい」と考える女性が多く集まる傾向があります。一方で、ポイント制の出合いアプリはアダルトOKな場合が多く、パパ活やセフレを募集している女性が多い傾向があります

そのため、彼女を作りたい男性は、定額制のマッチングアプリを利用しなければいけません。このとき、すぐにホテルや自宅に誘ってしまうと、女性から警戒されて音信不通になることがあるので注意が必要です。

ただ、共通点や趣味などを活用して、徐々に距離を縮めることで、確実に彼女を作ることができます。例えば、私自身についてもマッチングアプリで彼女ができた経験があります。

初回デートはカフェでおしゃべりをしました。2回目以降のデートでは水族館や映画館などに行き、お互いに惹かれていきました。以下はデート中の写真になります。

このように、出会いの場はアプリであっても、通常の恋愛ができるのが定額制のマッチングアプリになります。

逆に、ポイント制のマッチングアプリでは交際に至るケースはほとんどありません。ポイント制アプリだと、以下のようなメッセージから始まります。

これは「15,000円(ホテル代は不要)を支払ってくれたらエッチしてもいいですよ」と言う隠語になります。そうして、お互いの条件が一致すれば、待ち合わせしてホテルに直行します。このような利用目的の女性に映画館デートを提案しても断られてしまいます。

15,000円なら払える男性もいるかもしれません。しかし、出会い系サイトで男性を募集している女性は風俗店では働けないレベルの容姿・年齢であることが多いです。要するに、デブスやババアです。あるいは外国人女性が出稼ぎでやっていることもあります。

このように、定額制とポイント制では利用女性の目的、出会える女性のタイプが大きく異なることに注意が必要です。

定額制マッチングアプリはサクラがいない

また、定額制かポイント制かによってアプリ内の治安(安全性)にも違いが出てきます。このとき気を付けなければいけないのが「サクラ」の存在になります。結論から言うと、ポイント制アプリはサクラの被害に遭う可能性が高くなります。

ポイント制マッチングアプリは金儲けのためにサクラを導入することがあります。サクラとして雇われた女性は男性に課金させるため、積極的にメールを続けます。例えば、「一目惚れしました」「下ネタ好きです!」など男性を誘惑するようなメールを送ってきます。

普通の女性であれば、マッチングアプリの男性に対して、いきなり下ネタを提案することはありませんが、メールを続けるためであれば、このようなメールを送ってきます。

サクラは男性を誘惑する内容でメールを繰り返すことを狙っています。メールを多くするほど「メール1通50円」が蓄積し、マッチングアプリの利益となるからです。

このように、男性に課金させることができれば、サクラ女性はマッチングアプリ運営から報酬をもらうことができます。

サクラ女性は報酬を目的にしているため、デートをしたり交際に発展したりすることはありません。ただ、定額制マッチングアプリだと、どれだけ課金しても定額であるため、サクラは存在しません。

ここまで説明した通り、彼女が欲しい男性は定額制のマッチングアプリを利用しなければいけません。

ポイント制なしのマッチングアプリ代表例

彼女を作りたい男性は、定額制マッチングアプリ一択になります。しかし、定額制マッチングアプリも多数あり、どれを利用すればいいか迷うことになります。

そこで、「これを選べば間違いない!」と言えるアプリについて列挙し、特徴を説明して行きます。

Pairs(ペアーズ)は利用者数が最多

定額制マッチングアプリで最も有名なのがペアーズになります。ペアーズは累計登録者数が1,000万人を超える超大手マッチングアプリであり、幅広い年齢層の女性から人気があります。

当然ですが、何人にアプローチしても利用料金は一定です。その為、メリットを最大限にするには複数女性に「いいね!」を送り、同時並行でメッセージのやりとりをしましょう。

このとき、会員者数の多いペアーズだと、女性が足りなくなって困る心配はありません。たとえ田舎であっても女性とマッチングしやすいアプリになります。

with(ウィズ)は女子大生とマッチングしやすい

女子大生など20代前半の女性を彼女にしたい場合、恋活アプリのwith(ウィズ)を利用すべきです。トータルの利用者数はペアーズに劣りますが、若い女性の利用率が高いのがウィズの特徴になります。

なお、20代の女性と共通点が無い男性でも問題ありません。ウィズはメンタリストDaiGoが監修するマッチングアプリであり、定期的に心理テストを受けることができます。この結果を会話ネタとすれば、20代の女性とでもマッチングできます。

Omiai(オミアイ)は結婚を見据えた出会いが可能

結婚を見据えた彼女を作りたい場合、Omiai(オミアイ)がオススメです。やはり、ペアーズより利用者数は少ないですが、結婚願望のある女性の割合は高いです。

また、オミアイの特徴として、ライバル男性のレベルが弱いことが挙げられます。マッチングアプリ初心者の男性はペアーズから登録することが多く、ペアーズでモテなかった男性がオミアイに流れる傾向にあります。

しかし、女性のレベルはペアーズもオミアイも同じです。そのため、結婚願望がある男性はペアーズよりオミアイの利用を優先すれば、ライバルに負けずマッチングしやすくなります。

定額マッチングアプリの落とし穴

ここまで、「彼女を作るには定額制アプリ」ということを説明してきました。しかし、定額制マッチングアプリには、料金設定において1つだけ落とし穴が存在します。

ポイント制マッチングアプリでは「利用した分」だけ課金されるため簡単です。しかし、定額制では「利用しなかった分」まで考えなければ、大きな損をすることになります。

例えば、定額制マッチングアプリには「3ヶ月プラン」「6ヶ月プラン」など長期プランが用意されています。もし6ヶ月プランで支払いをした場合、2ヶ月目に彼女ができたとしても4ヶ月分の利用料金は戻ってきません。

ここが定額制マッチングアプリを選んだときに注意することになります。また、マッチングアプリによっては、ずるい料金プランを用意してあるため、損得を計算することで最適なプランを見つけることができます。

割安な長期プランはアプリによって異なる

定額制マッチングアプリでは長期プランになるほど1ヶ月あたりの利用料金が低くなるように設定されています。例えば、Omiai(オミアイ)では以下のような料金プランになっています。

出典:Omiai(オミアイ)

このとき、オレンジで囲んだ12ヶ月プランと6ヶ月プランを比較してみましょう。契約期間を2倍にしているにも関わらず、たった月額50円しか違いません。

このような場合、12ヶ月プランを選択すると、早く彼女ができた場合の損失が大きくなってしまいます。そこで、Omiai(オミアイ)を利用する場合は12ヶ月プランではなく、6ヶ月プランで契約するのが最もコスパが良くなります。

どのプランが割安なプランであるかは、マッチングアプリによって異なります。そこで、各マッチングアプリでコスパが最も良くなる(早く彼女ができても損失が小さい)プランを表にまとめました。

マッチングアプリ 格安プラン
ペアーズ 12ヶ月プラン
オミアイ 6ヶ月プラン
ウィズ 3ヶ月プラン
タップル誕生 3ヶ月プラン

定額制マッチングアプリに課金する場合、上記の表のプランを選ぶようにしましょう。そうすれば、損失を最小限に抑えることができます。

ポイント制マッチングアプリの宣伝に誘惑されない

なお、定額制のマッチングアプリだと、1回の支払金額が大きくなってしまいます。そのため、課金することを辞めてしまう男性は多いです。例えば、以下のような表示があった場合、どちらを選ぶでしょう。

心理的に定額制のマッチングアプリが高額に見えてしまいます。そのため、マッチングアプリ初心者はポイント制を選びがちです。

しかし、ここまで説明した通り、ポイント制マッチングアプリに登録しても彼女ができる可能性は低いです。そのため、支払額が大きくても定額制マッチングアプリに登録しなければいけません。

また前述の「割安なプラン」を選んで課金すれば間違いありません。そうすれば、結果的にコスパ良く彼女を作ることに成功します。

まとめ

マッチングアプリを料金システムで分類すると、「定額制」「ポイント制」の2つに分けることができます。彼女が欲しい男性であれば、定額制マッチングアプリを選ばなければいけません。

ポイント制だと「サクラが多い」「パパ活女子に出会う」などデメリットがあります。そのため、Pairs(ペアーズ)やwith(ウィズ)など定額制のマッチングアプリがおすすめです。

ただし、定額制マッチングアプリの長期プランの選択には注意が必要です。早く彼女ができた場合、利用しなかった期間にも料金が発生するため、コスパの良いプランを理解しておく必要があります。

ここまで理解してマッチングアプリを使えば、出費を抑えて確実に彼女を作ることができます。

マッチングアプリを使えばすぐに彼女を作れる

彼女を作るとき、女性との出会いを増やすことが最初のステップになります。しかし、合コンに参加したとしても2〜3人へのアプローチで終わってしまうため、モテない男性の場合は1回の合コンで彼女を作れる可能性は低いです。

一方で、恋活アプリ(マッチングアプリ)を利用すれば、同時並行で複数の女性にアプローチできるだけでなく、自分の好みの女性を絞り込んでデートに誘うことができるため効率的です。

また恋活アプリでの彼女探しなら、職場や学校でバレるリスクはほとんどありません。そのため、こっそりと彼女探しをしたい男性にとって必須のアプリとなります。

ただ、恋活アプリによって「会員数が多い」「20代前半の女性が多い」「バツイチでもOK」など特徴が異なります。また、ブサメンなど彼女作りにハンデを背負った男性の場合は、より効率的に出会いを増やすために、複数の恋活アプリを同時に利用する必要があります。

以下のページで恋活アプリ(マッチングアプリ)の特徴を解説しているため、それぞれの特徴を理解した上で利用する恋活アプリを決めれば、圧倒的に彼女を作りやすくなります。