カメラ好きの彼女を作れば、一緒に撮影デートをしたり、彼女を被写体にしたりと楽しいことが増えます。そのため、カメラ好きの女性と付き合いたいと考える男性は多いです。

実際、カメラを共通の趣味にもつ男女だと、会話やデートで悩む必要はありません。そのため、カメラ好き同士は恋愛に発展しやすいです。しかし、カメラ好きの女性との出会いを作るのが難しいです。

そこで、「どうすればカメラ女子に出会えるか」を最初に考えなければいけません。それが達成できれば簡単に彼女を作ることができます。ここでは、カメラ好きの彼女を作るための戦略について説明していきます。

カメラ女子との出会いはどこにある?

彼女を作るときの基本戦略として、以下のような流れを順番にクリアしていくことが重要です。

しかし、それぞれのステップでの難易度は、状況によって異なります。例えば、友達が少ない男性であれば、出会いのステップが難しいでしょう。また、コミュ障な男性の場合、デート以降のステップが厳しくなります。

カメラ好きの彼女が欲しい男性であれば、カメラ女子との出会いが大きなハードルとなります。しかし、カメラ女子と出会ってしまえば、それ以後のステップは簡単に進みます。たとえコミュ障であっても、カメラという共通点があれば問題ありません。

そこで、カメラ女子と付き合いたい男性は、カメラ女子と出会う方法を真剣に考える必要があります。

カメラ女子と出会うには、マッチングアプリ一択

結論から言うと、カメラ女子との出会いはマッチングアプリ(恋活アプリ)が圧倒的に優れています。マッチングアプリを利用すれば、友達が少ない男性でも、カメラ好きの女性とすぐに出会うことができます。

また、マッチングアプリを利用することで以下のようなメリットも得られます。

  • 女性が恋人募集中である
  • カメラ好きの女性を検索できる
  • 連絡先の交換が不要

まず、自然な出会いでカメラ女子に出会ったとしても、その女性が既婚者や、彼氏持ちだった場合、恋が実ることはありません。しかし、マッチングアプリに登録している女性は100%が恋人募集中です。そのため、「彼氏はいますか?」などの質問は不要になります。

そもそも、自然な出会いでカメラ好きの女性を見つけるのは難しいです。しかし、マッチングアプリだと、女性の趣味を検索できる機能があるため、簡単にカメラ女子を見つけることができます。

このとき役立つのがコミュニティ機能になります。コミュニティとは、自分に当てはまる趣味や価値観をプロフィールに登録する機能であり、以下のように複数選択することができます。

自分が登録するだけでなく、共通のコミュニティに参加している女性を検索することも可能です。例えば、Pairs(ペアーズ)のコミュニティ機能を利用する場合、以下のように検索画面で「カメラ」と入力します。

「写真、カメラ」というコミュニティを見た場合、96,733人が登録していることが分かります。その中からタイプの女性を選ぶことができるので、カメラ女子を見つけるのは簡単です。

なお、マッチングアプリでは気になる女性がいた場合、「いいね!」を送ります。そうすると、女性のスマホに以下のような通知が届きます。

「いいね!」を受け取った女性はあなたのプロフィールを確認して、「いいね!」を返すとマッチング成立となります。マッチングが成立すれば、女性と無制限にメッセージのやりとりができるようになります。例えば以下のようになります。

このようなメッセージ機能があるため、「連絡先を交換しませんか」など面倒な手順を踏む必要がありません。そのため、マッチングアプリを使えば、恋愛が苦手な男性でも女性とメールのやりとりが可能になります。

写真スポット、カメラ教室での出会いがダメな理由

ここで、マッチングアプリ(恋活アプリ)以外の出会いについても考えてみましょう。カメラ女子が集まるスポットとして、綺麗な写真が撮れる「映えスポット」があります。

しかし、こうした場所で恋愛に発展させるには、ナンパをすることになります。そのため、何人もの女性に声をかけるメンタルが必要になります。もしナンパをする場合、女性からのリアクションは「えっ、キモっ!」となる覚悟を持っておきましょう。

また、カメラ好きの女子が集まる場所として、カメラ教室やカメラサークルを考える人がいるかもしれません。しかし、そうした場所は時代遅れであり、参加している女性は50代や60代のオバサンばかりです。

現在はカメラの知識をつけるために、インターネットやYouTubeを利用します。例えば、以下のようなYouTubeチャンネルが有名です。

カメラや編集技術に興味のある女性は、こうした動画を参考にして勉強しているため、カメラ教室にくる人は少ないです。このように、カメラ女子と出会う方法を考えると、最終的にマッチングアプリが最適であるという結論に至ります。

プロフィールがうざいカメラ男子の特徴

ただし、マッチングアプリを利用するにあたり、注意しなければいけないポイントがあります。例えば、プロフィール写真や自己紹介文が女性から嫌われる内容の男性だと、マッチングが難しくなり、メッセージをする相手が見つからない場合があります。

そこで、プロフィールを作成するとき、嫌われる要素を排除することを意識しましょう。具体的には以下のような項目はプロフィールに書いてはいけません。

カメラ男子に限らず、自慢話が多いプロフィールの男性はモテません。マッチングアプリの女性は真剣な交際を希望している人が多く、外見だけでなく性格まで重要視している女性が多いからです

そのため、高級なカメラセットを持っていること、SNSでフォロワーが多いことなどをアピールする必要はありません。

また、マッチングアプリのプロフィールには顔写真を掲載しますが、ここに女性と一緒に写った写真を掲載してはいけません。

女性の写真を載せてしまうと、あなたの印象は「チャラ男」になってしまうからです。そうした男性はマッチングアプリでは嫌われる傾向にあります。

自己紹介文でのNG例として、趣味の話ばかりを記載する男性が当てはまります。マッチングアプリの女性にモテるプロフィールとして、仕事や価値観、性格などがバランス良く記載されているプロフィールになります

こうしたプロフィールのコツを押さえておけば、マッチングアプリで女性と出会うことは簡単です。私自身、決してイケメンではありませんが、自己紹介文を工夫することで何人もの女性とデートを成功させることができているからです。

カメラ女子へ送るメッセージ内容は?

カメラ女子とマッチングできたら、メッセージのやりとりをするステップに移行します。マッチングアプリを使ったことがない男性だと、どのような内容を送ればいいか悩みます。

そうしたとき、マッチングアプリのメッセージは女友達に送るLINEとは全く意味合いが異なることを理解しなければいけません。

マッチングアプリでは、これまで他人だった女性と初対面を果たすためのメッセージのやりとりが必要になります。そのため、メッセージでは意図的に女性と意気投合できるような内容を考える必要があります。

ただし、カメラ好き同士であれば、問題なく会話が盛り上がります。例えば、以下のような会話になります。

上記のように、女性のプロフィールに記載してあることを話題のきっかけにすれば、スムーズです。このとき、自分の話ばかりしないことを意識しましょう。

女性心理を考えたとき、自分のことばかり話す男性は嫌われやすいです。逆に、女性の話を聞いてくれる男性はモテる傾向があります。そこで、カメラ女子から会話を引き出すには質問力が重要です。

このとき、「いつ」「どこで」などを踏まえた質問をすれば、悩む心配はありません。そこで、以下のような質問を想定してメッセージを作成するといいでしょう。

  • カメラにハマったのはいつから?
  • どこに撮影に行きましたか?
  • どうやって撮影方法を勉強していますか?
  • 被写体は風景?人物?

ただし、質問ばかりしていると、取り調べのような雰囲気になってしまいます。これを避けるために、「リアクション」「自己開示」も必要になります。例えば以下のようになります。

こうしたことを意識してメッセージを送れば、会話が盛り上がり、デートに誘える準備が整います。

カメラ女子にデートプランを提案する

カメラ女子とのメッセージが2〜3日続いたら、デートに誘うことを考えます。マッチングアプリでは進展がないままダラダラとメッセージを続けると、ブロックされることがあるため、積極的にデートに誘うといいです。

具体的な誘い方として、最初はカフェやご飯に誘うといいです。例えば、以下のような会話になります。

なお、初デートの場合、ランチだけのデートでも問題ありません。初回からドライブデートや家デートなど、長時間のプランを提案すると女性から嫌われる可能性が高いからです。

初回デートは「顔合わせ」と考え、お互いに印象がよければ次のデートに発展すると考えておきましょう。

インスタなどSNSのアカウントは聞くべきではない

メッセージではデートに誘うまで、仕事や趣味など様々な話題でやりとりします。このとき、写真好きの女性であればインスタグラムの話題になることがあります

女性がインスタをやっていることを知ると、「インスタのアカウント教えて」と送信したくなります。しかし、インスタのアカウントは個人情報であり、人によってはマッチングアプリの男性には教えたくないと考えている場合もあります。

インスタで過去の投稿を見れば、出身学校や交友関係などがバレてしまうリスクがあるからです。

そのため、初デート前だとインスタのアカウントを聞いても断られる可能性があります。もし、インスタの交換を断られてしまうと、お互いに気まずさが残ってしまいます。

こうしたリスクを下げるために、初デートを終わらせるまではSNSのアカウントを女性に聞かないようにするといいです

2回目以降のデートでどこに行けばいい?

マッチングアプリでは、「脈なし」だと判断された場合、女性からのメッセージが途絶えます。女性から返信がこないと精神的なショックを受けますが、無駄な駆け引きをする必要がないので分かりやすいです。

そのため、初デート以降もLINEやメッセージが続いている場合、2回目のデートに誘うことができます。

2回目以降のデートでは、デートプランに共通点を踏まえたスポットを提案するようにしましょう。

例えば、写真好き同士の場合、撮影スポット巡りを提案します。また、一眼レフなどカメラ本体にこだわりがあれば、一緒にカメラショップを巡ってもいいです。例えば、以下はカメラ好きの女子とお花見デートしたときの様子です。

さらに、ランチや映画などもプランに組み込むことで、充実したデートにすることができます。2回目以降のデートでも、女性の希望を聞くことを忘れないようにしましょう。そうすることで、「優しい人」という印象を与えることができます。

写真デートで自然に女性を褒める

女性心理を考えると、デート中に女性を褒めると距離を縮めるのに役立ちます。実際、「かわいい」「素敵」など褒め言葉を言われたい女性は多いです。しかし、そうした言葉は恥ずかしくて言えない男性が多いです。

ところが、写真デートであれば、自然な流れで「かわいい」などの言葉を伝えることができます。例えば、女性を被写体にして撮影し、「見て!かわいい!」などとコミュニケーションを取ればいいです。

このとき、女性も恥ずかしさがあるため、リアクションは薄いかもしれません。しかし、内心では喜んでいる女性が多いです。そのため、褒め言葉を伝え続ければ、女性の気分も高まります。

一方で、「カフェに行くだけ」「写真を撮るだけ」など淡々としたデートでは、「つまらない」と思われてしまい、疎遠になりがちです。

2〜3回目のデートでは、女性を楽しませることだけを考えて行動するようにしましょう。そうすれば、告白までの準備が整います。

ツーショットは女性から誘われたときだけ

下心のある男性だと、ツーショット写真を撮ることを理由にして、体を近づけることを考える男性もいるかもしれません。しかし、付き合っていない関係の男性がツーショットに誘ってきたとき、女性のリアクションとしては「気持ち悪い」と思われていまいます。

また、慣れない自撮りをすると、動作がぎこちなくなってしまいます。そうした残念な姿を見せると、あなたの好感度が下がってしまいます。

このような失敗を防ぐには、男性側からツーショットを誘わないことです。ただ、女性から誘われた場合、断る理由はありません。以下のように、女性から誘われたときだけツーショットを撮るようにしましょう。

実際にマッチングアプリで恋活を始めると、このようなポイントに気づいていきます。そうした経験知を積み重ねることで、マッチングアプリでの彼女作りが上達します。

告白は3回目のデートがオススメ

なお、マッチングアプリでは3回目のデートでカップル成立となることが多いです。初対面での告白はタイミングが早すぎ、4回以上デートを続けると疲れてしまいます。そのため、3回目のデートが告白のタイミングとしてちょうど良いです。

学校や会社の女性に3回目のデートで告白すると、早すぎて驚かれることがあるかもしれませんが、マッチングアプリでは普通です。

女性としても恋活目的でデートをしているため、3回目のデートまでに女性の結論は出ているからです。そのため、告白の言葉や方法を深く考える必要はありません。

デート後に「よかったら付き合ってください」と伝えましょう。経験上、3回目のデートに誘うことができれば、告白が成功する確率は50%前後になります。

前述の通り、脈なしの場合は途中で音信不通になるため、3回目のデートをしている時点で脈ありだと考えるのが妥当です。

可能であれば、ロマンチックな場所をデートプランに加えておくと、良い雰囲気になります。例えば、夏場だと花火大会、冬場だとイルミネーションが最適です。

まとめ

カメラ好きの彼女を作りたいとき、マッチングアプリでカメラ女子と出会う方法が効率的です。マッチングアプリではカメラ好きの女性を簡単に見つけることができます。さらに、彼女たちは全員が恋人募集中であるため、駆け引きなどは不要です。

マッチングが成立したらメッセージのやりとりで初デートの約束をします。このとき、個人情報を聞くなど、女性が嫌がることを避けるようにしましょう。

撮影スポット巡り、カメラショップなどでデートを繰り返し、3回目のデートで告白しましょう。そこまでできれば、カメラ好きの彼女を作ることに成功します。

マッチングアプリを使えばすぐに彼女を作れる

彼女を作るとき、女性との出会いを増やすことが最初のステップになります。しかし、合コンに参加したとしても2〜3人へのアプローチで終わってしまうため、モテない男性の場合は1回の合コンで彼女を作れる可能性は低いです。

一方で、恋活アプリ(マッチングアプリ)を利用すれば、同時並行で複数の女性にアプローチできるだけでなく、自分の好みの女性を絞り込んでデートに誘うことができるため効率的です。

また恋活アプリでの彼女探しなら、職場や学校でバレるリスクはほとんどありません。そのため、こっそりと彼女探しをしたい男性にとって必須のアプリとなります。

ただ、恋活アプリによって「会員数が多い」「20代前半の女性が多い」「バツイチでもOK」など特徴が異なります。また、ブサメンなど彼女作りにハンデを背負った男性の場合は、より効率的に出会いを増やすために、複数の恋活アプリを同時に利用する必要があります。

以下のページで恋活アプリ(マッチングアプリ)の特徴を解説しているため、それぞれの特徴を理解した上で利用する恋活アプリを決めれば、圧倒的に彼女を作りやすくなります。