季節によって彼女が欲しくなる気分が高まることがあります。例えば、クリスマスはカップルのイベントが増えるため恋人が欲しくなる季節でもあります。このように、恋愛と季節は関係性があるため、どの季節に彼女作りを始めると効率的なのかと考える人も多いです。

このとき重要なのは女性心理です。女性が「彼氏が欲しい」と思う時期に合わせて行動すれば、効率良く彼女を作れます。そこで、アンケート調査を実施し、女性が恋愛したいと思う季節を調査しました。

このデータを考えながら、彼女を作るための季節ごとのコツについて解説していきます。

冬は恋人が欲しくなる時期でNo1

369名の女性に「恋人が欲しくなる季節」についてアンケートを実施した結果、以下のような結果になりました。

(画像)

このように、「冬に恋人が欲しい」と考える女性が圧倒的に多いことが分かりました。その理由として、以下のような回答がありました。

  • 理由1
  • 理由2
  • 理由3

こうした結果から、冬になると恋活を始める女性が増えることが予想されます。「冬に恋人が欲しい」と考える女性を狙うために、男性側も冬に恋活を始めるのが効率的だと言えるはずです。

しかし、もう少し深く考えてみましょう。多くの男性も同様に、「冬に彼女が欲しい」と考えていれば、ライバル男性が増えます、そうなれば、冬に彼女が作りやすいとは言えなくなります。

そこで、季節ごとの男女比を集計してみましょう。これにより、本当に彼女が作りやすい季節がいつか分かります。

秋・冬は彼女が作りやすく、春・夏は彼女を作りにくい季節

アンケートでは231名の男性にも「恋人が欲しくなる季節」を回答していただきました。そうすることで、季節ごとの男女比が分かります。その結果を以下のグラフにまとめました。

(棒グラフ)

この結果を見ると、秋・冬に「恋人が欲しい」と考えるのは男性より女性が多いことになります。要するに、秋・冬は男性にとってライバルが少なく、恋愛したい女性も多いため、チャンス期間となります。

一方で、春・夏に「恋人が欲しい」と考えるのは男性の方が多いです。そのため、ライバル男性が多にも関わらず、恋愛したい女性が少ないという残念な季節になります。春は出会いの季節とも言われますが、実際のところ、彼女が作りやすい季節とは言えません。

こうした結果から、彼女を作りたい場合、秋〜冬にかけて恋活をスタートさせるのが最も効率的だということが分かりました。

若い女性ほど冬に恋愛したい気持ちになる

なお、年齢と恋愛したい季節の関係についても調べると、おもしろい結果になりました。結論から言うと、若い女性ほど「冬に恋愛したい」と考える傾向が強かったのです。

例えば、20代以下の女性について集計したところ、恋愛したい季節は以下のグラフのようになりました。

(画像)

このように、圧倒的に冬が多いです。そのため、20代以下の若い女性と付き合いたい男性は、冬を逃してはいけません。

彼女を作る季節ごとの戦略

上記のように、男性が彼女を作るとき、「春〜夏」と「秋〜冬」では状況が異なります。そのため、状況に合わせた彼女作りの戦略を考える必要があります。そこで、「春〜夏」と「秋〜冬」における恋愛の戦略について説明していきます。

春〜夏は出会いの季節だが、男性には不利な季節

春は出会いの季節であり、夏は海水浴や花火大会などイベントが多いです。しかし、女性側はそれほど積極的にはなりません。このような場合、ライバルとなる男性が多く、アプローチしてもモテる男性に女性が取られてしまいます。

これを防ぐために工夫できることは、恋愛を進めるスピードを早めることです。例えば、あなた(ブサメン)とイケメンに同時期にアプローチされたら、女性はイケメンと付き合うことになります。

しかし、イケメンとデートを繰り返す前に、あなた(ブサメン)といい感じになれば、交際に成功することになります。そうすれば、ライバル男性に先を越される前に、意中の女性と交際することができます。なお、彼女を作るとき、以下のような流れがあります。

(画像)

この進行スピードを早めるようにしましょう。具体的には、LINEのメッセージは即レス、でデートも1〜2週間の感覚で問題ありません。デートを3回以上繰り返してから告白すれば、出会いから1ヶ月程度で彼女ができます。

ただし、順番を飛ばしてはいけません。例えば、出会ってすぐに告白したり、ホテルに誘ったりすると、一瞬で嫌われることになります。

同時並行より一途なアプローチ

彼女が欲しい男性の多くは、同時並行でアプローチをします。例えば、合コンや街コン、あるいはマッチングアプリで複数の女性と連絡先を交換し、以下のようなイメージで進行することになります。

→→→→→

→→→→

→×

→→→→

しかし、これでは一人ずつのスピードが遅くなってしまい、イケメンなどモテる男性に先を越されてしまいます。そうならないように、春〜夏の戦略として一途なアプローチを実践しましょう。イメージとしては以下のようになります。

→→→×→→→→×→×→→→○

アプローチするときは一人の女性に集中することで、先を越されないようにできます。そこで失敗してから次の女性に行くようにしましょう。

秋〜冬はチャンス!かわいい女性と付き合いやすい

一方で、秋〜冬は多くの女性が恋愛したい気持ちになります。その結果、春〜夏より女性からの反応率が上がります。

このような場合、焦る必要はありません。むしろ、焦りすぎて交際を決めた場合、「もっといい人がいたかも」と後悔する可能性が高いです。

そこで、秋〜冬に有効な戦略として、幅広い女性と出会うことが挙げられます。なお、「クリスマスは恋人と過ごしたい」と考える女性は非常に多いです。そのため、クリスマス前に告白のタイミングを合わせればいいです。

10月に出会った女性と徐々にデートを重ねて、12月に入ってから告白するプランだと出会いから告白まで2ヶ月ありますが、全く問題ありません。

・同時並行でも問題ない

前述の通り、秋〜冬は男性にとって有利な季節になります。そのため、ある程度は女性を待たせても、ライバル男性に奪われる心配はいりません。

そこで、同時並行で複数の女性にアプローチして出会いを増やしましょう。ただし、どれだけ遅くても告白はクリスマス前に間に合わせる必要があります。そこで、以下のようなイメージで恋愛プロセスを進めましょう。

→→→→→ クリスマス前

→→→→

→×

→→→→

ただし、同時並行の人数が多すぎると、日程合わせが大変であり、費用も多くなってしまいます。そこで、タイプではない女性は早い段階で見切りをつけて、タイプの女性だけで同時並行するといいです。そうすることで、かわいい女性と付き合える可能性が高くなります。

マッチングアプリ(恋活アプリ)で応用する

ここまで季節ごとに彼女を作る戦略を説明しました。しかし、この方法は複数の女性にアプローチすることを前提としているため、を学校や職場で実践するのは危険です。

学校や職場で何人もの女性を口説くと、「チャラい奴」とレッテルを張られてしまうため、女性陣から嫌われる可能性が高まるからです。そのため、恋活していることがバレないようにする必要があります。

このとき、マッチングアプリを利用すれば問題ありません。マッチングアプリだと普段関わりの無い女性にアプローチできるため、複数の女性にアプローチしても女性から嫌われることはありません。

また、シークレットモードと呼ばれるマッチングアプリ内での設定をオンにすれば、マッチングアプリで女性の知人に見つかる可能性もゼロにできます。

ただし、マッチングアプリによって特徴が異なるため、適当にマッチングアプリを選ぶと効率が落ちる可能性があります。そこで、マッチングアプリを利用した季節ごとの戦略を考えましょう。

冬は若者の多いマッチングアプリを利用すべき

前述の通り、若い女性ほど「冬に恋人が欲しい」と考える傾向が強いです。そうした女性を狙い撃ちするため、冬は若い女性が多く利用するマッチングアプリを選ぶといいです。例えば、タップル誕生やwith(ウィズ)は18歳〜20代前半の女性が多く利用しています。

ただし、これらのアプリについても違いがあります。タップル誕生の女性は顔面重視で男性に「いいね!」を送ります。一方で、with(ウィズ)だとプロフィール重視で「いいね!」を送ります。

そのため、イケメンなど顔面偏差値が高い男性はタップル誕生を冬場に利用すれば、彼女ができる可能性が大幅に上がります。ブサメンなど顔面に自信がない男性はwith(ウィズ)を利用した方がいいです。

なお、18歳〜20代前半の女性は若すぎると思うなら、Pairs(ペアーズ)やOmiai(オミアイ)を選べばいいです。これらのアプリは20代前半から30代前半の女性が多く登録しているからです。

夏はコスパの良いペアーズ一択

夏場は恋愛において男性が不利になりやすい季節です。そのため、コスパ重視の出会い方を実践するのがいいです。

マッチングアプリ(恋活アプリ)には様々な種類がありますが、Pairs(ペアーズ)のコスパが最強です。理由として、国内のマッチングアプリで利用者が最大であることに加えて、料金が安いことが挙げられます。

そのため、夏場はPairs(ペアーズ)を利用することでコスパを最大にすることができます。なお、個人的には以下のようなスケジュールでマッチングアプリを併用しています。

ペアーズ1年中

With秋以降

クリスマス直前

このように工夫することで、彼女と別れても、すぐに他の女性と付き合えるようになりました。

まとめ

恋愛したいと思う心理は季節と関係があります。そのため、季節ごとに戦略を変えて恋活すれば、成功率を高めることができます。

男性が彼女を作るとき、春〜夏はライバル男性が多くなるため不利な季節となりやすいです。そうした状況ではライバル男性に負けないよう、一途なアプローチをするといいです。

一方で、秋〜冬に恋愛したい女性が多くなるため、男性にとって有利な季節になります。そうした状況では同時並行で複数の女性にアプローチし、タイプの女性を絞り込むようにすれば効率的です。

なお、こうした方法を実践するにはマッチングアプリが最適です。身バレを防ぎながら、多くの女性にアプローチできるため、彼女を作る必須ツールと言えます。

マッチングアプリを使えばすぐに彼女を作れる

彼女を作るとき、女性との出会いを増やすことが最初のステップになります。しかし、合コンに参加したとしても2〜3人へのアプローチで終わってしまうため、モテない男性の場合は1回の合コンで彼女を作れる可能性は低いです。

一方で、恋活アプリ(マッチングアプリ)を利用すれば、同時並行で複数の女性にアプローチできるだけでなく、自分の好みの女性を絞り込んでデートに誘うことができるため効率的です。

また恋活アプリでの彼女探しなら、職場や学校でバレるリスクはほとんどありません。そのため、こっそりと彼女探しをしたい男性にとって必須のアプリとなります。

ただ、恋活アプリによって「会員数が多い」「20代前半の女性が多い」「バツイチでもOK」など特徴が異なります。また、ブサメンなど彼女作りにハンデを背負った男性の場合は、より効率的に出会いを増やすために、複数の恋活アプリを同時に利用する必要があります。

以下のページで恋活アプリ(マッチングアプリ)の特徴を解説しているため、それぞれの特徴を理解した上で利用する恋活アプリを決めれば、圧倒的に彼女を作りやすくなります。