学生やフリーターの男性はバイト先を選ぶときに仕事内容だけでなく女性との出会いも含めて考える人は多いです。そのため、カラオケ店など女子比率が高いバイト先を選んでいるのではないでしょうか?

しかし実際に働き始めると、バイト先で彼女を作ることは意外と難しいことに気づきます。気になる女性にすでに彼氏がいたり、ライバルとなる男性の存在があったりするからです。

またバイト先で彼女を作れない男性の原因として「恋愛経験が少ない」「効率的な彼女探しの方法を知らない」といったこともあります。私も過去にバイト先で彼女を作ろうとしたとき、同じような間違いを犯した経験があります。

そこでここでは、バイト先で彼女を作ろうと考えている男性が彼女を作る方法について説明します。

モテない男性ほど彼女ができるバイトを探している

一般的には彼女を作りやすいバイト先として「カラオケ」「カフェ」「居酒屋」などがあります。しかし、彼女を作るためにバイト先を探している男性はモテません

「彼女ができるバイト先はどこか?」と必死になって探している男性は女性を意識しすぎることで、不自然さが際立ってしまうからです。恋愛において挙動不審で不自然な行動をとる男性は女性から嫌われてしまいます。

このような男性は彼女を作りやすいバイトをしていたとしても、彼女を作ることはできません。彼女を作るためにはバイト先ではなく、モテない原因を改善し、対策すべきです。

ここでは「カラオケ」「カフェ」「居酒屋」のバイトで彼女を作るときのポイントについて説明します。しかし、「自分にはバイト先で彼女を作ることは向いていない」と思った場合は別の戦略を考える必要があります。

カラオケのバイト:同世代との出会いが多い

彼女を作りたいときのバイト先の候補としてカラオケのバイトです。カラオケ店の従業員は大学生など20代前半が多く、スタッフ同士のコミュニケーションも取りやすいです。

カラオケのバイトは夜間や週末は忙しいですが、昼間や平日などは閑散としています。そのため、暇な時間は控え室での雑談が盛り上がります。

しかし、このような環境であっても必ずしも気の会う女性がカラオケのバイトにいるとは限りません。私もカラオケ店でのバイト経験がありますが、すでに彼氏がいる女性が多く、「彼氏いるの?」と聞ける勇気がありませんでした。

バイト先で彼女を作るには、「相手の女性に彼氏がいるかどうか」という情報を入手することが最も重要です。しかし、周囲の目があるため恥ずかしさを感じてしまいます。

カフェのバイト:イケメンは客と恋愛できる

彼女探しをするときの他のバイト先の候補として、若い女性をターゲットにしたオシャレなカフェがあります。

顔に自信のある男性であれば職場の女性だけでなく、お客さんとして来店する若い女性まで恋愛の対象を広げることができます。イケメンであれば黙って働いているだけで連絡先を聞いて来る女性もいるからです。

例えば、「連絡先を教えてもらうことができますか?」と女性のお客さんから聞かれることがあります。気が合えばそこから恋愛関係に発展する人もいるでしょう。

しかし、このような戦略が通用するのはイケメンに限られます。そのため、カフェのバイトを選んだとしても好きになる女性と確実に出会えるわけではありません。

居酒屋のバイト:リーダーシップのある男性はモテる

居酒屋のように酔っ払い客などで騒がしい職場では、大きな声を出して働く男性がモテます。女性はリーダー的な男性や頼りがいのある男性を好きになりやすいからです。そのため、居酒屋バイトを頑張れる男性は彼女ができやすいです。

基本的に女性は警戒心が強いため、恋愛に発展させるまでに時間がかかります。しかし、居酒屋バイトをする女性はノリが良い女性が多く、勢いで交際がスタートすることもあります。

居酒屋バイトでは一緒にまかない料理を食べたり、注文を厨房に伝える際に女性スタッフとコミュニケーションを取ったりすることは容易です。そこで距離を縮めて連絡先を交換すれば休みの日に一緒にデートを楽しむことができます。

ただ、居酒屋でしっかり働ける男性は多くありません。根暗でシャイな性格の男性の場合、忙しい居酒屋のバイトでモタモタしていると「頼りない」と思われます。その結果、居酒屋で働く女性から恋愛対象外となってしまう可能性があります。

大学生・フリーターがバイト先で彼女ができない理由

効率的に彼女を作るためには、彼女探しの場所が適切であるかどうかを調べることが重要です。大学生やフリーターの男性は「バイト先で彼女を作った」という話を頻繁に聞くと思いますが、実際にバイト先は彼女を作りやすい環境なのでしょうか。

これを調べるためには友達からの情報だけではデータが少なすぎるため、統計データが必要になります。そうして調べた結果、バイト先は彼女作りに適していないことがわかりました。その理由について説明します。

恋愛経験が少ない男性はバイト先は彼女を作りにくい

私も学生時代にバイト先で彼女を作ろうとした経験があります。大学へ入学してすぐにコンビニのバイトを始めて女性との出会いを探しましたが、うまくいきませんでした。バイト先にいた女性の年齢層が高く、オバサンばかりの環境だったからです。

そこで、自分と同世代の女性が多く働いているカラオケ店でのバイトも経験しました。ここでは他大学の女子大生もバイトをしていましたが、彼女を作ることはできませんでした。ほとんどの女性はすでに彼氏がいたため、デートに行くことすらできなかったのです。

大学生がバイト先で彼女を作るには、好みの年齢の女性がいるバイト先を選ぶことや、彼氏がいるかどうかを聞くことなどの壁が存在するのです。当然ながら、かわいい女性と付き合いたいと考えるのであれば、さらに難易度が上がってしまいます。

実際のところ、バイト先で彼女を作る学生がどの程度いるのか、厚生労働省の統計を調べてグラフ化してみました。ちなみに、このデータは1,246人のデータなので、かなり信頼できる結果だと言えます。

出典:第14回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)

このように18歳以上の学生が交際相手と知り合ったきっかけは「学校」がもっとも多いことがわかります。そのため、バイト先で彼女を見つける男性は意外と少ないのです。

また、バイト先で彼女を作りにくい理由はもう一つあります。それは恋愛経験が少ないため、どのように女性に声をかければ良いかわからないからです

イケメン男性は中学や高校時代に多くの恋愛を経験しているめ、バイト先でも学校でも簡単に彼女を作ってしまいます。しかし、これまでに彼女ができたことがない男性はバイト先で女性との出会いを増やしても交際に発展させることができません。

このような理由から、バイト先で大学生が彼女を作ることは意外と難しいのです。特に、「彼女いない歴=年齢」の男性はもっと効率的な彼女作りの方法を実践しなければいけません

将来性のない男性はモテない

フリーターや非正規社員だと、恋愛において不利に働いてしまう場合があります。定職に就かない男性は「将来的な安定性がない」というイメージをもたれてしまうため、結婚を考える女性から避けられるからです。

また、学生であっても学歴によってはモテない可能性もあります。例えば、国公立大学や有名私立大学に通っている男性は女性から高い評価を得られますが、無名大学だと「将来性がない」と判断される可能性があります。

多くの女性は経済力のある男性を好きになる傾向があります。結婚や子育てなど、相手の男性との未来を考えると「お金」が必要になるため、女性はパートナーを選ぶときに男性が家族を養う能力も考慮しているのです。

さらに女性は結婚相手を選ぶときに限らず、彼氏を選ぶときも同じように考えます。フリーターは不安定な仕事であるため、経済力で女性を満足させることは難しいです。

結果的に「フリーターとは付き合えない」と思われるため、正社員と比べると彼女を作りにくい職業であると言えます。

ここで厚生労働省が調査した統計を紹介します。35歳未満の未婚男性3,667人を対象に現職業と異性との交際状況を調べました。その結果から以下のグラフを作成しました。

出典:第14回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)

このようにパートやアルバイトの男性は、他の職業と比較すると彼女を作ることが難しいと分かります

しかしフリーターでも、19%の男性には彼女がいるため諦めてはいけません。この19%の男性に入るためには魅力的な男性だと思ってもらえるような工夫や努力が必要です。そのため、フリーターでも付き合いたいと思わせるようなテクニックを理解しましょう

バイトだけでなく恋活アプリ(マッチングアプリ)で彼女ができる

彼女を作りたいとき、バイト先での出会いだけでは非効率的です。そもそも、バイト先では知り合える女性の人数が限られており、年齢が離れていたり、彼氏がいたりするからです。

そこで、出会いを増やすためにバイトを掛け持ちすることを考えるかもしれませんが、これでは知り合える女性の数はあまり増えません。そのため、バイトを掛け持ちするのではなく、恋活アプリ(マッチングアプリ)を始めた方が簡単に彼女を作ることができます。

恋活アプリはスマホやパソコンから利用できるアプリであり、恋人募集中の男女が登録しています。恋活アプリに登録していれば、以下のようなプロフィール一覧から好みの女性を選び、アプローチすることができます。

具体的なアプローチ方法として、気に入った女性がいれば「いいね」を送ります。あなたからの「いいね」を受け取った女性があなたのプロフィールを確認して「いいね」を返してくれるとマッチング成立となりメッセージのやりとりができるようになります。

以下は、実際に恋活アプリのPairs(ペアーズ)でマッチングした女性とのやりとりになります。

このように恋活アプリに登録している女性からするとお互いに恋人を探しているので話が早いです。要するに、相手に彼氏がいるかどうかを聞く必要がありません。また、意気投合したタイミングでデートに誘えば実現する可能性が高いです。

私は恋愛経験が少なく、女性をデートに誘うにはどうすれば良いか全くわからなかった時期があります。しかし、恋活アプリを利用するようになってからは複数の女性とデートに行くことができました。以下は、恋活アプリで知り合った女性と猫カフェデートをしたときの写真です。

デートに誘うときのコツとして、事前に女性のプロフィールを熟読しましょう。プロフィールに「趣味は映画鑑賞」と書いてあれば、マッチング後にメールで「好きな映画」「最近見たい映画」などの話題で会話をします。

そこで会話が続けば「今度一緒に映画を見に行きませんか?」と誘うと良いです。こういったデートを繰り返してから告白すれば彼女を作ることができます。

恋愛経験の少ない男性は同時並行で彼女探しをすべき

彼女ができない男性が恋活アプリを利用したほうが良い理由は他にもあります。彼女ができない原因として「恋愛経験の少なさ」がある男性は、恋活アプリを利用して数をこなすことで恋愛経験のレベルを上げることができます。

うまく恋愛をするテクニックは実際に女性とメールをしたりデートに行ったりと、実践経験を積まなければ身につきません。そこで、恋活アプリでは気になる女性に対してひたすら「いいね」を送りましょう。

そうして「メール → デート → 告白 → 交際」という流れを実践すると良いです。最初のうちは失敗するかもしれませんが、徐々にコツをつかんできます。

ちなみに、このようなアプローチの方法は恋活アプリでなければ大変なことになってしまいます。例えば、バイト先にいる複数の女性に対して同時並行でデートに誘うと、一瞬で噂が広まり気まずい雰囲気になってしまいます。

しかし、恋活アプリでは複数の女性にアプローチしていることはバレません。こっそりと恋愛経験を積みたいときに恋活アプリは最適なツールとなります。

私も恋活アプリを始めたばかりの時期は、女性とメールのやり取りをするだけでも緊張していました。しかし、休日はできるだけデートの約束をして実践経験を積みました。当然ながらLINEをブロックされ、永久に既読がつかない経験もしました。

このような試行錯誤を繰り返すと恋愛経験も上がり、意気投合する女性も増えるようになりました。

例えば、恋活アプリのPairs(ペアーズ)で知り合った女性とは花火大会に行ったり、焼肉に行ったりとデートを繰り返し、3回目のデートのときに告白しOKしてもらえました。以下は付き合ってから水族館デートをしたときの写真です。

そのあとはホテルでイチャイチャしました。

(ホテル画像1)

恋愛に慣れていない男性には良くあることですが、「早く付き合いたい」と焦る気持ちを抑えられないことがあります。そのため、知り合ってすぐに告白し、ホテルに連れ込もうと考えてしまいます。

しかし、このような方法をとると女性はドン引きしてしまうため徐々に距離を縮めて女性のペースに合わせると良いです。そのため、私は告白をするのはデートを3回以上繰り返してから、ホテルに誘うのは付き合ってからと決めています。

彼女が欲しいとき似た境遇の女性を検索すると仲良くなりやすい

フリーターとして働き、定職に就いていない男性は女性から恋愛においてマイナス評価を受けてしまうことは仕方ありません。しかし、フリーターでも彼女を作る可能性を少しでも上げるテクニックがあります。

それは、自分と似た境遇の女性を探すことです。人間には自分と共通点の多い人を好きになる心理があるため、共通点が多いほど恋愛に発展しやすいです。

そこで恋活アプリに搭載されている検索機能を使うと便利です。以下はPairs(ペアーズ)の検索画面になります。

このような項目で条件を絞り込むと、条件に会う女性のプロフィールが表示されます。ここで年齢や職業など自分と似たような女性に「いいね」を送ると反応率が高くなります。例えば、フリーターの女性を探してアプローチすればマッチングしやすいです。

また、趣味などの共通点を見つけるためのコミュニティー機能も便利です。例えば、あなたがバンドマンであれば「バンド活動をしている」「バンド大好き!」といったコミュニティーに登録している女性にアプローチしましょう。

そうすればメールをするときに共通の話題で盛り上がることができるため、「フリーターであっても関係ない」と思ってもらうことができます。

また、共通点があればデートの行き先も簡単に決まります。デートでお互いの趣味の話をたくさんすれば女性を楽しませることができるため、付き合える可能性は高まります。このようにして、フリーターの彼女やバンドが好きな彼女を作ることができます。

まとめ

彼女を作りたいとき、バイト先で彼女探しをする男性は多いです。しかし彼女の作りやすいバイト先で働いたとしても、彼女を作ることは難しいです。それは「好みの女性がいるとは限らない」「相手が彼氏募集中か聞く必要がある」といった原因があるからです。

バイト先で彼女を見つけるよりも効率的な方法として恋活アプリ(マッチングアプリ)で彼女を探すテクニックがあります。恋活アプリを利用すれば女性とメールをしたりデートの約束をしたりすることが簡単にできます。

恋活アプリでは似た境遇の女性を検索してアプローチすればマッチング率が高まるため、趣味や年齢などが近い女性に「いいね」を送りましょう。そうしてデートを繰り返して告白すれば彼女を作ることができます。

マッチングアプリを使えばすぐに彼女を作れる

彼女を作るとき、女性との出会いを増やすことが最初のステップになります。しかし、合コンに参加したとしても2〜3人へのアプローチで終わってしまうため、モテない男性の場合は1回の合コンで彼女を作れる可能性は低いです。

一方で、恋活アプリ(マッチングアプリ)を利用すれば、同時並行で複数の女性にアプローチできるだけでなく、自分の好みの女性を絞り込んでデートに誘うことができるため効率的です。

また恋活アプリでの彼女探しなら、職場や学校でバレるリスクはほとんどありません。そのため、こっそりと彼女探しをしたい男性にとって必須のアプリとなります。

ただ、恋活アプリによって「会員数が多い」「20代前半の女性が多い」「バツイチでもOK」など特徴が異なります。また、ブサメンなど彼女作りにハンデを背負った男性の場合は、より効率的に出会いを増やすために、複数の恋活アプリを同時に利用する必要があります。

以下のページで恋活アプリ(マッチングアプリ)の特徴を解説しているため、それぞれの特徴を理解した上で利用する恋活アプリを決めれば、圧倒的に彼女を作りやすくなります。