大学のサークルで彼女を作ろうと考える男子大学生は非常に多いです。大学サークルに入れば先輩・後輩だけでなく、他学部の女性との出会いを増やます。

そのため、私についても大学時代に「サークルの飲み会は出会いのチャンス」だと考えていました。しかし、サークルに入るだけでは彼女を作ることはできません。女性にアプローチして、自分のことを気に入ってもらう必要があるからです。

ただし、サークルでむやみに女性にアプローチするのは危険です。サークルメンバーに告白して振られてしまったら、その噂はサークル中に知れ渡ってしまうからです。このようなリスクを防ぐため、サークルでの彼女作りは慎重になる必要があります。

そこでここでは、大学サークルで彼女を作るとき、「どうすれば良いか」「リスクを避ける方法」について説明します。

サークルで彼女作りをするときのメリット・デメリット

大学入学を果たした男性であれば、サークルで彼女を作ることに憧れる人が多いでしょう。中には「彼女を作るためにサークルに入る!」と意気込んで女子比率の高いサークルを選ぶ人もいます。

実際にサークルに入ると「新入生歓迎コンパ」「追い出しコンパ」などの飲み会が開催されるため、女子メンバーとの交流を増やすことができます。

ただし、女子比率の高いサークルに入ったとしても、彼女を作ることは簡単ではありません。メリット・デメリットを理解した上でサークルでの彼女探しを考える必要があります。

サークルでは先輩・後輩との出会いが広がる

私自身も大学時代はサークルに所属し、女子メンバーとの出会いを増やすことができました。サークルには他学部の先輩・後輩が所属していることが大きな要因だったと思います。

また、大学によっては他大学からも参加できるインカレサークルもあります。そのようなサークルでは、さらに出会いを増やすことができます。

私については、スポーツ系のサークルに所属していましたが、女性との距離が縮まったのは普段の練習ではありませんでした。定期的に開催される飲み会で女子メンバーと隣の席になり、会話をするようになりました。例えば、以下は新歓の様子になります。

このとき、座席はくじ引きで決まるため、女子メンバーと隣の席になるときもありました。

私は奥手な性格ですが、サークルに所属していれば自動的に「新歓」「追いコン」などが開催されるため、無理なく女子大生と一緒にお酒を飲むことができたのです。

サークルでの彼女探しは失敗のリスクが大きすぎる

ただし、サークルでの彼女探しをするデメリットとして、失敗したときのリスクが大きすぎるという点が挙げられます。当然ながら、大学サークルで出会った女性に告白しても振られてしまう可能性があります。

ただ振られるだけであればダメージは少ないですが、同じサークル内での噂話はすぐに広まってしまいます。特に、女性は恋愛に関する噂話が大好きであるため、女子比率の高いサークルであるほど、あなたの失敗談が拡散されてしまいます。

私が所属していたサークルでも、「A君は、Bさんに振られたらしいよ」などという噂が飛びかっていました。このようなリスクを考慮して彼女探しをしなければいけません。

彼女を作るためのサークルの選び方

サークルで彼女を作るためには、サークル選びから始めなければいけません。男だけのサークルに入っても女子大生と出会える可能性は低いからです。加入するサークルを間違ってしまうと、彼女を作ることが難しくなってしまいます。

しかし、どのようなサークルに入れば良いか親切に教えてくれる先輩は存在しません。特に、男子の先輩は「彼女が欲しい」と切実な願いを持っている場合が多いため、ライバルにアドバイスをするような人格者は少ないです。

また、「彼女が作れるサークルを教えてください!」と先輩や友達に質問することは、恥ずかしさを伴います。そのため、彼女を作るためのサークル選びの方法を自分でリサーチする必要があります。

これからサークル選びを考えている新入生は以下の点に注意してサークルを選ぶようにしましょう。

人数が多いサークルに入る

サークルによっては参加メンバーが数人程度で、小規模なものもあります。例えば、私の大学には「室内楽研究会」というサークルがあり、全員で15名程度しかメンバーがいませんでした。

このような少人数のサークルに入ると、出会いの数が減ってしまうことは明らかです。また、彼氏持ちの女子メンバーがいると、それだけ彼女候補となる女性の数は減ってしまいます。

例えば、女子メンバーが5人のうち、3人が彼氏持ちだった場合、アプローチできるのは残りの2人のみとなってしまい、それだけ選択肢が狭くなってしまいます。

このような事態を防ぐためにも、できるだけメンバーの人数が多いサークルに入るようにしましょう。そうすれば、彼氏募集中の女性と出会える可能性が高まります。

また、人数が多いサークルの場合、毎年のように新入生が入ってきます。そのため、毎年のように出会いのチャンスが広がります。

男女比が50:50に近いサークルが良い

また、サークル選びのときにはメンバーの男女比も重要になります。男性メンバーしかいないサークルに入ったとしても女性との出会いを増やすことができません。そのため、「自動車工学研究会」「アマチュア無線クラブ」のように明らかに男性しかいないサークルは選んではいけません。

逆に、女子ばかりのサークルも微妙です。例えば「茶道部」は女子比率が高いですが、そこに男子が一人だけいる場合、かなり浮いた存在になってしまいます。

その結果、周囲から孤立してしまう可能性があります。最悪の場合、自分以外のメンバーでLINEグループが出来上がっていることもあるため、女子しかいないサークルに入るのはNGです。

要するに、男女比が50:50に近いサークルを選ぶようにしましょう。そうすれば自然に女子メンバーとの出会いを増やすことができます。

経験者である種目を選ぶ

過去に経験したことのある種目があれば、その種目のサークルを選ぶと女性からの評価が高まることがあります。例えば、中学・高校時代にテニス部だった男性は大学でもテニスサークルに加入すると良いでしょう。

特にスポーツ系のサークルであれば、その種目のレベルが高い男性は周囲のメンバーから勝手に尊敬されることになります。

私についても、中学・高校時代に卓球部だったため、大学でも卓球サークルに入りました。そこで先輩と試合をして勝利すると、「〇〇くんすごい!」と言われました。その回数は数え切れません。

卓球のようなダサい種目であっても経験者であれば、実力によってサークル内でのステータスをあげることができます。そのため、テニスやサッカーなどの経験者であれば、さらにステータスを高めることができます。

女性心理ではこのようにステータスのある男性を好む傾向があることが知られています。多くの女性は彼氏選びの基準として「学歴」「職業」などを挙げることからも分かるはずです。

これは大学のサークルの地位であっても当てはまります。そのため、どのようなサークルに入れば自分のステータスをあげることができるかということもサークル選びの基準になります。

大学サークルの飲み会で彼女を作る方法

なお、サークルで女子大生との出会いが増えたとしても、彼女ができるとは限りません。女性との出会いを増やしただけで彼女ができるのはイケメンだけだからです。実際に私が所属していた卓球サークルでもカップルになるのは美男美女ばかりでした。

イケメンは待っているだけでも女性から声がかかるため、出会いの数を増やすほど彼女ができる確率は高まります。一方で、ブサメンが彼女を作るには自分から女性にアプローチする必要があります。

しかし、アプローチを頑張りすぎると失敗のリスクが高まってしまいます。これを図にすると以下のようになります。

そこで、できるだけ失敗のリスクを下げるために以下のステップで女性にアプローチしましょう。

  1. 飲み会で女性メンバーとコネを作る
  2. 少人数グループを作って遊びに行く
  3. 脈ありの女性を見つけてアプローチ

このような手順に従うと、大学サークルで彼女を作れる可能性が高まります。また、失敗するリスクも減らすことができます。ここからは、上記ステップの具体的な方法について解説します。

サークルの飲み会では女性メンバーとコネを作る

大学のサークルの出会いから彼女を作りたい場合、仲良しの男子メンバーと盛り上がっても意味がありません。そのため、積極的に女性と会話をすることを意識しましょう。

例えば、飲み会の一次会では、隣同士の席に座った女性と積極的に会話しましょう。しかし、たまたま隣の席に座った女性に、突然アプローチするとドン引きされてしまいます。

そこで、サークルの飲み会では隣に座った女性と仲良くなることだけを考えて会話をするようにします。

なお、このとき会話をする女性はあなたのタイプの女性である必要はありません。以下のようにサークルの女性メンバーとのコネができれば、彼女作りにプラスに働くからです。

要は、飲み会で仲良くなった女性を利用して付き合えそうな女性を見つける戦略をとります。また、あなたのタイプの女性と飲み会の席で必ずしも隣同士になれるとは限らないため、徐々にステップを積み重ねることが大切です。

なお、女性と仲良くなるコツとして、共通点に関する話題をネタにすると会話が盛り上がりやすいです。そのため、同じサークルに入っている女性であれば、会話ネタはサークルについての話題が無難でしょう。

学部が同じであれば、テストや勉強についての話題も盛り上がります。さらに、「あの授業の先生は面白い」など、共通点は豊富にあるため会話ネタに困ることはありません。

また、できるだけ会話を長続きさせるよう努力しましょう。そのためのテクニックとして、「質問を投げかけると会話が終わりにくい」ということを覚えおきましょう。例えば、テニスサークルの後輩と会話をするときは以下のようになります。

男:今度のテニス大会行くの?

女:行きますよ! 猛特訓中です!

男:ダブルスは誰と組むの?

女:Aちゃんと組みますよ! 二人で市民コートを借りて練習しました!

男:すごいね! テスト勉強とか大丈夫?

このように、男性側が質問を繰り返すことで会話を続けることができます。ただし、質問ばかりでは取り調べのようになってしまうため、「去年の自分も忙しかった」などあなたの意見も交ぜると効果的です。

  • 飲み会ではアプローチしてはいけない理由

大学サークルの飲み会では女性をデートに誘うなどの積極的なアプローチは控えた方が良いです。大学サークルは出会い目的の飲み会ではないため、積極的なアプローチをすると「やばい奴」だと思われる可能性があるからです。

合コンのような出会い目的の飲み会であれば、会話で仲良くなった後に連絡先を交換して、デートの約束をするのが定番のプロセスですが、このような行動は大学サークルの飲み会では大きなリスクとなります。

もしあなたがサークルの飲み会で、グイグイと女性にアプローチすると、その女性はサークルの先輩や同期に相談することになります。そうすると、あなたがチャラ男であるという噂が一瞬にしてサークルに広まってしまい、非常に気まずい雰囲気になってしまいます。

これを避けるために、サークルの飲み会では1:1のデートに誘うなどのアプローチは控えた方が賢明です。大学サークルでは出会いがたくさんあるように見えますが、このようなことを考えなければいけないため、彼女を作るのは意外と難しいです

私についても、大学サークルに入るまではサークルに対する間違ったイメージを持っていました。例えば、「飲み会ではボディータッチ」「お持ち帰りやワンナイトもある」など、ヤリサーをイメージしていましたが、そのようなサークルはほとんどありません。

健全なサークルでは、悪い噂がたたないようにしながらも、確実に彼女を作るための行動を起こさなければいけません、その方法として少人数グループを作って遊びに行くことが有効です。

少人数グループで遊びに行く

サークルでの飲み会で彼女を作るのは難易度が高いため、飲み会で女性にアプローチをしないほうが良いです。そうではなく、飲み会で仲良くなった女性を含めて少人数グループで遊びに行く提案をしましょう。

例えば、イチゴ狩りやぶどう狩りなど自称「フルーツ狩りクラブ」を結成するなど女性が喜びそうな遊びを提案すると良いです。

私についてはサークルの飲み会で仲良くなった女性と「焼肉会」を結成して月に1回のペースで焼肉に行っていました。そうすると以下のように、少人数のメンバーでの絆が深まります。

このような行動は一見すると彼女作りに関係ないように見えるかもしれませんが、実際にはあなたの彼女作りに大きなメリットとなります。

例えば、サークルの飲み会で焼肉好きの女性(Aさん)と「焼肉会」を開催しようという話がまとまったとします。このとき、あなたは2〜3人の男性メンバーを招集します。また、Aさんにも2〜3人の女性メンバーを集めるようお願いします。

要は、「焼肉会」という名目の合コンを開催することになります。「合コンを開催しよう!」と直接的に発言すると、怪しまれて参加してくれる女性が少なくなってしまうかもしれません。

また、あなたが合コンを開催するようなキャラでない場合は「どうしたの?」と引かれてしまいます。そのため、「焼肉会」などとカモフラージュして合コンを開催するとうまく女性を集めることができます。

このとき、女性のAさんがどのように声をかけるかというと、「今度〇〇君と焼肉に行くけど、一緒にいかない?」となります。

これで集まってくる女性メンバーは少なくとも、あなたのことが嫌いな女性は含まれません。あるいは、Aさんが気を遣って、あなたに興味のある女性や彼氏のいない女性に声をかけてくれるかもしれません。

そのため、合コン(焼肉会)に集まってくれた女性にアプローチすれば成功確率がかなり上がります。また、定期的に焼肉会を開催すれば、仲間意識も芽生えるため、距離感がかなり縮まります。

脈ありの女性を見つけてアプローチする

あなたが開催した「焼肉会」という合コンでは、脈アリの女性を見つけることが重要です。脈アリの女性にアプローチすれば失敗することはほとんどないからです。このとき、女性が匂わす脈アリのサインとして次のようなことがあります。

  • あなたの隣の席に座る
  • ボディタッチが多い
  • LINEを送ってくれる

このようなサインを送ってくれる女性を見つけることができたら、1:1のデートに誘ってみると良いでしょう。イメージとしては以下のようになります。

サークルや大学などでの彼女探しは失敗したときのリスクが大きすぎるため、このように脈アリの女性に絞ってアプローチすることがコツになります。そうすることで、安全に恋活をすることができます。

ただし、現実的には上記のような脈ありサインを出してくれる積極的な女性はほとんど存在しません。そうした場合はこちらからのアプローチが難しくなってしまうので注意しましょう。

ちなみに、私の場合は女性からの脈ありサインを確認せずに、同じサークルの同級生の女性にアプローチしてしまったことがあります。そのときは以下のようなLINEになってしまいました。

このようになると、サークルで顔を合わせるのが非常に気まずくなってしまいました。そのため、片思いのサークルメンバーにアプローチするときは、慎重に相手の脈ありサインを確認してからの方が良いです。

彼女を作りやすいのはサークルよりマッチングアプリ

上記のように少人数グループの合コンに参加してくれた女性を口説いたとしても、失敗する可能性が残ります。実際に私についても上記のように誘いを断られてしまいました。

そこで、彼女を作るという目標を達成するには、リスクゼロで彼女を作る方法を考えた方が安全です。そのために有効な方法としてマッチングアプリ(恋活アプリ)の利用があります。

例えば、Pairs(ペアーズ)やwith(ウィズ)のようなマッチングアプリに登録すると、失敗したときのリスクをゼロにすることができます。

マッチングアプリで出会う女性は、普段は関わりのない女性が多いです。例えば、専門学校を含め他大学の女子大生、あるいは社会人として働いている年下女性などと出会うこともできます。

そのため、あなたとの関係が噂になって広まってしまう可能性はほとんどありません。マッチングアプリを利用すれば、失敗のリスクをゼロにできるため、サークルで女性と接点を持つことが苦手な男性や、失敗リスクが怖い男性はマッチングアプリを利用すれば良いです。

  • 現時点でサークルに入っていない男子大学生はマッチングアプリがおすすめ

また、サークルでの彼女作りはサークル選びから始まっています。そのため、現時点で大学のサークルに入っていない大学2年生や大学3年生が、これからサークルに入って彼女作りをするのは遠回りになります。

途中からサークルに入っても、勝手が分からず存在が浮いてしまうからです。イケメンであれば自然と馴染むことができますが、そうでなければ卒業するまで「不思議な立ち位置」の男性になってしまいます。

このような状態で彼女を作ることは非常に難しいです。それに比べて、マッチングアプリでの恋活では、こうした人間関係を考える必要がないため、気楽に女性との出会いを増やすことができます。

マッチングアプリ(恋活アプリ)で彼女を作る難易度は?

マッチングアプリ(恋活アプリ)での彼女探しは失敗したときのダメージが小さいだけでなく、彼女を作りやすいというメリットもあります。マッチングアプリと大学サークルでの彼女作りの難易度を図示すると以下のようなイメージになります。

実際に、私についても大学のサークルでは彼女を作ることができませんでした。しかし、大学3年生のときにマッチングアプリを使ったところ、初めての彼女を作ることができました。

例えば、以下は現在の彼女とマッチングアプリのPairs(ペアーズ)で初めてメッセージのやりとりをしたときの内容です。

ここから旅行など共通の趣味で会話を続け、デートの約束をしました。初デートはカフェと水族館になりました。以下はそのときの写真になります。

この女性とデートを繰り返しながら距離を縮め、3回目のデートで手を繋いでみました。そのとき拒否されなかったため、告白してみるとOKをもらうことができました。また、付き合ってから約1ヶ月後にはホテルに行くこともできました。

(ホテル画像1)

このように、マッチングアプリで彼女を作る方が確実で効率的な方法であることに気づいたのです。

まとめ

大学サークルで彼女を作りたいと思っていても、それを実現させることは難しいです。大学サークルは出会い目的の合コンではないため、下手なアプローチをするとドン引きされてしまいます。また、失敗したときにサークルメンバーで噂が広がってしまうリスクがあります。

そこで、サークルで彼女を作るとき、飲み会で女性メンバーとコネを作り、気の合う少人数のメンバーでグループを作ると良いです。そこから脈ありの女性に絞ってアプローチをすれば成功確率を高めることができます。

ただし、サークルで彼女候補を探すより、マッチングアプリで恋活をする方が確実であり、安全性も高いです。当然ながら、マッチングアプリには女子大生も多く登録しているため、同年代の女性との出会いも増やすことができます。

サークルでの彼女探しが難しい男子大学生はマッチングアプリでの恋活を考えてみると良いでしょう。

マッチングアプリを使えばすぐに彼女を作れる

彼女を作るとき、女性との出会いを増やすことが最初のステップになります。しかし、合コンに参加したとしても2〜3人へのアプローチで終わってしまうため、モテない男性の場合は1回の合コンで彼女を作れる可能性は低いです。

一方で、恋活アプリ(マッチングアプリ)を利用すれば、同時並行で複数の女性にアプローチできるだけでなく、自分の好みの女性を絞り込んでデートに誘うことができるため効率的です。

また恋活アプリでの彼女探しなら、職場や学校でバレるリスクはほとんどありません。そのため、こっそりと彼女探しをしたい男性にとって必須のアプリとなります。

ただ、恋活アプリによって「会員数が多い」「20代前半の女性が多い」「バツイチでもOK」など特徴が異なります。また、ブサメンなど彼女作りにハンデを背負った男性の場合は、より効率的に出会いを増やすために、複数の恋活アプリを同時に利用する必要があります。

以下のページで恋活アプリ(マッチングアプリ)の特徴を解説しているため、それぞれの特徴を理解した上で利用する恋活アプリを決めれば、圧倒的に彼女を作りやすくなります。