シングルファザーの男性でも、彼女が欲しいと思うのは普通のことです。しかし、彼女を作りたくても、思い通りに行動できないことが多いのではないでしょうか。

例えば、「シンパパは恋愛対象と見なされない」「彼女を子供に紹介する方法が分からない」など、シングルファザーならではの障壁が現れます。

このような難しい恋愛をクリアするには、戦略を立てて行動しなければいけません。気まぐれで行動すると、失敗しやすく家庭崩壊の可能性もあります。

そこで、バツイチ子持ちの男性が彼女を作るときの方法、シングルファザーが気をつけるべき注意点について説明していきます。

離婚後、シンパパが新しい彼女を作るのは難しい?

シングルファザーであっても、新しい彼女が欲しいと思うことは自然なことです。人類は本能的に新しいパートナーを持ちたいと思うからです。しかし、シングルファザーが彼女を作るとき、以下の2点をクリアする必要があります。

  • シングルファザーと恋愛できる女性を探す
  • 育児や仕事と両立させる

まず、シングルファザーを恋愛対象として考えてくれる女性が少ないことを理解しましょう。ここで、客観的なデータを紹介します。女性が結婚相手を選ぶとき、「相手の結婚歴を重視するか?」というアンケート調査の結果を以下のようにグラフ化しました。

出典:エクシオ

シングルファザーの男性が彼女候補にできるのは「再婚(子供あり)でもOK」「特にこだわらない」という回答をした女性になります。この女性の割合は全体の26%だという事実を理解しなければいけません

そのため、片思いの女性がいた場合、「彼氏の有無」を聞くだけでなく、「シンパパが恋愛対象か」についても確認しなければいけません。そうしなければ、LINEを交換できたとしても恋愛に発展することはありません。

こうしたことから、シングルファザーは職場恋愛のような自然な出会いから彼女を作ることは難しいことを理解しましょう。

・家事や仕事と両立させる

シンパパでも恋愛対象として見てくれる女性と出会うには、出会いの数を増やすしかありません。しかし、合コンや街コンなどに頻繁に参加するのも気をつける必要があります。

彼女探しを優先しすぎて育児がおろそかになってはダメです。そうなれば、子供は「自分との時間より、女と遊ぶことを優先した」と考えるようになります。

子供との距離ができてしまうと、彼女を紹介しても受け入れてくれなくなります。それを防ぐために、家事や仕事に対して手を抜かずに女性との出会いを増やすことが重要です。

シンパパはマッチングアプリで出会いを増やすべき

上記のような状況を解決するには、女性と出会う方法を工夫しなければいけません。具体的には、シンパパでも恋愛対象の女性と効率良く出会う方法を考えます。

このとき、利用可能な方法はたくさんあります。例えば、結婚相談所、街コン、合コン、マッチングアプリなどが代表的です。それぞれにメリット・デメリットがありますが、シングルファーザーはマッチングアプリ一択になります

マッチングアプリを利用することで、子供との時間を確保しながら出会いを増やせるからです。一方で街コンなど出会いの場に参加する機会が増えると、外出する必要があり、子供と一緒に過ごす時間を犠牲にすることになります。

それでは、実際にどのようにすれば、マッチングアプリで彼女候補の女性と出会えるか説明していきます。

バツイチ子持ちでもOKな女性とマッチングする方法

シングルファザーが女性との出会いを増やすとき、シンパパでも大丈夫な女性に絞ってアプローチしましょう。

このとき、マッチングアプリの自己紹介文に、あなたがシンパパであることを明記しておく必要があります。例えば以下のような文章をプロフィールに書き加えるようにしましょう。

このようにハッキリとプロフィールに書いておけば、「バツイチ男性NG」と考える女性を排除することができます。また、「バツイチですが大丈夫ですか?」などと質問しなくても良くなります。

マッチングアプリでは女性のプロフィールを確認して「いいね」を送ります。「いいね」を受け取った女性があなたのプロフィールを確認して「いいね」を返してくれるとマッチング成立となり、メッセージのやりとりができるようになります。

メッセージから始まり、無駄な飲み会はない

また、マッチングアプリでの出会いはメッセージから始まります。メッセージでお互いのことを理解してからデートの約束をするのが基本的な流れになります。

このとき、メッセージ相手と必ずデートする訳ではありません。メッセージの段階で「タイプじゃない」と思った女性とは関係を切り、別の女性にアプローチして問題ありません。このように、マッチングアプリでは音信不通が「脈なし」のサインになります。

残酷なイメージを持つかもしれませんが、効率は最強に良いです。例えば、以下のようなメッセージの女性だと付き合わないほうが良いことは一瞬で分かります。

そうして、複数の女性とメッセージのやりとりをし、意気投合した女性とだけデートするようにしましょう。こうすることで、仕事や育児をやりながらでも、女性と出会うことができるようになります。

真剣に再婚相手を探したいなら、恋活アプリのマリッシュ

なお、マッチングアプリで恋活するとき、利用するマッチングアプリの選択が重要になります。これはマッチングアプリによって、登録している女性のタイプが全然違うことが原因です。そのため、どのアプリを選ぶかで出会える女性が異なります。

例えば、恋活アプリのwith(ウィズ)やタップル誕生には18〜20代前半の女性が多く登録しています。一方で、Omiai(オミアイ)には20代〜30代前半の女性が多いです。

マッチングアプリには様々な種類がありますが、シンパパが登録すべきアプリは、恋活アプリのマリッシュになります。マリッシュは離婚歴のある男女、あるいはシンママ・シンパパが多く登録するアプリになります。

マリッシュに登録している女性は、「シンパパとの恋愛もあり」と考える女性が圧倒的に多いです。そのため、マリッシュを利用すると、女性と両想いになれる可能性が高まります。

ただし、あなた自身も女性の過去に対して許容しなければいけません。たとえ相手女性に離婚歴があったとしても受け入れましょう。そうすることで、彼女ができる確率を高めることができます。

また相手に離婚歴があれば、再婚もスムーズに進みます。しかし、相手が初婚であれば、相手の両親は基本的に反対してきます。それを納得させるために、根気よく誠実性をアピールしなければいけません。

そういった意味でもシングルファザーが再婚相手を選ぶときは離婚歴のある女性、あるいはシングルマザーを選ぶと難易度は低くなります。

ちなみに、「女性に離婚歴があるか」「子持ちかどうか」はプロフィールに記載があるため、直接質問する必要はありません。マリッシュでは実際には以下のような画面で確認します。

また、条件を検索して女性を絞り込むこともできます。例えば、あなたの許容レベルが「バツイチ女性は可」「シンママはダメ」という場合だった場合、両方の条件に合致する女性だけを表示させることもできます。

彼女探しをしていることは子供に伝える

シングルファザーの男性に彼女ができたとしても、そこでゴールではありません。子供に彼女の存在を受け入れてもらうまで気を抜いてはいけません。このとき、最悪なパターンは子供に相談せずに、いきなり彼女を対面させることです

突然彼女を会わせてしまうと、人見知りが発動してしまいます。この場合、彼女に対する第一印象は悪くなってしまい、子供と彼女の関係がギクシャクしてしまいます。

そこで、事前にあなたが彼女を作ろうと考えていることを子供に相談しなければいけません。そうすることで、子供自身も心の準備ができるため、あなたの新しい彼女を認めてくれるようになります。

このとき、上手な相談方法は食事中に子供と「恋話」をすることです。例えば、「クラスに好きな子いるの?」などになります。その流れで「パパが彼女作ったらどうする?」と聞いてみます。

一方的に自分の話をするのではなく、最初は子供に質問して、後から自分の話をするのがコツになります。そうすることで、子供は相談に乗ってくれます。

さらに「どんな人だったらいいと思う?」と質問したり、「逆にあなた(子供)はどんな人がタイプ?」と聞いたりしてもいいです。このように恋愛についてフランクに話せる関係を作っておくことが重要です。

そうした状態で新しい彼女を紹介します。なお、最初に対面するとき、子供が楽しめる場所を選ぶのがいいです。幼い子供であれば水族館や動物園、小学生以降だと遊園地やバーベキューなどです。

再婚までには時間をかけるべき

子供との対面が成功したとしても、油断は禁物です。再婚するまでには十分に時間をかける必要があり、具体的には以下の段階をクリアしなければ再婚してはいけません。

当然ですが、再婚して家族になるとき、親同士で勝手に決めてはいけません。子供の意見も尊重しなければ家庭崩壊に繋がってしまいます。そこで、あなたの子供が再婚相手を受け入れ、相手の子供があなたを受け入れるようなプロセスが必要です。

このとき注意しなければいけないのが、子供の年齢によって対策が異なることです。例えば、小学校低学年まで(10歳以下)の子供であれば、遊びに出かける頻度を増やすことで自然に距離が縮まります。

一方で、10歳以上の子供であれば、子供扱いしてはいけません。遊びの頻度を増やし、距離を縮めてから「大切な話がある」ということを伝えて、再婚しようと考えていることを丁寧に説明します。

このように、子供の年齢によって対応を変えることで再婚相手を受け入れてくれる可能性が高いです。

連れ子の相性も再婚には重要

シンパパ、シンママ同士で再婚した場合、連れ子同士の相性が悪ことで悩んでしまうパターンもあります。そのため、再婚に踏み切る前に子供同士を仲良くさせることも必須条件になります。

このとき連れ子同士の共通点を探し、一緒に楽しませる方法が有効です。例えば、クリスマスに最新のゲーム機をセットでプレゼントし、いつでも通信対戦できるようにするなどの工夫が必要になります。

女同士の連れ子でも、共通点をきっかけに仲良くするといいです。例えば、一緒にショッピングに行き、お揃いの洋服をプレゼントするといった方法が有効です。

ただし、連れ子が男女の場合が難しいです。恋愛感情が伴うと、非常に気まずい関係になってしまうため、無理やり距離を縮める必要はありません。そうした場合、話し合いに持ち込み、事情を丁寧に話して納得してもらう方向を目指しましょう。

再婚が難しいなら事実婚も視野に入れる

ここまで説明した条件を全てクリアするのは実際には難しいこともあります。そうしたとき、入籍を急ぐ必要はありません。事実婚として入籍を先延ばしにし、良きパートナーとして過ごすのも一つの戦略です。

事実婚では配偶者控除が受けられないなど税金や年金でのデメリットがありますが、家事を分担したり、精神的に頼れたりするパートナーがいるメリットは大きいです。また、子供の思考回路が成熟するのを待つこともできます。

例えば、子供が再婚を嫌がっていたとしても、大人になると考えが変わることは多いです。事実婚の状態でパートナーと良好な関係が続いていれば、子供も納得してくれる可能性は高くなります。

また、苗字が変わってしまうタイミングを高校卒業のタイミングに合わせることで、ストレス軽減にも繋がります。このように再婚を急がず、事実婚の状態で入籍のタイミングを考えながら過ごすことも視野に入れておきましょう。

まとめ

シングルファザーが彼女を作るとき、「シンパパでもOK」と考える女性にアプローチする必要があります。合コンや紹介といった方法では難しいですが、マッチングアプリ(恋活アプリ)だと簡単に出会うことができます。

また、マッチングアプリを利用すればメッセージから距離を縮められるので育児の時間を潰さずに恋活が可能になります。

なお再婚する場合は、じっくりと時間をかけて家族になる必要があります。このとき、「親と連れ子の相性」「連れ子同士の相性」を良好にするための工夫が必要です。

さらに、再婚のタイミングについても慎重に検討しましょう。そうすることで再婚を実現させ、新しい家族を作ることができます。

マッチングアプリを使えばすぐに彼女を作れる

彼女を作るとき、女性との出会いを増やすことが最初のステップになります。しかし、合コンに参加したとしても2〜3人へのアプローチで終わってしまうため、モテない男性の場合は1回の合コンで彼女を作れる可能性は低いです。

一方で、恋活アプリ(マッチングアプリ)を利用すれば、同時並行で複数の女性にアプローチできるだけでなく、自分の好みの女性を絞り込んでデートに誘うことができるため効率的です。

また恋活アプリでの彼女探しなら、職場や学校でバレるリスクはほとんどありません。そのため、こっそりと彼女探しをしたい男性にとって必須のアプリとなります。

ただ、恋活アプリによって「会員数が多い」「20代前半の女性が多い」「バツイチでもOK」など特徴が異なります。また、ブサメンなど彼女作りにハンデを背負った男性の場合は、より効率的に出会いを増やすために、複数の恋活アプリを同時に利用する必要があります。

以下のページで恋活アプリ(マッチングアプリ)の特徴を解説しているため、それぞれの特徴を理解した上で利用する恋活アプリを決めれば、圧倒的に彼女を作りやすくなります。