大学院生なら論文を読んだり、学会の準備をしたりと研究で忙しくても、彼女を作ってプライベートも楽しみたいと考えた経験があるでしょう。しかし、いざ彼女を作りたいと思っても、うまくいかないことが多いのではないでしょうか

大学院で研究を進めるコツは理解できても、彼女を作る方法を知らない学生は多いと思います。私も学生のとき、同じような状況に陥っていました。研究の方法は教授や先輩が教えてくれるのに、恋愛の方法を教えてくれる人は少ないです。

彼女を作る方法を私に教えてくれた先輩はいましたが、彼はイケメンで学歴も上だったので全く参考になりませんでした。

そこで、顔面偏差値は低いながら、23歳のときに彼女ができた私の経験をもとに、「彼女いない歴=年齢」の大学院生でも効率的に彼女を作る方法を詳しく解説しています。

忙しくて彼女できないは言い訳

私が学生のとき、「なんで彼女作らないの?」という質問に答えるのに苦労しました。「ちょっと研究が忙しくて」といつも答えていましたが、今になって考えると、これは自分がモテない言い訳だったことに気づきました。

私より研究室が忙しくても恋人のいる大学院生はたくさんいたからです。例えば、毎日深夜2時まで研究をして、学会発表や論文投稿を繰り返していた友人は大学時代から付き合っている彼女がいました。

なぜ、彼女ができないのか。それは大学院の研究が忙しいからではなく、あなたが彼女の作り方を知らないだけという事実を理解しましょう。要するに、恋愛経験が足りないのです。

ただ、これは仕方のないことです。あなたは大学に入るために受験勉強をして大学受験をクリアしてきました。さらに、将来の目標のために一生懸命に研究をしています。つまり、彼女を作るための行動はほとんどしてこなかったのです。

その結果、どのようにメールをすればデートに誘えるか、さらにはどんな会話をすれば女性があなたのことを好きになるか分からないのです。

しかし、20代前半であれば、まだ間に合います。恋愛について正しい知識をつけ、実践により恋愛経験を積むと、大学院生でも彼女を作ることができます。私も大学5年生(6年制大学のため)のときに彼女を作ろうと決め、23歳の時に人生初の彼女を作ることができたからです。

ただ、戦略を考えず、中学生がするような恋愛をすると、痛い奴だと思われてしまいます。そこで、効率良く彼女を作る方法を勉強しましょう。

女子大学生や女子大学院生の恋愛事情

効率よく彼女を作るための最初のポイントは、女子大生や女子大学院生の恋愛事情を知ることです。あなたが大学院生であれば、彼女候補として最も距離の近い存在になるからです。もちろん、専門学生なども入りますが、恋愛は相手を知るところから始めなければなりません。

女子大生には大きく分けて、以下の3つのタイプがあります。

  • 彼氏あり
  • 彼氏なし+彼氏欲しい
  • 彼氏なし+恋愛に興味なし

この中で彼女候補にできるのは「彼氏なし+彼氏欲しい」という条件を持った女性のみです。つまり、メール(LINE)をしたりデートに誘ったりする前に、あなたが片思いをしている女性がこの条件に当てはまるか見極めなければなりません。

しかし、これが結構難しいです。普段は研究の話しかしないのに、突然「彼氏いるの?」と聞いてしまうと、不審者扱いされてしまうからです。また、このような情報は友達からの噂で伝わってくることもありますが、コミュ障で友達が少ないと、手がかりがゼロになってしまいます。

特に、恋愛経験がゼロの大学院生は直接声をかけるということでさえ大きなハードルとなってしまうと思います。

例えば、以下は私が始めて女性に告白したLINEの会話です。片思い中の女性に「彼氏いるの?」などを聞くことができずに、急に告白してしまいました。

彼氏がいる女性に告白しても、成功確率はゼロです。つまり、上記3タイプの見極めをミスると、このような恥ずかしい失敗をしないよう気をつけましょう。

このように考えると、女子大学院生は一番身近な存在なのに、彼女にするには意外と難易度が高いことがわかります。

理系院生の出会いは少ない、彼女候補は大学の外にいる

大学院生が彼女を作るためには、大学院の外で彼女候補を見つけることもポイントになります。大学院の中だけで彼女候補を探しても、候補となる女性が少なすぎてアプローチできないからです。

「彼女いない歴=年齢」であっても、彼女ができる確率がゼロではありません。つまり、何度も試行錯誤を繰り返していき、失敗を重ねることで成功確率を高めることができます。

ただ、理系院生は圧倒的に男性が多く女性が少ないので、大学の中だけで彼女候補を探しても成功確率は低いです。これは魚のいない釣り堀で、長時間粘っているのと同じです。

もちろん、薬学系のように女子の比率が高い大学院もありますが、そのような環境であっても女子と接点を作ることは難しいです。同じ講義室で授業を受けるにしても、講義が終わったあとはそれぞれバラバラで帰ることになり、そこまで接点を持たないからです。

また、レポートでわからないところがあっても、女性たちは女友達に聞きます。そこからメールのやりとりに発展することもありませんでした。

逆に、わざわざ男性に質問してくる女性はサークルクラッシャーである可能性が高いです。サークルクラッシャーとはグループ内で複数の色恋沙汰を起こす女性のことで、このような女性と付き合うと、グループ内の人間関係が悪化してしまうので注意が必要です。

仮に、同じ研究室に女子がいて話をする機会が多くても、友達としての関係が確立してしまい、恋愛関係に発展させることが難しいです。

要するに、知り合ってから時間が経ちすぎると、恋愛に発展しないのです。これを裏付ける研究成果を北星学園大学が2004年に発表しました。

告白するタイミングによってカップル成立の成功確率が違い、告白は知り合ってから3ヶ月以内に行うと最も成功確率が高いことがわかりました。

出典:栗林克匡. (2004). 恋愛における告白の成否の規定因に関する研究. 北星学園大学社会福祉学部北星論集, (41), 75-83.

ここから、同じ研究室の女子大学院生を彼女にしたいと思っても、タイミングを逃していることが多いのです。

そこで新たな出会いを増やし、3ヶ月以内に告白できるような戦略を考えることが重要です。そのためには、同じ大学の女性だけでなく、大学外の女性も視野に入れると効率的です

サークルはライバルが多く、彼女ができない

理系学生が大学外の女性と交流を増やすには、大学のサークルに入るという手段が思いつきます。基本的に、大学院生でも大学のサークルに入ることは可能です。しかし、非モテ男性はサークルに入るだけではモテません

私は大学6年間、体育会系のサークルに入っていましたが、全然モテませんでした。普段の練習だけでなく、新歓コンパや旅行などイベントはたくさんあったにもかかわらず、彼女はできませんでした。サークル費が消えただけです。

やはり恋愛経験が少なく、前述の「彼氏なし+彼氏欲しい」という条件の女性を探すことができなかったことや、出会ってから告白までのタイミングが難しかったという理由が考えられます。

また、サークルにはライバルとなる他の男性も多いです。そのため女性に好きになってもらうには、他の男性より魅力的に見せなければダメです。要するにサークルでは1番でなければ全く目立たないので女性からもモテません

彼女を作るために、女子が多そうなテニスサークルに入ろうという考えは甘いです。このような理由でテニスサークルに入っても、あなたは陰キャラグループに入ってしまいます。テニスサークルで女性から注目を集めるのは、イケメンもしくはテニスが上手い男性です。

バイトでも非イケメンに彼女はできない

付き合ったきっかけがバイト先というカップルは多いです。しかし、バイト先で彼女を作りたいと考えたときも相手の女性が「彼氏なし+彼氏欲しい」という条件に当てはまるかを見極めなければなりません

もし、バイト先で間違ったアプローチをするとセクハラ扱いされてしまいます。そして、噂はすぐに職場に広まり、あなたと付き合いたい女性はゼロになってしまいます。

また、バイト先でアプローチできる女性の人数を考えると、職種によって異なりますが多くても10名と非常に少ない中から彼女候補を見つけなければなりません。

ただし、あなたがイケメンであれば努力しなくても「彼氏なし+彼氏欲しい」と考える女性が勝手に集まってきます。つまり、「あの先輩かっこいい!」と女性から言われる自信がない場合は彼女候補を探す目的でバイトをすることはオススメできません。

街コンや合コンはコスパが悪い

大学外で出会いを増やすことを考えるとき、街コンに参加するという手段もあります。

街コンと言っても、様々な形式があります。例えば、「落ち着いた個室で順番に1:1で女性と会話をするスタイルの街コン」「料理店を貸し切って、食事をしながら参加者が自由に会話をするスタイルの街コン」などがあります。

これについては、女子大生に限らず一般社会人の女性を含めて出会うことができます。

実際、私は1:1形式の街コンに参加したことが2回あります。事前に記入したプロフィールカードを男女で交換し、個室で短い会話をしたのですが、コミュ障なので、短時間で自分の良さを女性にアピールする能力がなく、1人の女性とLINEを交換できただけで終了しました。

以下の写真は街コンので女子が記入したプロフィールカードです。街コンでLINEを交換できた女性から後で送ってもらいました。

街コンではプロフィールカードに書かれた職業、趣味、好きなタイプといった情報を読み取り、話題を膨らませるコミュ力や、会話での臨機応変な対応が欠かせません

街コンの費用ですが、1回の街コンで7,000円かかったので、合計14,000円です。たった2日で14,000円取られ、その結果が1人のLINEをゲットできただけでした。そう考えると、街コンは非常にコスパの悪い方法だということに気づきました

また、同様に合コンもコスパは最悪です。1回の合コンでかかる費用は6,000円程度かかります。これは女性の食事代を男性側が負担するためです。

ただ、合コンでは参加した女性全員と、取り敢えず連絡先を交換できることが多いです。しかし、女性に気に入られなければ、どれだけメッセージを送っても返信がこないパターンがよくあります。

そもそも、合コンに参加するためには合コンを開催する男友達が必要です。しかし、恋愛慣れした彼らと一緒に合コンに参加すると、可愛い女性を奪われてしまいます。その結果、ブス・デブがあなたに回ってきます

マッチングアプリ(恋活アプリ)はコスパが良く効率的

それでは、理系院生はどのような出会いの方法が効率的かというと、周りに女性が少なく、恋愛経験もゼロの大学院生が効率的に彼女を作るには、マッチングアプリ(恋活アプリ)が最適です。なぜなら、マッチングアプリを利用すれば、「彼氏なし+彼氏欲しい」という条件の女性を探す過程をショートカットでき、アプローチできる女性の数も多いからです。

マッチングアプリに登録している女性は間違いなく彼氏募集中です。そのため、すでに彼氏がいる女性に告白してしまうという事故を回避することができます。

例えば、恋活アプリのPairsは累計会員数が800万人を超えており、最近も会員数は増え続けています。つまり、告白に失敗しても別の女性にアプローチすることを繰り返すことができます。

大学やサークル、バイト先と狭い範囲の女性だけでなく、世の中に存在するあらゆる彼氏を欲している人にアプローチできるというメリットがあります。

操作方法は簡単であり、プロフィールを見て気に入った女性に「いいね!」を送ります。このとき、相手の女性があなたのプロフィールを確認して気にいると「いいね!」を返して、マッチング成立となります。

女性から「いいね!」が届くこともあり、あなたが相手の女性を気にいると、マッチングすることができます。その後、恋活アプリ上でメッセージのやり取りをします。

例えば、以下はPairsでマッチングできた22歳・受付嬢とのメッセージのやり取りです。

まず、相手の女性から「いいね!」が届き、女性のプロフィールを確認するとテレビ番組が共通の趣味だと気づきました。そこで、私は「興味あります!」という内容のメッセージを送りました。同時に、同い年であることもアピールし共通点を強調しました。

すると、女性の反応も良くLINEで話すことになりました。男性が恋愛で注意するポイントは、女性にお願いする行動はしてはいけません。例えば、「LINE交換してください!お願いします!」は最悪です。経験上このパターンではほとんど成功できなかったからです。

共通点を作り出すことで、女性があなたとLINEを交換したいという気分になってもらうよう会話を構成することが重要です。

以下がLINEに移行した直後のやり取りです。LINEに移行した方がテンポの良いやり取りができるので、意気投合している感覚を演出しやすくなります。

このように、マッチング後はアプリ内で気軽にメッセージをやり取りできます。その後、LINEでのやりとりに移行し、デートに行き、付き合うという流れが基本です。お互いが恋人募集中なので、このプロセスを違和感なく進めることができ、大学院のサークルより圧倒的に彼女を作りやすいです。

さらに、プロフィールには女性の趣味や価値観が記載されているので、共通点をアピールし、簡単にメッセージで盛り上がることができるのもマッチングアプリの良いところです。

また、マッチングアプリの費用は月額2000円前後なので、サークルに参加するよりも安いです。当然、合コンや街コンでの飲み会よりも圧倒的にお金を節約できます。当然、彼女ができれば即解約すれば良いので無駄なく利用できます。

研究に興味のある女性を探すのも問題ない

なお、それでも研究マインドを持つ聡明な彼女が欲しいという場合も、マッチングアプリがオススメです。

マッチングアプリには登録女性の検索機能があり、職業を大学生・大学院生で絞り込むという裏技を使えば大学院生にアプローチできます

実際、大学生・大学院生でもマッチングアプリを利用している女性は多いです。私の経験上、女性がマッチングアプリに登録する理由として結婚への焦りを感じたケースが多いです。私が恋活アプリで会った女性は「このままだとババアになってしまうから登録してみた」と話していました。

大学院を修了する年齢は遅くとも24歳で、友達の結婚式に参加する機会も増えてきます。そのような状況で彼氏がいないと、不安や焦りを感じる女子大学院生が多くマッチングアプリに登録します。

彼氏が欲しいと思っている女子大学院生に対し、同じ大学院生のあなたから「いいね!」が届くと、共通点からマッチングし、あなたと付き合いたいと思わせることができるようになります。

社会人の女性を狙うのもあり

また、社会人の彼女が欲しいと思う場合も、検索機能が役に立ちます。年上の女性に限らず、高卒女性であれば社会人であっても同級生や年下の女性と効率的にめぐり合うことができます。

好みの女性のタイプがはっきりと決まっている場合は恋活アプリの検索機能をフル活用しましょう。

例えば、以下のやり取りは恋活アプリのwithで「同い年」という条件で検索をし、マッチングできた女性との会話の一部です。

メッセージを送る際に覚えておくべきテクニックとして、マッチングができたら相手女性のプロフィールを確認して共通点を探します。その共通点から会話の流れを作り出し、職業や趣味など当たり障りのない質問をします。そして、徐々に過去の恋愛など深い質問に移行します。

こうすることで、メール(LINE)を交換し、デートに誘うという流れに繋げやすくなります。

また、看護師や介護士など、シフトの都合で休日がバラバラな職業の女性は特に男性との出会いが本当に少なく悩んでいます。同時に、ライバルの男性も少なくなります。そこで、大学院生という立場を生かして「いつでも会えます!」とアピールすると、LINEを交換してデートに誘える確率が高まります。

このようにして、できるだけあなたの希望に合わせて彼女候補を探し出すことができます。

「彼女いない歴=年齢」の理系院生がデートへ誘う流れ

LINEでの会話に移行したあとは、デートに誘うことを意識します。そのために、お互いの恋愛観など気軽に言えないような会話をして深い部分での共通点を増やしたり、テンポの良い会話をしたりします。こうすることで、「あなたともっと話したい、会ったら楽しそう」と女性に思わせることがます。

これは前述の22歳・受付嬢とのやり取りでデートに行くことが決まった場面です。女性は警戒心が高い生き物です(ただしイケメンを除く)。そのため、初デートに誘うときは昼のデートに誘うことが基本ですが、LINEで打ち解けることができれば、女性側から夜のデートに誘ってきます。

結局、22歳・受付嬢とは花火デートに行くことになりました。花火会場ではベビーカステラがお気に入りのようで、恥ずかしそうに写真に写ってくれました。

実際にデートに行くと舞い上がってしまうかもしれませんが、冷静になることが重要です。デートに行っても女性にお願いするような行動はしてはいけません。特にこの女性はアプリのプロフィールに「ヤリモクお断り」と書いてあり、すぐにホテルに誘うようなチャラい人とは付き合いたくないと考えていることは事前に分かっていました。

当然、初デートで告白するのもNGです。初デート後に「大好きなので付き合ってください」と告白してしまうことは避けましょう。3回目のデートに告白しなければなりません。そのため、このときは花火大会後も車で女性の家の近くまで送り別れました。

こうすることで、女性からの信頼感を高めると同時に、次回のデートにも行きたいと思わせることができます。デート後のLINEでまた遊びに行く約束ができ、告白のタイミングを探ります。

また、恋活アプリなら複数の女性と同時にこのようなやり取りをすることが可能なので、効率よく彼女を作ることができます。

もし、大学内で複数の女性にアプローチすると必ずバレてしまい失敗します。しかし、こうしたアプリなら接点のない女性へアプローチすることになるため、当然ながら同時進行がバレることはありません。実際に付き合い出したら同時進行していた他の女性は切れば良いため何も問題は起こらないです。

まとめ

大学院で研究が忙しくても、彼女を作ることは可能です。しかし、大学院生がいざ彼女を作ろうと思っても、実現できないことが多いです。それは受験勉強や学会の準備などに時間を取られて女性へのアプローチ方法を勉強してこなかったからです。

彼女を作ろうと思って、ゼロから恋愛経験を積もうと考えると、非常に多くの時間を費やしてしまいます。私のように、彼氏がいる女性に告白してしまうという事件を起こすかもしれません。

そこで、恋愛経験ゼロの大学院生は時間を無駄にしない効率的な彼女の作り方を勉強した方がよいです。その具体的な方法は恋活アプリを利用することです。

一昔前は、サークルに入ったり、合コンに行ったりして彼女を探すことが効率的でした。しかし、現在ではマッチングアプリという非常に便利なサービスが登場し、もっと簡単に彼女を作れるようになりました。

マッチングアプリは月額2000円程度で利用できますが、コスパが圧倒的に優秀です。こうしたツールを活用し、効率的に彼女を作ってみましょう。

マッチングアプリを使えばすぐに彼女を作れる

彼女を作るとき、女性との出会いを増やすことが最初のステップになります。しかし、合コンに参加したとしても2〜3人へのアプローチで終わってしまうため、モテない男性の場合は1回の合コンで彼女を作れる可能性は低いです。

一方で、恋活アプリ(マッチングアプリ)を利用すれば、同時並行で複数の女性にアプローチできるだけでなく、自分の好みの女性を絞り込んでデートに誘うことができるため効率的です。

また恋活アプリでの彼女探しなら、職場や学校でバレるリスクはほとんどありません。そのため、こっそりと彼女探しをしたい男性にとって必須のアプリとなります。

ただ、恋活アプリによって「会員数が多い」「20代前半の女性が多い」「バツイチでもOK」など特徴が異なります。また、ブサメンなど彼女作りにハンデを背負った男性の場合は、より効率的に出会いを増やすために、複数の恋活アプリを同時に利用する必要があります。

以下のページで恋活アプリ(マッチングアプリ)の特徴を解説しているため、それぞれの特徴を理解した上で利用する恋活アプリを決めれば、圧倒的に彼女を作りやすくなります。