30代で「彼女いない歴=年齢」の男性は多いです。また、同世代の友達が結婚する姿を見ると、自分もそろそろ彼女が欲しいと考える年代でもあります。ただ、どうすれば彼女ができるか分からず、諦めてしまう男性が多いです。

そのような思考回路では、「彼女いない歴=享年」となる可能性が高いです。しかし、30代で諦めるのは早すぎます。正しく女性にアプローチすれば、30代でも初彼女を作れます。

ただし、30代で恋愛経験ゼロの男性が急に女性を口説き始めると、ヤバイ人だと思われます。そこで、モテない30代男性が安全策を取りながら、確実に彼女を作る方法について解説していきます。

彼女いたことがない30代男性は失敗覚悟で挑戦すべき

30代男性が彼女を作る方法を説明する前に、重要なマインドについて説明します。男性が彼女を作るとき、失敗はつきものです。たとえ、イケメンであっても間違ったアプローチで女性を口説くと嫌われてしまいます。

しかし、失敗を恐れて挑戦しないと、いつまでも恋愛レベルはゼロのままです。失敗することで、女性から嫌われない方法を見つけることができ、モテる男性に成長することになります。

例えば、女性に告白した経験がない男性は失敗を恐れすぎています。それを克服するには、とりあえず告白してみる勇気が必要になります。

ただし、職場や友人など身近な女性にアプローチするのは控えるべきです。特に恋愛経験がない男性は失敗するリスクが高いため、恥ずかしい思いをすることになります。

例えば、職場でずっと大人しかった男性が急に女性を口説くようになると、「キモい」「セクハラ」などと思われてしまいます。そこで、失敗したときの精神的なダメージを減らすため、身近な女性を避けてアプローチするといいです。

30代男性はマッチングアプリで簡単に出会いは増える

身近な女性を避け、普段は関わらない女性に出会うには、自分から出会いを作る必要があります。このとき、マッチングアプリ(恋活アプリ)を使えば簡単に女性との出会いを増やすことができます。

出会いを増やす方法としてマッチングアプリ以外にも「街コン」「合コン」など多様な方法がありますが、恋愛経験ゼロの30代男性の場合、マッチングアプリ一択と考えたほうがいいです。

なぜなら、街コンや合コンは恋愛スキルが高い男性でなければ女性からモテない現実があるからです。

私についても、「彼女いない歴=年齢」だった時期、パーティー形式の街コンに参加したことがありますが、自分から女性に話しかけることができず、ずっとドリンクを飲んでいました。女性から話しかけられることもないため、孤立してしまったのです。

彼女がいたことがない30代男性の場合、同じような運命になる可能性高いです。実際、パーティー会場に孤立した男性は多く、以下の写真では男性同士で会話している場合もあります。

このような男性は、参加費5,000円を払って街コンに行ったにも関わらず、女性と連絡先を交換することができません。

また、合コンについてもコミュ力が必要になるため、参加しても彼女ができないケースが多いです。なお私については、合コンに誘ってくれる男友達がいなかったので、参加したことがありません。

ただ、マッチングアプリだと、最初はメッセージのやりとりから開始するため、会話内容をしっかりと考えてから女性とコミュニケーションをとることができまます。実際に、以下のようにメッセージのやりとりをします。

また、デートも1:1なのでライバル男性に邪魔される心配もなく、女性とデートを楽しむことができます。このように、恋愛経験が少ない男性はマッチングアプリで女性との出会いを増やすことを考えましょう。

これまでモテなかった私ですが、マッチングアプリでは普通に女性とデートに行けるようになりました。例えば、21歳の女性と映画デートを実現させることもできました。

「彼女いない歴=年齢」の30代男性が彼女を作りたいとき、とりあえずマッチングアプリから始めるようにしましょう。

結婚相談所よりマッチングアプリがいい理由

ただ、30代男性で結婚願望がある場合、結婚相談所に入会しすることを考える人もいるはずです。しかし、「結婚相談所には売れ残った女性しかいない」という現実があります。そのため、どれだけ妥協してもいいから結婚したいと考える男性でなければおすすめできません。

結婚相談所に微妙な女性が多いという実情は、結婚相談所とマッチングアプリの女性料金を比較すれば理解できます。例えば、大手結婚相談所のオーネットでは20代女性が入会するとき、以下のような高額料金が必要になります。

出典:オーネット

女性料金でこの値段です。要するに、結婚相談所を利用する女性は、このような高額料金を払わなければ男性との出会いがない女性ということになります。そのため、結婚相談所にはアラサー女子やブサイクな女性が多く集まっているのです。

20代女性の場合、料金が高すぎるため結婚相談所に入会する女性はほとんどいません。アラサーやアラフォーなど、妊娠や出産のタイムリミットが迫った女性ばかりが登録しているのが結婚相談所になります。

一方で、マッチングアプリ(恋活アプリ)の場合、女性料金は無料であることが多いです。例えば、Pairs(ペアーズ)やOmiai(オミアイ)などは女性料金は無料になります。

女性はマッチングアプリを無料で利用できるため、結婚相談所に比べて若くてかわいい女性が多く登録しています。また、女子大生や20代前半の女性も普通に登録しているため、プロフィールを見るだけでもテンションが上がります。

私についてもマッチングアプリを利用してから、20代女性とデートをする機会が増えました。例えば、23歳の事務職の女性とマッチングアプリで知り合い、猫カフェでデートしたこともあります。

この女性はアイドルグループに所属していても不思議ではないほど美しい容姿をしていたので、私は一目惚れしてしまいました。

しかし、恋愛に慣れていなかったこともあり、二回目のデートで手つなぎを提案してみました。それから、女性との連絡が途絶えてしまい、LINEをブロックされていることを悟りました。

この女性は一度も彼氏ができたことがない女性であり、警戒心が強いタイプの人でした。それにもかかわらず、私が手つなぎデートを提案したため、距離ができてしまったのです。

恋愛経験が少ないと、このような失敗をするかもしれませんが、マッチングアプリだと美女と会える可能性がかなり高まります。

30代独身だと出会ってから告白するまでが難しい

上記のようにPairs(ペアーズ)などのマッチングアプリに登録すれば、30代男性は簡単に出会いを増やすことができます。しかし、出会ってからデートに誘い、交際に至るまでのプロセスが難しいです。

当然ですが、女性と付き合うためには両想いになる必要があります。このとき、30代で彼女がいたことがない男性は以下のようなイメージを与えてしまい、大きなハンデを背負うことになります。

  • モテない原因が絶対にあるはず
  • デートが不安で怖い
  • マザコンなのか?

このような疑惑がある状態では、女性があなたを好きになることはありません。そこでメッセージやデートで、こうしたイメージを払拭させなければいけません。そうすれば、女性は以下のように考えるようになります。

女性女性

なんだ、普通の男性じゃん!

このように思ってもらうことができれば、徐々にあなたの魅力に気づいてくれ、交際を真剣に考えてくれるようになります。そのために必要な会話やデートでのコツについて説明していきます。

過去の恋愛を聞かれたときの返事はどうする?

女性は、男性の恋愛経験からパートナーとしてふさわしいか判断することがあります。例えば、元カノの人数が多いと「チャラ男だから無理」、また交際期間が短いと「遊ばれそうで嫌」となります。そのため、女性から以下のように質問されることは多いです。

女性女性

これまで、どんな女性と付き合ってきましたか?

しかし、彼女がいたことがない男性はこの質問が来ると、どのように答えればいいか迷ってしまいます。このとき、最もダメな返事として、ウソをついて「彼女いない歴=年齢」であることを誤魔化すことです。

多くの女性は恋バナが大好きであり、中学や高校時代から恋愛トークをしてきた人が多いです。そうした女性に対して、ウソをついても100%バレてしまいます。そうなると、「ウソつき童貞」と判断されるので確実に嫌われます。

そのため、彼女ができたことがないと素直に打ち明けるべきです。これについては直接の会話でなくてもメッセージで質問されることがあります。

ただ、正直に返答した場合、必ず「なぜ?」という質問が返ってくることになります。これに対する返事についても用意しておく必要があります。ここで微妙な返事をしてしまうと、女性と距離ができてしまい、フェードアウトされるからです。

「なぜ彼女いなかったの?」という質問に対して、他人や環境のせいにしてはいけません。これをすると、言い訳をしているように捉えられるため、印象が悪くなります。例えば、以下のような返事はNGになります。

  • 工学部で出会いがなかった
  • 田舎で出会いがなかった
  • 勉強ばかりで恋愛できなかった
  • 仕事が忙しくて彼女ができない

このような返事をすると、残念な雰囲気が漂ってしまいます。そこで、以下の返答を真似するといいです。

このように、「自分に原因があった」というニュアンスを含めて返答すると、女性からの印象は悪くありません。さらに、「片想い」という言葉に女性は必ず食いついてきます。こうしたエサを撒いておくことで、沈黙を避けることができます。

例えば、「いつ片想いしていたの?」と聞かれるため、会話を続ける事ができます。こうすれば、恋バナによって気まずい雰囲気になるリスクを下げることができます。

なお、あなたに関する恋バナに区切りがついたら、すかさず女性の恋バナについても質問しましょう。「〇〇さんはこれまでどんな人と付き合ってきましたか?」と質問すれば、ダムが決壊したように女性の恋バナが始まることが多いです。

多くの女性は恋バナが大好きであるため、話を聞いてあげることができれば女性は満足します。また、あなたは聞き役に徹することで、彼女ができたことがない話を深掘りされずに済みます。そのため、お互いに楽しい会話を続けることができます。

なお、女性から会話を引き出すとき、5W1Hを意識した質問をすればいいです。そこで、恋バナをするときに使える質問の一例を以下に示します。

ただし、「質問だけすればいい」と考えてはいけません。女性に共感することが必要不可欠であることを覚えておきましょう。例えば、以下のような会話を確認しましょう。

男性:どうして元彼と別れたの?

女性:マウントを取ることが多くて

男性:それ分かる!自慢されるとイライラするよね

女性:そうなの

男性:どんなマウントがあったの?

女性:(略)

男性:それ一番イライラするやつ!

このように、「それ分かる!」「それ一番イライラするやつ!」と女性の気持ちに100%賛同する内容を挟むことがコツになります。このテクニックを利用すれば、女性から過去の恋愛経験について会話を振られても怖くありません。

最初のデート場所は女性に決めてもらえばいい

また、初デート場所について「どこにすればいいか」「どうやって誘えばいいか」と悩む男性も多いです。このとき絶対にやってはいけないのが、オリジナルなデートプランを考えて女性に提案することです。例えば、以下のような提案になります。

男性男性

一緒に映画でも見に行きませんか?

このように、あなたが行きたい場所に女性を誘っても、女性の満足度は低いです。デートを誘うときのポイントは女性が行きたい場所に行くことを意識しなければいけません。そこで、以下のように誘うといいです。

上記のように2段階に分けてデート場所を決定すればいいです。具体的には以下のようになります。

こうすれば自然な流れでデートに誘うことができ、女性の満足度も高めることができます。このとき、女性が水族館に行きたいなら水族館に行き、居酒屋に行きたいなら居酒屋デートになります。

デート場所が決まれば日程調整をしますが、ここでは男性が積極的に動く必要があります。例えば、集合場所、時間を決め、電車の時間などを調べるといいです。そうすれば、問題なくデートを実現させることができます。

30代まで彼女がいない男性だと、女性とのデートを実現するまで何度も失敗することになります。それを克服するには経験を積むしかありません。まずは5人とデートすることを目標にマッチングアプリを使いましょう。

そうすれば、女性とデートすることに苦手意識を感じなくなります。私についても、マッチングアプリを始めた当初は「彼女いない歴=年齢」でしたが、今では20名以上の女性とデートできるようになりました。

告白するまでホテルや自宅に誘わない

恋活アプリでマッチングが成立した段階で喜んでしまう男性は多いですが、勘違いしてはいけません。マッチングアプリからの出会いは初デートが初対面になるため、礼儀正しい対応をしなければいけません。

例えば、いきなりタメ口で会話したり、呼び捨てしたりすると嫌われてしまいます。当然ながら、早い段階でホテルや自宅に誘うのもNGです。

私自身、2回目のデートで手をつなごうとしたり、告白前にホテルに誘ったりしたことがありますが、すべて失敗に終わりました。

そこで、ワンナイトやお持ち帰りなどは考えずに、デートを重ねて自分のことを好きになってもうことだけ考えましょう。

ただし、告白せずにダラダラとデートを重ねるのもダメです。マッチングアプリの女性は彼氏が欲しくてアプリを利用しているため、進展がない相手だと関係を切られる可能性があるからです。

そのため、3回目のデートを目安に告白するといいです。例えば、夜景が綺麗なスポット、花火大会などに誘い「よかったら付き合ってください」と告白します。

私の経験上、このようなロマンチックなデート場所に来てもらうだけで脈ありである可能性が高いです。逆に脈なしであれば、LINEをブロックされ連絡が途絶えます。当然ながら、マッチングアプリの女性プロフィールも閲覧不可となります。

このように、マッチングアプリを利用すれば女性のリアクションが分かりやすいこともメリットになります。

成功率を高めるなら女性との年齢差は10歳まで

なお、マッチングアプリには18歳以上の女性が登録しているため、幅広い年齢層の女性と出会うことができます。男性であれば、若い女性が好きであり、そうした女性にアプローチしたい気持ちは痛いほど分かります。

しかし、成功率を高めるために、あなたとの年齢差が10歳以内の女性にアプローチしましょう。例えば、あなたが35歳であれば25歳以上の女性を狙います。また18歳の女性を狙ってもいいですが、成功確率はかなり落ちます。

ドイツのヴッパータール大学の研究によると、女性の恋愛対象となる男性の年齢は10歳年上までという結果が出ているからです。

それでも若い女性がいいならマッチングアプリを併用する

ただし、どうしても女子大生のような若い女子と付き合いたい男性は多いはずです。その場合、成功確率を少しでも高めるために、マッチングアプリを複数登録して、出会える女性の数を増やしましょう。

そうすれば、「彼女いない歴=年齢」の30代男性と付き合いたい女性に出会うことができます。ただし、多くの女性から無視されたり、嫌われたりすることは覚悟しましょう。

ちなみに、マッチングアプリによって女性の年齢層は異なります。例えば、恋活アプリのwith(ウィズ)は年齢層が若く、女子大学生が多いことで有名です。一方でOmiai(オミアイ)だと25歳〜30代女性が多く登録しています。

ちなみに、Pairs(ペアーズ)は会員者数が最大のマッチングアプリであり、全年代の女性が多く登録しています。

そのため、20代前半の彼女が欲しい場合、with(ウィズ)とPairs(ペアーズ)の併用が効率的です。なお月額プランを選ぶとき、with(ウィズ)だと3ヶ月プラン、Pairs(ペアーズ)だと12ヶ月プランがお得なプランとなります。

まとめ

30代やアラサーで、一度も彼女ができたことがない男性は多いです。しかし、自分から出会いを増やさなければ一生彼女を作ることはできません。このとき、マッチングアプリ(恋活アプリ)を使えば簡単に出会いを増やすことができます。

しかし、30代まで彼女がいたことない男性にとって、出会いから交際までが最も難しい段階になります。これを解決するには数をこなして練習するしかありません。しかし、会話やデートのコツを事前に理解しておくと効率的です。

例えば、「恋バナでは嘘をつかない」「デート場所は女性の意見を採用する」「ワンナイトは狙わない」などです。これを理解した上で女性とのデートを繰り返すと、必ず意気投合できる女性と出会い、彼女を作ることができます。

マッチングアプリを使えばすぐに彼女を作れる

彼女を作るとき、女性との出会いを増やすことが最初のステップになります。しかし、合コンに参加したとしても2〜3人へのアプローチで終わってしまうため、モテない男性の場合は1回の合コンで彼女を作れる可能性は低いです。

一方で、恋活アプリ(マッチングアプリ)を利用すれば、同時並行で複数の女性にアプローチできるだけでなく、自分の好みの女性を絞り込んでデートに誘うことができるため効率的です。

また恋活アプリでの彼女探しなら、職場や学校でバレるリスクはほとんどありません。そのため、こっそりと彼女探しをしたい男性にとって必須のアプリとなります。

ただ、恋活アプリによって「会員数が多い」「20代前半の女性が多い」「バツイチでもOK」など特徴が異なります。また、ブサメンなど彼女作りにハンデを背負った男性の場合は、より効率的に出会いを増やすために、複数の恋活アプリを同時に利用する必要があります。

以下のページで恋活アプリ(マッチングアプリ)の特徴を解説しているため、それぞれの特徴を理解した上で利用する恋活アプリを決めれば、圧倒的に彼女を作りやすくなります。